FC2ブログ

週間ブログ拍手ランキング04/17~/23

2014年04月23日 18:51

04/17~/23のブログ拍手ランキングです!




古田重治は青木一重に向かって話かけた。 45

若き日の謀神 40

本能寺の変・証言 33
丸亀城を今の我々が目にすることができるのも 33

四国の戦乙女の話をしよう。 30
「吉田修理とは何者か?」 28

1586年・天正大地震 27
ひそかに聞いた所によれば、稲葉土佐は 26
首帖の故実 26

太閤秀吉曰く「人の交わりは」 23
天正十九年(1591)、夏。 22

毛利元就と琵琶法師その2 元綱粛清と間諜勝一 18
毛利元就と琵琶法師3 あれ、良い話・・・・? 18
浪岡征伐 18

「はつの槍は長いねえ」 17
「いや~ん、いや~ん」 17

毛利元就と琵琶法師その1 三つに折れた刀 15
陽泰院さまは、前髪を角が立つように 15
世の中に金銀の通貨が出回るようになったのは 15

「ねぎり」 14
控えめな言葉でもって 9



今週の1位はこちら!古田重治は青木一重に向かって話かけた。です!
武功に対して全く飾らない青木一重。ここまで謙虚だと逆に、底知れぬ実力を感じさせますね。
そら恐ろしさすら感じます。
戦国という時代は自己アピールが非常に大切な時代でもありましたが、みんながそうだっただけに逆に、
こういう人は目立ったかも、などと思ってしまいましたw
実にスマートで爽やかなお話ですね。

2位はこちら!若き日の謀神です!
敵の策略を的確に見抜く若き元就。名将は最初から名将なのだ、というお話でもありますね。
それにしても武勇ではなくこういう知略の部分で逸話が残っているあたり、やはり謀将という感じがします。
元就という人は、戦国大名の中でも特にインテリジェンスを感じさせる人物ですが、若い頃から
こんなふうだったと考えると、逆に不気味さもありますw恐ろしい少年ですね。

今週管理人が気になった逸話はこちら!ひそかに聞いた所によれば、稲葉土佐はです!
朝倉氏の滅亡というのは、「悲劇」にもうまく昇華出来ないような陰惨さ、救いの無さがありますが、このお話も
本当だとすると、より一層救いがありませんね。応仁の乱以来の代表的戦国大名、朝倉家とは何だったのか、
とすら思えてしまいます。
そういえば越前では、会議の結論がいつまでも出ないことを、小田原評定ならぬ『義景相談』と呼んだそうですね。

義景相談・悪い話

同時代的にも朝倉氏の滅亡というのはそういうgdgdさを感じさせたのでしょうね。



今週もたくさんの拍手を各逸話に頂きました。いつも本当に有難うございます!
また気に入った逸話がありましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    管理人さん
    少し気になったのですが、真鍋佑重というタグが、生駒家と四国他にあるようです。紛らわしいので統合してはいかがでしょうか?

  2. まとめ管理人 | URL | -

    ※1
    ご指摘ありがとうございます。直しておきましたー

  3. 人間七七四年 | URL | -

    次回の女性人気投票ではハガタイさんもいいとこいきそうだな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8424-7780d56b
この記事へのトラックバック