続・王義之分割事件・いい話

2008年12月28日 00:03

605 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 21:54:57 ID:5KrrEOIb
続・王義之分割事件
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-376.html の続き
ちょっと長くなります。失礼


1747年江戸城にて、熊本藩主・細川宗孝が旗本・板倉勝該に斬殺されるという事件が起きた

犯行動機はなんと人違い
上野安中藩主・板倉勝清と家紋が似ていたため起きた間違いらしい
(細川の家紋は九曜紋、板倉の家紋は九曜巴紋)

勝該は日頃から素行が悪かったらしく、本家筋にあたる勝清が自らを廃するのでないかと
勝手に思い込んだ勝該が、これを逆恨みして刃傷に及んだものだった

間違いで殺された細川宗孝はたまらない
なにせ宗孝には子供がおらず、その上殿中での刃傷沙汰は原則喧嘩両成敗であるため、
このままでは熊本藩は改易必至だったためである

そのとき、その場に居合わせた仙台藩主・伊達宗村は気転を利かせて
「まだ、息がある。早く屋敷に運んで手当てせよ」
と細川家臣に命じた

細川家臣は急ぎ宗孝の遺体を熊本藩邸に運び、弟の細川重賢を末期養子として幕府に届け出た
養子願いは無事幕府に承認され、熊本藩細川家は改易を逃れたのである
また、本来部屋住みの身で藩主になる目が薄い細川重賢だが、藩主になった途端に才覚を発揮して
当時困窮のきわみだったといわれる藩の財政を立て直し「肥後の鳳凰」と呼ばれるほどの名君となった


ここからやっと王義之の続き

細川家は感謝し、政宗と忠興が半々に分割して持ち帰った王義之の書の残り半分を伊達家に送った
実に155年ぶりの再会であった
また、王義之のみならず幕末の戊辰の役で賊軍となった伊達家の降伏を官軍に仲介したのも細川家である

子孫が常識人でよかったですね、というお話



606 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 22:10:01 ID:Gs3olX4p
子孫が常識人で良かったね、の前に内容自体そもそもいい話w

伊達と細川って、政宗と忠興の後になってもそんなやり取りあったんだな
幕末でも関係あるとは

607 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 22:16:18 ID:FkPlUXh9
>>605
いい話だわー

>>606
戦国時代や徳川初期に結んだ関係が、幕末にまで影響を与えたと言えば
島津と近衛家とか毛利と越前松平家とか、実はけっこうあるよね。

608 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 22:39:24 ID:ZW/kaqPk
王義之の書といえば中国の一見優等生DQNこと唐太宗李世民が、
王義之の子孫から蘭亭序の原本だまし取った挙げ句に
その原本を自分の墓に一緒に埋葬しちゃったことでも有名だよね。

DQNと不思議な縁で結ばれてるのだろうかw

609 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 22:50:11 ID:lrU6IPGz
>>605
殿中での刀傷沙汰は喧嘩両成敗と言うが、
先に手を出した方しか処分されてないことがほとんどなんだよね。
だから、忠臣蔵で有名な吉良上野介がおとがめ無しなのも、
実は先例通りの処分だったりする。

加害者  豊島刑部少輔明重(目付)
被害者  井上主計頭正就(老中 横須賀城主60000石)
 豊島家~嫡子主膳正継重切腹、豊島家断絶
 井上家~お咎めなし

加害者  稲葉石見守正休(若年寄 下館城主12000石)
被害者  堀田筑前守正俊(大老 山形城主110000石)
 稲葉家~断絶
 堀田家~お咎めなし

加害者  浅野内匠頭長矩(勅使院使御馳走役 赤穂城主53000石)
被害者  吉良上野介義央(旗本 高家肝煎 4200石)
 浅野家~断絶
 吉良家~お咎めなし

加害者  水野隼人正忠恒(松本城主70000石)
被害者  毛利主水正師就(長門長府藩主50000石)
 水野家~改易、家名存続
 毛利家~お咎めなし

加害者  板倉修理勝該(旗本 7000石) 
被害者  細川越中守宗孝(熊本藩主 540000石)
 板倉家~断絶
 細川家~お咎めなし

加害者  佐野善左衛門政言(旗本 新番組番衆 500石) 
被害者  田沼山城守意知(意次の嫡子 若年寄 役料5000俵)
 佐野家~断絶
 田沼家~お咎めなし

610 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 23:20:11 ID:cZKpVEUn
元禄事件で綱吉は「襲撃に対して吉良は刀を抜いたかどうか」を確認した上で、
浅野の切腹と吉良のお咎めなしという裁定を下している。
片手落ちの裁断、なんてのが講談のでっちあげだということ。

さすがに喧嘩・私闘沙汰と殺人はちゃんと分けるわな。

611 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 23:23:56 ID:LAq2v38b
喧嘩両成敗の前に江戸城で刀抜く事自体が幕府に対する謀反扱いだろ

612 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 23:30:32 ID:FkPlUXh9
ただ、>>609の例の中で、浅野の件だけが「未遂」で終わってるのね。
他はみんな被害者は殺されている。
未遂で済んだ事件の量刑として、お家断絶は行き過ぎだ、っていう不満が
赤穂浪士事件につながる訳だ。

613 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 23:38:09 ID:wb5MTOG7
不満が有るなら綱吉か吉保を切ればいいのに

614 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 23:44:19 ID:FkPlUXh9
>>613
幕府に手を出したら、赤穂浪士の行動は筋が通らないのよ。
あれは、不当量刑のバランスを取るための行為だから。

簡単に言えば当時の人間の意識では

・殿中で抜刀+傷害 = 当人切腹+領地転封 or 削減(家自体は存続)

このくらいがバランスの取れた量刑なわけなのですよ。
だが、実際には

・殿中で抜刀+傷害 < 当人切腹+「御家断絶」

こうされた。これに対して量刑のバランスを取るために

・殿中で抜刀+「致死」 = 当人切腹+「御家断絶」

こうしたってこと。

これは室町から戦国時代にはごく一般的な意識で、家同士の紛争があった場合
双方の「被害」を同じにするため、被害が少ないと見られた家からわざわざ「解死人」と呼ばれる、
事件と全く関係のない第三者が差し出されて切腹、なんて事までやった。

こう言う意識がまだギリギリ生きていたのが、綱吉の時代なのですよ。


615 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/27(土) 23:54:00 ID:wb5MTOG7
屁理屈だなぁ。

量刑の不満を討ち入りで釣り合いを取るのが正当だなんて言い分まかり通るかよw

616 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 00:00:37 ID:xv/zPGOg
>>615
でも、浅野家再興が完全に断念されてから襲撃、と言う流れからいっても、
そう言う意識で、あの討ち入りがあったと考えたほうが自然だと思うよ。
そして当時の侍から町人まで、あの襲撃を「義挙」と称えたのは、「法のバランスを取った」と
広く受け止められたため。だと考えます。

617 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 00:03:24 ID:meHTHWy1
でも まかり通ってしまったって訳で


618 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/12/28(日) 00:17:48 ID:6Qn4DNBH
津本陽なんかは、赤穂浪士は、綱吉の時代に至ってなを戦国武士の気質を持っていたと絶賛している。
津本陽いわく「戦国武士は義理の死はせねど情の死はする」
領地をくれたなどの義理には死なないが、心底男として惚れた主のためなら死をいとわない。
逆に言えば、気に入らない奴をやっつけるためなら命もいらない!という気風だと言っているね。

619 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 00:24:49 ID:Qoev2pa3
どうも講談臭くて好かん、忠臣蔵は。
鬼武蔵みたいなのならともかくジジイをよってたかって斬りに行っただけだもの。

イイハナシダナー(棒)

620 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 00:27:07 ID:xv/zPGOg
>>618
正直津本陽は「室町時代」をあんまり知らないから、戦国時代の評価も斜め上になっているきらいがある。
室町期の紛争とその裁判を調べれば、赤穂浪士のアレは義理とか情とか以前に、日本の古い法慣習である
罪罰同等の意識から生まれたものだと理解できると思うよ。

621 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 00:31:50 ID:wUbUX7ME
>>612
水野事件も生き残ってるよ。
まあそのおかげでお家断絶にはならなかったみたいだけど(´・ω・`)
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    吉保を、とは言うが、柳沢吉保は特に赤穂事件で何かやった形跡はなく、そもそも綱吉に何か言ったこともない。
    関わったのは討ち入りが終わった後なので、襲撃対象には上がりすらしないかと。


    ……関係ない話延々とスマソ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵と一緒になる意味がわからん
    イイハナシダナー(棒)(笑)皮肉つまんね
    ワルイハナシダナー(棒)皮肉返してやるよ。

  3. 人間七七四年 | URL | NkOZRVVI

    伊達宗村が緊急の時に、強力な説破アドリブを発揮できたのはDNA的な何かだろ?

    たぶん

  4. 人間七七四年 | URL | -

    李世民。太宗のお墓ってまだ見つかっていないのだっけ?
    王羲之当時は竹管だろうから、まだ残っている…よね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/845-8e0e66b5
この記事へのトラックバック