FC2ブログ

家中の武士どもの中に、

2014年05月17日 18:55

959 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/05/17(土) 10:34:45.74 ID:XWf9Iihi
家中の武士どもの中に、能力に劣る者や、何をやらせても下手な者がいても、
その気持ちにおいて真心で仕えているのならば、とくに目をかけてやり愛憐の心で扱ってやらねばならぬ。
また勇気に乏しく、か弱い者であっても、威儀を正して仕えようとするならば、
これもまた真心があり、いずれ何かの役に立つ侍であるから、人並みに扱ってやるべきであろう。
ところが、悪い点だけで、どこにも良い点のない者は、
目をかけていたわっても、或いは人並みに平等に扱ってやったとしても、到底、無駄と言うしかない
(朝倉敏景十七箇条)




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ダメな新人社員を見なきゃいけない世の管理職のオヤジどもに聞かせたい逸話だな。今どきの若手社員は上下関係自体を否定する根本的に社会不適合者な人間ばかりだって嘆いてたな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    上下関係が有効に機能していないから、上下関係否定する若者が出てくるんだよな
    当然の話で

  3. 人間七七四年 | URL | -

    そんなオヤジには十七条の憲法を読んで聞かせればよろしいかと

  4. 人間七七四年 | URL | -

    上の立場の人間が立派なら自ずと敬意を持つぞ

    ただただ威張り散らしたり無能なくせに他人をこき下ろすヤツが多いがな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    上司がみんな職務熱心で優しくてつらい

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >悪い点だけで、どこにも良い点のない者

    真心は外から見えないからどうしようもないな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    心はふとした時に行動言動に現れる

  8. 人間七七四年 | URL | -

    末期の朝倉家を見るに、これ程空しくなる家訓も無いな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8478-c83bd5bd
この記事へのトラックバック