北条氏康家臣、松井康吉「今敦盛」・いい話

2008年12月30日 00:03

664 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/28(日) 23:28:20 ID:xv/zPGOg
今敦盛

永禄七年正月、北条氏康、氏政親子と里見義弘の、鵠台合戦でのこと。

この戦は北条方の大勝となり、敗走する里見方への追撃戦が行われた。
北条の武将、松井康吉は軍に先立ち駆けていると、戦場に踏みとどまり矢を射掛けている
里見の武将を発見した。

「なんとけなげな、天晴れな大将よ!」

康吉は彼に挑戦をすると、その武将も受け、馬上で組討になったが康吉のほうが強く、組み敷いて
馬から落とした。そうして首を取ろうとその武将の顔を見ると、

それは、まだ幼さの残る、花の様な美少年であった。

康吉は戸惑い、どうにかこの少年を助けたいと思ったが、既に味方の大軍が追いつき
雑兵たちも首を取ろうと群がってきたため、しかたなくこの少年の首を落とした。

この少年は里見の一族で、この歳15になる、長九郎弘次という者だと言う事が、後でわかった。

戦の後、康吉は空しさに包まれた。
「朝には紅の美しい顔立ちをしていても、夕には白骨と化してしまうのか。」

世の無常を感じた康吉は、そのまま帰国せず寺に入り、「浮世」と名を改め、ただひたすらに
弘次少年の成仏を祈る生活に入った。

人々はこの話を聞き、「源平の時代に熊谷直実が平敦盛を討って、世をはかなみ武士を捨て
仏門に入った話は聞いたことがあるが、今の世にもこのようなことがあるのだな。」

と、涙したと言う事だ。



665 名前:蓮如の「お文」[sage] 投稿日:2008/12/29(月) 00:01:16 ID:yw+i+xaq
>>664
>朝には紅の美しい顔立ちをしていても、夕には白骨と化してしまう

一向門徒かと思った。

666 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/29(月) 00:37:40 ID:wEkevAin
白骨の章だっけ。そういえばうちももし戦国であれば一向門徒として
一揆に加わっていたかもしれないな。

667 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/12/29(月) 00:50:27 ID:vjEu8BUT
さすが>>666だな
スポンサーサイト


コメント

  1. 敦盛 | URL | -

    人間五十年
    下天の内をくらぶれば
    夢幻のごとくなり
    一度生を享け
    滅せぬもののあるべきか

    武将風雲録のOPを思い出す
    しかも里見といえば北条に早いうちに潰される運命
    宗滴が死ぬか、河野が滅びるか、深谷上杉が滅びるか、畠山が滅びるか、そして里見が滅びるか、先を争ってるからな

  2. 人間七七四年 | URL | CofySn7Q

    弘次って義弘が弟忠弘の子のことだね

  3. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    >弘次って義弘が弟忠弘の子
    そうだね。義弘の甥っ子だね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/857-f55f4be5
この記事へのトラックバック