細川勝元、料理の賞翫について

2014年03月19日 18:58

649 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/18(火) 21:38:28.03 ID:9DuFYx0x
幕府管領である細川右京太夫勝元は、一家無双の栄耀人であり様々な遊興に財宝を費やし、奢侈の聞こえも
あったという。普段の珍膳・妙衣は言うに及ばず、客殿屋形の美々しきこと、言語道断であると言われた。

この勝元は常に鯉を好んで食されていたので、家来の大名たちは勝元におもねって、数えきれないほどの
鯉を贈った。

ある日、とある人が勝元を招いて、様々の料理を尽くして饗した。この時もまた、
鯉を料理して出された。この時相伴の人3,4が、恭しく陪膳していた。

さて、この鯉料理を人々は多く賞翫し、それをよろしき料理であるとばかり褒めたが、
他の言葉がなかった。勝元も料理に一礼を述べたが、この時さらに言葉を進めて

「この鯉は、名物であると感じました。きっと客への饗しのため、使いをはせて求められたのでしょう。
それに対して、この場の人々の褒め様はあまりに無骨です。それはおおむね、膳部を賞翫するまでの
有り様についてです。折角の饗しに、その素材について語らないのは、あっていいはずがありません。

この鯉は、淀より遠来したものであると見ました。その印があります。他の国の鯉は、捌いて酒に浸すと、
一度箸を入れればその汁は濁ってしまいます。しかし、淀の鯉はそうではありません。
どれだけ浸しておいても、汁の色は薄く、濁りがありません。これこそ名物である淀の鯉の印です。

皆さんの中で、重ねてこのような饗しを受ける人が有れば、この勝元の言葉を忘れないようにして
料理を褒められるように。」

そう申された。

誠に淀の鯉のみに限らず、名物は大小となくその徳のあるべきものである。こういった心を持って、
よろずに心配りをして味あうべきであると、その時陪膳した人の子という人物が、ある人の所で
語ったという。

(塵塚物語)

細川勝元の、グルメマンガみたいな料理の賞翫についての教訓。


関連
淀川の鯉


650 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/18(火) 21:42:35.02 ID:Ytxw/L/I
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4016.html
淀川の鯉
同じ話のはずなのに勝元の口調が違うのがなんか面白い

651 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/18(火) 23:34:27.03 ID:AYAz2v/O
ここだけ見たら人畜無害な風流人のようだ

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この場合の言語道断って「筆舌に尽くしがたい」みたいなニュアンスなのかな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    651さんが言うようにこれだけだとすんごく風流で雅な、武士より公家とかに見えるなw
    しかし鯉が好きだったのか、確かに鯉美味しいよな、鯉こくとかあらいとか大好きだわ
    北の鮭様、西の鯉様なんちってw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>折角の饗しに
    これの読みは「もてなし」でいいの?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    でもお前ら金持ちについていくんだろ?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    勝元さんが山岡さんやゴローちゃんみたいに語るのかw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)鮭の方が美味しいのに

  7. 人間七七四年 | URL | paD8j7Yc

    新宮党三代目
    「その鯉・・・確かにいい鯉ですが・・・。サバキ方がなっていません。
    そのせいで質を大きく落としてしまっています。
    包丁の峰を滑らすように肋骨にぴったり沿わせて思い切りよくスッと一刀のもとに切り開くのです!」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    捌きの匕首の問題だなきれいに切れてりゃオロシ下手のバサバサ繊維に味がひつこくまとわることもないからな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    勝元「ほーうまそう、もぐもぐもぐ、うん!これこれ!うんうまい鯉だ。
       いかにも鯉って鯉だ、もぐもぐ。

       モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由でなんというか
       救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで・・・」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8327-ff067238
この記事へのトラックバック