宇喜多殿についての事

2014年05月03日 19:03

192 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/02(金) 19:44:22.17 ID:EoHCg8jK
宇喜多殿についての事だが、これは元々備前の士であった。当時、浦上という者が備前美作
両国の主であり、宇喜多直家はこの浦上の家臣であったのである。

この直家は悪性の人物であり、国郡を持つ人と縁者などになって、後にこれを殺して奪い取ることを
度々行った者なのである。
最後には主君である浦上をも殺し、終に備前美作両国の主となった。

八郎殿(宇喜多秀家)はこの直家の子である。彼が太閤(秀吉)と非常に良い関係となったのは、
秀吉が備中高松城を攻めていた時、明智光秀による本能寺の変の情報が伝えられ、秀吉は引き返したいと
思ったが、なかなか自由にならなかった。

この時八郎殿は秀吉に味方し、力を添えたので、それもあって高松の城主に腹を切らせ、一気に反転して
上京をすることが出来た。この忠功によって親密な関係となり、秀吉は八郎殿を聟に取った。
ただし秀吉には息女がなかったので、前田筑前守(利家)の息女を養子にして、八郎殿を聟とした。

この時分は、八郎殿は未だ10歳ばかりであった。高松攻めのころは直家も未だ生きていたのだが、
瘡毒のため人前に出ることも出来ない状況にあったため、八郎殿を国主分とし、宇喜多家には
5万石3万石領有する強力な家老たちがあったので、彼らが談合して高松の時も秀吉に協力したのだという。

八郎殿は太閤の聟となりまた官位も上がり、宇喜多中納言殿と呼ばれた。治部少輔(石田三成)の乱まで
治部方であったために、関が原が東照宮(徳川家康)の利運となると、八丈島へと流された。
彼は現在も生存しているという。癸卯の年(1663年)、老人(江村専斎)が99歳の時に語った話である。

(老人雜話)

老人雜話の、宇喜多直家・秀家親子についての記述である。




193 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/02(金) 22:41:17.62 ID:WGfCPeAy
>>192
永田徳本「八丈島で不老不死の霊薬が採れると聞いて」

194 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/02(金) 22:58:56.80 ID:uD1Xe7rS
>最後には主君である浦上をも殺し、終に備前美作両国の主となった

浦上宗景「あれ、ワシ直家に殺されたっけ・・・?」

195 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/03(土) 00:44:22.77 ID:7yiHoIbP
>>194
直家が担ぎ上げていた浦上政宗の孫じゃね?

196 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/03(土) 01:14:58.08 ID:Kz69vmly
浦上はむしろ直家台頭後に畳の上で死ねたのが宗景しかいない気が

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    陣内孝則が演じた濃い方々

    豊臣秀次
    佐々木道誉
    陶晴賢
    宇喜多直家←new!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    前回の放送も病気の振りして女抱いてたし
    死ぬ気がしないよ陣内直家

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「毒入りか?」wwwww

    今回の放送もやってくれるよwww

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ハマりすぎだろ、陣内w

  5. 人間七七四年 | URL | -

    陣内が主君だったらめんどくさそう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    直家の実像は不明だけど、一般的な直家像を見事に演じているよねw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    騒がしいやつだからつい油断する(自分には心を開いてると勘違いする)、
    というのはわかりやすい。

    暗殺経歴あるやつが陰気だったら絶対婿なんかにしない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    直家「毒! 盛らずにはいられないッ!」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    こいつはくせえーッ! 毒茶の匂いがプンプンするぜーッ!! こんな悪(ワル)には出会ったことがねえほどなァーッ! 環境で悪人になっただと? ちがうねッ!!こいつは生まれついての悪(ワル)だッ!

  10. 人間七七四年 | URL | -

    直家「愛し合ってるか~い?」
    (流石にドラマのこの台詞覚えてる人は居ないかw)

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    オシャカ校長のテーマ?(ドラマじゃない)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8449-e2bb7a2b
この記事へのトラックバック