FC2ブログ

毘沙門天の縁結び

2014年06月15日 18:52

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/15(日) 00:16:25.01 ID:59CefDBr
毘沙門天の縁結び

安芸武田家の9代当主、光和。安芸守であり安芸国内における反大内派の筆頭でもある。
その武勇で近隣に恐れられ、陰徳太平記では死後魔王になったとも伝承される人物であるが、
彼はある時一人の女性に恋をしていた。
相手は配下である熊谷信直の妹であった。余談であるが後年、吉川元春に嫁いだ熊谷信直の娘は陰徳太平記によると醜女と
言われているが、この妹は大層な美人(息子で毛利元就の影武者を勤めた、武田宗慶も容姿端麗と伝う)であったという。
熊谷信直にアタックを掛ける光和であったのだが・・・

(*^◯^*)「妹さんを嫁にくーださい!」
(●▲●)「殿には吉川殿から嫁いだ正室が居るからあーげない」
:(*゙゚'◯゚'): 「」

と、断られたのであった。何度も何度もお願いする光和であるが、その都度熊谷信直は
頑として断るのであった。

どうしても諦めきれない光和であったがある日の晩のこと、彼の居城・武田山近くの緑井岩谷にある毘沙門天が、
光和の夢枕に立ったのである。

|´」`|「汝の恋が叶うか叶わぬか、我が境内の奇岩に石を投げて占うが良い。」

不思議な夢を見た光和は、早速お告げのあった毘沙門天の境内にこの奇岩を尋ね、
夢に従い石を投げつけた。光和が投げた石は見事奇岩の穴に嵌ったのであった。
この後、信直の舅に当たる武田家家老の品川右京亮が説得したことで、信直も妹が
光和に嫁ぐことを渋々承知し、晴れて二人は夫婦となり、光和も大変喜び正室よりも
仲睦まじい夫婦となったと言う。

この後、この毘沙門天の奇岩は「縁結びの石」として近隣の若者が恋の成就を占う為、
好いた女性の名を心に浮かべ、石を投げてその成否を占う様になり、今に伝わる事となったのである。

めでたしめでたし・・・・

と、言いたい所であるが残念ながらそうは終わらないのであった。

この後、二人の間には男児が一人生まれ、その子は後に毛利元就の影武者として仕える事になるのであるが、
その子がまだ幼い内に熊谷夫人はある日、何を恨みに思ったか側仕え1人を連れて武田山を退去し、光和と離縁する事になる。

実家の熊谷家に戻った夫人は兄・信直に叱られた後、三須房靖という者の所へ再嫁することになる。
夫人を返すよう迫る光和であったが時既に遅し。また、同じころ信直が敵方の大内・毛利と密約を
結んだことが発覚。更に信直は武田家の領地を掠め取り、完全にキレた光和は1533年、配下の国人衆1000を動員し
信直の居城・三入高松城へ侵攻。横川表の戦いが勃発し、以後熊谷氏は完全に大内・毛利方となるのであった。

この戦いで敗れた安芸武田氏は、以後徐々に衰退していくこととなるのであった。
結果が残念な縁結びのお話である。





515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/15(日) 07:04:13.71 ID:5gHeMh5m
勝手に帰ってきてそんな状態でさらに別のところに嫁げるのか
受け入れる方も受け入れる方だし戦国時代の婚姻はよく分からん



517 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/06/15(日) 08:55:23.44 ID:59CefDBr
>>515
妹の嫁ぎ先の武田光和と兄・熊谷信直は2人とも父を毛利元就に討たれたりした縁もあってか
水魚の交りと言われる程仲が良かったそうです。
とはいえ父の死後、妹を大事に育ててきた信直は可愛い妹が主君の側室になるのは否定的でした。

また、1524年に大内義興が武田山に攻めて来た時、当時はまだ尼子側だった毛利元就が
援軍に来て、大内方は夜襲を受け、撤退。その戦い振りを見た熊谷信直は元就を仇としてではなく、
1人の大将として評価する様になったそうです。武田光和は父の仇としてずっと恨んでいたみたいですが。

その3年後の1527年位に同じ武田配下の山中氏が独断で熊谷信直を討とうとして失敗。1530年頃山中氏は熊谷氏に討たれ、
その領地は熊谷氏の物となります。
その頃既に熊谷信直は毛利家を通じて大内義隆から山中氏を討ってその領地を得る密約を取り付けていたと言われます。
武田家を離反するのは信直の既定路線であり、妹の離縁と再嫁は渡りに船または信直の指示だった可能性も有るのではないかと言う話です。

陰徳太平記には年代はハッキリしないものの、武田光和と熊谷信直が不仲になる過程の話も
書かれているそうなので、また探してみたいと思います。



519 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/15(日) 21:37:09.72 ID:7JvTsUuV
安芸熊谷氏は鎌倉レジェンド熊谷直実の子孫です
豆知識

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    毘沙門天と言うと、どうしても「あの人」を思い出すので、
    追記も含めて興味深い逸話でした。是非とも不仲の過程が
    分かったら投稿して欲しい。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    無知を理由に揚げ足、蛇足コメントが出来ないほど、仔細な記述でした。感謝

  3. 人間七七四年 | URL | -

    内容は濃いんだけど、ポジハメとネガケロ使ってて萎える

  4. 人間七七四年 | URL | -

    内容は濃いんだけど、ポジハメとネガケロ使ってて萎える内容は濃いんだけど、ポジハメとネガケロ使ってて萎える

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    そういう無知だとか蛇足だとか余計な事を言う程君は博識で偉い人なの?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    熊谷直実と法然のほのぼのしてるんだかしてないんだかわからん話が好き。

    あと、直実が出家して久しぶりに頼朝に会ったら、あの直実がこんないい話するとはとかいって、感心される話も好き。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    もう一度※2をよく読み給え

  8. 人間七七四年 | URL | -

    安芸武田は勿論甲斐武田と同じ甲斐源氏の一族だし、毛利は大江広元の子孫で小早川は土肥実平の子孫と、熊谷氏も含めて安芸の有力豪族間には源平時代からの縁もそこはかとなく感じられるね。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    だからこそ、毛利と熊谷は和睦できたけど、安芸武田と毛利は最後まで敵対というか、武田が毛利を認められなかったんじゃないかと思う。

  10. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    ※9
    安国寺恵瓊「ええっ、うっかり認めちゃったあ」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    TERU「お前が毛利を没落に導いた裏には、斯様な数百年来の因縁があったのかお。
    おそろしいお。
    処刑も当然だお!」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    文章力の無い人は演出しようとか余計なこと考えない方がいいかもね

  13. 人間七七四年 | URL | -

    米9
    武田宗慶「僕なんて、父と祖父の仇の元就様の影武者やってましたよ。厳島の戦いでも御前で甲斐武田宗家秘伝の拳使って7人位殺っちゃいましたし」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    逸話に文句しか書かない人は、グチグチ言うより
    同じ逸話を自分が思うようにして投稿みたらいいと思うんだ。

  15. 名無しさん(笑)@nw2 | URL | -

    越後在住の軍神さんも割とお見合いおばさん的なとこあるから…

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >14
    ネガケロのケロの意味を知っててそれ言ってるならすげーぞ
    歴史好きとしては卑下出来るわ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    米16は何の事を言っているのか詳しく説明してくれる?
    米14の人も、逸話内でもネガケロなんて言葉は一切使われてないし被爆者を貶める言葉も表現も無いけど、何処から何の理由でその言葉出して来たの?
    米16は何か早とちりしてるんじゃ無いの?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8548-d59cdfe6
この記事へのトラックバック