FC2ブログ

「例ではなく時」

2014年03月28日 19:08

828 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/03/27(木) 20:26:18.22 ID:l7W8CKTH
山名金吾入道宗全は、かつての大乱(応仁の乱)の頃、ある大臣家に参り、現在は乱世であるので
諸人はこれに苦しんでいる、などと様々に物語していた時に、この大臣は古くからの例を引いて、
様々にいかにも賢く話をした。

山名宗全は猛々しく勇る者であったので、これに臆する気配もなく、言った

「あなたが仰ることは一応は理解できますが、そのために過去の例を引くのは、宜しくありません。
およそ、例という言葉を、今後は時という文字に変えて心得られるべきです。

世の中の一切のことは昔の例に任せて、何かを決行するのだ、ということはこの宗全も少しは知っております。
雲の上の御沙汰も、伏して考えますに、勿論そのようになっているでしょう。

しかし、この日本国が神代の時代から、天位相続いたことを貴いとするならば、朝廷が分裂した
建武元年からは、みな法を正し改めなければなりません。

憚りながら、あなたがもし、朝廷の礼節の儀式を勤められる時、いにしえ、大極殿のそこそこで
何々の法令有りという例を用いた場合、後代、その殿が滅びてしまえば、是非無く別の殿で行わなければ
ならなくなります。またその別殿も時代を経るうちに後年亡失してしまえば、その時に作った例も
無駄になってしまうでしょう。

おおよそ例というものは、その時の例でしかありません。
大法不易と言い、政道は過去の例を引いて行うべきですが、その他のことは、些かも例を引くべきだとは
思えません。
一般に、公家の人々は例に馴染んで時を知らないために、あるいは衰微して家門乏しくなり、あるいは官位だけを
望み競って、その智節を言わず、そのようにして終に武家に辱められ、天下を奪われ、もはや武家に媚をなす
始末です。

もし今、古来の例を適応するのなら、この宗全のごとき匹夫は、あなたに対してこのように、同輩として
会話することが出来るでしょうか?このような状況は、一体いつの時代の例を引いたのでしょうか?
これは例ではありません、時というものです。

私が今言ったのはは恐れ多いことです。ですがこれより後世に、私よりもさらに悪しき者達が
出てこないとも限りません。その時の状況次第では、その者にも過分の媚をなされる事でしょう。
今より後は、夢々以って、心なき戎に向かって、自分たちの例を語るべきではありません。

もし時を知っておられるのなら、我が身は不肖では有りますが、この宗全が働きを以って、
尊主君公を扶持し奉るでしょう。」

このように苦々しく言い放ったので、かの大臣も閉口し、初めは興のある物語であったのに、
いま徒になってしまったと、後で伝え聞いたところである。

さて、この話は是であろうか、否であろうか。
(塵塚物語)

有名な山名宗全の、「例ではなく時」の逸話の全文である。





スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    全然有名な話ではないと思う
    言ってる宗全も教科書には出てくるがややマイナー

  2. 人間七七四年 | URL | -

    いや、これは高校で使う日本史資料集にも載ってる有名な話だぞ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いちおう謙虚なのがかっこいい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも山名宗全がマイナーって、ではあの時代誰がメジャーなんだろうね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    逸話が有名なのではなく、山名宗全が有名っていうことでは?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    メジャーかどうかは分からないけど、ある程度の数の武将が歴史に出て来ると言うと、
    応仁の乱辺りにならないと思い浮かばない。
    しかも、その応仁の乱も結局一族達を率いての戦いだから同じ様な名前ばかりだし。
    結局守護辺りを知らないと、その下の人達も出て来ないしね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    日本でいう(特にネット上では)戦国時代とは信長の野望の背景となった世代をさす。
    その範疇において山名は但馬の小大名であり、その先祖において語るべきものなど無いといっても過言では無い

    日本史ではなどという意見は正に噴飯物といって差し支えない妄言である
    まずは信長の野望を十回ほど繰り返すべきだ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    それ凄く痛いな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    む、そうすると山名宗全より、武田信昌とか伊達成宗とか毛利豊元とか松平信光とか今川義忠とか長尾能景とかが有名なのか・・・ネットってすげぇな・・・

  10. 人間七七四年 | URL | -

    この話、中公新書の「日本の歴史 下剋上の時代」の冒頭に引用されてたなあ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    あの時代で屈指の大将である宗全も、一般的な知名度は低い気がするわ

  12. ※9 | URL | -

    やはり島津立久のほうが有(ry ・・・まあそれはともかく、応仁の乱がそもそも有名ではないからね、関係者もおして知るべし、だね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    一般的な応仁の乱の知識って、足利義政と日野富子知ってたるくらいと思うわ。んでもって、原因は誰が将軍になるかって跡継ぎ争いで、だいたい日野富子のせい。

    こんな感じじゃね?まぁ足利義政さんは銀閣寺の人ってイメージのほうが強いのかも知れないけど。

    まぁそもそも室町時代自体がマイna(ry

  14. 人間七七四年 | URL | -

    この話好きだな、ただ応仁の乱自体はカオスすぎてイマイチ理解が及んでない。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    一般の人の戦国時代って桶狭間から始まるからな
    それ以前の事は総じてマイナー
    北条早雲が通じないからね

  16. 人間七七四年 | URL | -

    北条早雲が通じないのか、やっぱ北条っていったら氏康ってイメージなのかな?まあ、伊勢 宗瑞とか伊勢新九郎とか言われてわからないならまだわかるけどw
    てか北条ってマイナーなのかな?

    北条早雲もだけど、氏綱さんも忘れないで欲しいよなあ
    大好きな毛利隆元さんといい、偉大な父の息子はちょっとかわいそうやなあ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    応仁の乱が誰と誰が戦ったか、は確かに説明できないかも。変な話各地で対立していた陣営が局地戦を偶然同じ時期に始めただけ、とも。確か大乱の割にろくな決戦なかったんだっけ?

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    小説好きなら早雲は主役として出会えるけど、ゲーム的には
    その他の有名武将と同時代じゃないと目にも触れないから。
    最近大河ドラマもそんな感じ。織豊徳と関わらないと出番がない。
    毛利隆元は今年熱いみたいね。

    ※17
    誰と誰、で語れないところが時代を表してるよね

  19. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    高校で日本史と世界史とってた自分には
    同時代で先に出てくるのは山名宗全よりメフメト2世だわ。
    いや、宗全は小学校の時に読んだ学習の漫画にでてきましたよ?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8342-e27622e9
この記事へのトラックバック