FC2ブログ

藤堂の水牛軍団

2014年06月20日 20:33

163 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/19(木) 21:15:56.66 ID:LcxLAkoG
藤堂高虎公の軍装は一定していなかった。前立ては多くの場合水牛を用いた。

大阪の陣以前には、藤堂家において『角衆』と称する、同じ水牛の前立てを許された者は
6,7人だけであったが、大阪出陣の時には、鉄砲頭、母衣衆にもこれを許したため、その人数は
激増して、いったい何人いるのかわからぬほどになった。

それから高虎公の頬当は黒塗りで、具足は小札黒糸の毛引きであった。
小手、佩楯は越中流を用いられた。

関ヶ原では鳥毛袖なしの具足羽織、大阪の陣ではもみの広袖の小袖を時々着用されていた。

幟は大阪の陣で三布の折懸、地紺に白餅三であったが、これも関ヶ原の時は白地に朱の丸三であった。
大馬印は、大阪冬の陣では白の三布の大四半に朱の丸一、夏の陣では赤い吹貫であった。

(西島八兵衛留書)

藤堂高虎の軍装についてのお話し。大阪の陣で藤堂家に水牛の前立て軍団が生まれていたのですね。




164 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/06/19(木) 22:40:05.18 ID:OrbnQCsw
黒田水牛軍団は知ってたけど藤堂もだったのか
確かにあれ威圧感すごいしな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この時代ってそんなに水牛軍団が出きるほど水牛っていたの?
    そもそも、水牛って日本にいた(いる?)動物なの?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    半兵衛「えっ!?水牛に乗った軍団ということですか?
    さすがにそれは私も考えたこと無かったなあ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    兜に水牛みたいな角をつけていたということでしょう。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    15年の間に、鉄砲頭の地位が向上したんだな。三成の指摘を受けて、もあり得るかな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    うーん…水牛なら脇立てかなぁ。前立てにするとそれはそれで愉快だけれども。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    前立て・・・だと?あそこは前なの?横だと思うけど?w

    ラオウの兜も水牛形と言えるのだろうか?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱりみんな気になったか

    水牛の角を前立てにするのは狭いような

  8. 人間七七四年 | URL | -

    米1

    いない。水牛のデザインの兜。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    兜というと角付きの思い浮かべる人多いんじゃないかな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    当然水牛軍団の掛け声は「エーコラー!!」(天山○吉)

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ギュウギュウ詰めでモ~大変

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8559-e36f4c16
この記事へのトラックバック