FC2ブログ

丙が降伏の議を説いたのは

2014年07月06日 18:52

248 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/07/05(土) 18:59:59.57 ID:NnkLvtji
名将長野業正の死後、武田信玄による箕輪城攻めの際の話

箕輪城方は1500ほどしか兵士が集まらず、若き城主の長野業盛は諸将を集め、防御の方法を議した。

甲は「城を固守して上杉謙信に救援を乞うべきだ」と主張した。
乙は「属城がことごとく敵方に落ち、将兵は死ぬか背くかした。そのような中で謙信に助けを乞うのは
かえって世の笑いを受けてしまう。万死を期して決戦あるのみ」と主張した。
すると日頃城主の信任が厚かった丙が「我が先君(業正)は上杉氏のために最後まで身命を賭して
尽くした。しかし憲政は愚者であり、先君を用いず、遂には国を失い、謙信を頼る様となった。
かような次第なので、今我々の幼君(業盛)も犬死することがあっては先君に申し訳ない。
むしろ武田家に降りお家を残すのが適切だろう」と主張しだした。
皆はこれを聞いて驚き、「昨日まで我が主家の棟梁豪勇の忠臣であったのが、なぜにわかに
臆病者になったのか!」と声をあげ涙を流し、甲などは憤然として刀に手をかけ丙を斬ろうとした。

すると業盛は諸将を制して、そのまま奥の間に行き、業正の位牌を奉じて上座に安置して拝礼したので、
諸将もこれに従い拝礼したが、どういった意味なのかわからなかった。
業盛はその様子を見て、おもむろに「丙が降伏の議を説いたのは皆の心底を知ろうと私が命じたものだ。
今、皆の心が鉄石の如く堅いのを見ることができ、これ以上喜ばしいことはない!」
と言ったので、皆再び驚き、業盛の用意周到なるに敬服したという。

その後業盛率いる箕輪衆は、若田原へ打って出た後に箕輪城に立てこもり、そこで業盛は散った。
享年19歳

アカツキ9巻12号(1934)より




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    甲「こう考える」
    乙「オツじゃな」
    丙「へー」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    直家殿が面白い事を言う褒美に茶を振舞われるそうだぞ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    最後の最後でこんな事言われたら、全部嫌になって本当に降伏か逃亡します。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    ごめん、「ちょっと巧いな」と思ってしまった...

    さて、善い方の家久さんに呼ばれたから、ちょっと捨て奸要員になってきます

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まあ1さんは韻を踏んではいますよね。ちょっと悪い方の家久さんに呼ばれたので、東郷さんの所に逝ってきます。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    韻を踏んでる?

    珍しい表現だな

  7. 5 | URL | -

    >6さん
    珍しいですか?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    脚韻は、踏む。これは解る
    では、頭韻は?
    頭韻は何ていうんだ??

  9. 5 | URL | -

    >8さん
    ごめんなさい。そこまで考えて
    書いていませんでした。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    合わすかと

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8595-8f82bb49
この記事へのトラックバック