FC2ブログ

全く珍しいほどの手練であった

2014年07月22日 18:52

339 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/22(火) 12:51:26.08 ID:qOBkUal5
朝鮮の役でのこと。

有る時黒田家の陣営において、黒田三左衛門美作、野村隼人後藤又兵衛の3人が一緒にあった時、
向かいに敵の唐人(明人)が一人あり、矢をただ3本、手に挟んでいた。

黒田家の3人はこれを見つけると、討ち取らんと争って駆け寄った。

先ず、後藤又兵衛が一番に馬で乗り寄った。しかし唐人が矢を放つと、これが又兵衛の小腹に辺り
落馬し、当の敵を討つことは出来なかった。

次に野村隼人が駆け寄ったが、唐人は近くに寄るまで矢を放たず、なおも近づいた時
放たれた矢が隼人に当たり、これも討つことは出来なくなった。

3番目に三左衛門が唐人の側まで駆け寄って、刀を抜いて振り上げた。
そこを唐人は狙いをつけて矢を放った。その矢は三左衛門の右手に当たり、肘から上腕の後ろまで
貫き、三左衛門はたちまち刀を落とした。

が、三左衛門はそれに構わずこの敵と組打ち、ついに仕留めたのである。
それにしてもこの唐人、ただ3本の矢によって3人を射たというのは、全く珍しいほどの手練であった。

(黒田家臣伝)

黒田美作、矢で撃たれたけど構わず敵を撃つ、というお話。最後はやっぱり力技ですね。




340 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/22(火) 15:26:38.89 ID:OcCuZJZB
あー、黒田家臣すごいね

341 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/07/23(水) 06:43:56.47 ID:5E4XFPhC
急所に当たりさえしなければどうと言うことはない、ということなのか

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この黒田家臣伝を連投してる人は以前黒田家譜を連投してた人かな?
    俺も340みたいな感想しか出て来ないがw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >向かいに敵の唐人(明人)が一人あり
    一人てゲリラ戦でも仕掛けてきたのかな?
    腕前に自身があったのか、ただのボッチなのか?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    黒田家臣伝なんだし黒田家臣の武勇伝が多いのは普通なのでは
    この場合は、敵さんがすごかったよって話だけど

  4. 人間七七四年 | URL | -

    こんなご先祖様マンセーの捏造資料から、嘘ばっか投稿されても、ねぇ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    このネタに関しては、黒田家選りすぐりの猛者三人が対処出来ないほどのすごい弓の使い手がいました
    と言う話だがなあ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    それを討ち取ったオレらの御先祖様スゲー
    というニュアンスが含まれているのは言うまでもない

  7. 人間@6年 | URL | HLrqDUJ6

    長政「うわっ又兵衛カッコ悪ィ!」
    又兵衛「次に勝てば良いんだよ!!」

    大河では今現在、仲の良い二人だが、いつ悪くなるんだろう…

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、今年の大河に沿ったテーマだと思えば、連続投稿もそう不思議でもなかんべい。
    そういや『軍師官兵衛』本能寺の回と先週放送回は視聴率よかったらしいじゃないの。
    いろいろと言いたい事がないわけじゃないが、まずはよかったね。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    本能寺回は主演がこれやりたくて受けたらしい某御運ががあったからね
    それこそそれ楽しみに見てた人もいそう
    あとは左手だな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    この唐人、名のある武人だったりしたんだろうか。
    ひとりでいたとかどういう状況だったのか気になる。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ただ、「全く珍しい手練であった」と残される程、明・朝鮮軍の連中は
    弱かったのかな?多分誇張だとは思うけど。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11殿
    黒田家でも名のある三名を一対三で、しかも一矢で一人ずつ確実に負傷させてるんだから向こうの兵が弱いとかは関係なく単純にすごい手練がいたって話だと自分は受け取ったんだが
    周囲が弱いのではない俺が強いのだ というか

  13. 人間七七四年 | URL | -

    士分の追い首とか、ほめられたものじゃないし。それで死傷とかヤバイ
    座興だったんでしょ。当初は

  14. 人間七七四年 | URL | -

    米11
    明兵・朝鮮兵は強かったと言うべき。それが武家

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    実戦で全弾命中の名手なんて古今東西探しても珍しい手だれじゃね

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >14さん
    立花さんは言ってますね。

    立花宗茂 「敵は勇将、故に勝機あり」
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/5559-2c0ab55a

  17. 人間七七四年 | URL | -

    モンゴルか女真系の人だったんじゃない?

  18. 人間七七四年 | URL | -

    天庵・義統・兼定「私達も強かったと言って欲しい!」

  19. 人間七七四年 | URL | -

    >18さん
    ムリムリムリ

  20. 人間七七四年 | URL | -

    又兵衛・隼人・黒田三左のジェットストリームアタックと思えば3人目で討ち取れたのは作戦通り?向こうの唐人はもっぱら新タイプか。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    >天庵・義統・兼定
    「強い!(メンタルが)」

  22. 19 | URL | -

    >21さん
    天庵様はそう思いますが、義統さんは違うと思う。
    ということで、

    >天庵・義統
    「強い!(家臣だけが)」

  23. 人間七七四年 | URL | -

    マンセーでも捏造でもない。明はたまに手練れが混じっている。明は強いが朝鮮は弱い。
    立花はリップサービスだろ。それに勝った俺強いは事実だし、間違いでも何でもない。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    つーか、逸話紹介スレとそのまとめサイトで
    「御家マンセーの捏造資料から逸話を書くな」とか言っちゃっていいのか?
    史実じゃないから書くな、後世の創作だからダメ、って場所でもないし
    スレが成り立たなくなるんだけど

    流石に現代の小説やら、投稿者の創作エピソードを書いたのならおかしいけど

  25. 人間七七四年 | URL | -

    当家の手練れ三人がかりで重傷を負いながらやっと名もなき兵士一人を倒しました。なにこの敵、強っ!
    こんな話すらマンセーしてるとか捏造だとか断定されるのか
    これじゃこの世に信用に足る歴史資料なんて存在しないだろう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8623-b7786d52
この記事へのトラックバック