FC2ブログ

吉川元春の嫁取り

2014年08月17日 21:01

540 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/16(土) 22:23:07.18 ID:xsgsEIHY
ある時、毛利元就は家臣の児玉三郎右衛門尉を呼んで、この様に言った
「我が子元春には未だに妻室が無い。誰の娘を娶るべきか、元春の心を聞いてきてほしい。」

そこで児玉が元春にこれを聞くと、元春は
「それに関しては、唯父元就の命に従うだけだ。ただ、私に選べというのなら、熊谷伊豆守信直の娘が良い。」

児玉はこれを聞くと
「熊谷の娘は、憚りながら悪女であると聞き及んでおります。もしや聞き誤り、かの娘が容貌美しいと思われて
いるのではありませんか?」

「いや、私も醜いと聞いている。しかれども今中国に、熊谷信直に勝る侍大将は居ない。
私が彼と親しくなれば、信直はいよいよ元就に対し忠志を尽くすであろう。
彼と私が元就の先陣にあって謀戦を励むにおいては、いかなる強敵・堅陣であっても、これを破るのに
難しい事があるだろうか。

これは父元就に対しては孝であり、私自身においては、武功を顕す謀ともなるであろう。」

児玉はこれを聞いて感じ入り、すぐに元就の元へ行きこの事を説明すると、元就も大いに喜び、
終に熊谷の嫡女を、元春のために娶られたという。

(芸侯三家誌)

吉川元春の嫁取りの逸話である。




541 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 01:45:30.42 ID:bLgdl1H3
ブス専だっただけ
理由は後付け

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 02:32:54.03 ID:Q9NvVqIk
悪女って醜女の意味なのかな

543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 02:38:39.62 ID:xR3u/Nfx
名字に熊とか入ってるから
ヤワラちゃんみたいなのだったんだろう

544 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 02:45:09.50 ID:ke4jFHHh
戦国版勇者谷かよ

546 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 04:58:26.87 ID:jAAhxmxl
>>543
猪熊柔
羨ましい

547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 08:54:57.46 ID:60h2dRZF
吉川晃司って末裔だろ。要素入ってるのかねw

548 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/08/17(日) 09:43:55.87 ID:LA87lVqN
吉川広家が生きてた頃に纏められた書物には不美人とは書いてなく、少し後の陰徳記と陰徳太平記から不美人と言う記述がなされとるんよね。
また、武田光和に嫁いだ新庄局の叔母は美人だったと言われるし、陰徳記を書いた香川氏は熊谷氏の同僚(武田時代)から後年毛利傘下になってからはライバル視してたと言う話も有るし…
実は不美人ではなかったんじゃないかと思う今日この頃。

549 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 09:50:44.70 ID:2DmfOBk9
当時の美醜の価値観って現代とどれくらい違うの?
平安時代のおなごは下膨れが~ぐらいしか知らない

550 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/08/17(日) 10:08:46.39 ID:jR02EXhj
現代でも
80年代→聖子ちゃんカット

から今までに至るまで髪型から服装とか色々変遷有ったからなぁ…

551 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 10:12:34.24 ID:lsq+fZgL
つまり戦国一の美人であると言われているお市も現代の人が美人だと思うかどうかはわからないってことだな

552 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/17(日) 10:37:04.37 ID:bLgdl1H3
惜しいかな後世、お市の方を云いてお犬の方を云わず

557 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/18(月) 06:37:57.44 ID:Wv1ssEGW
>>552
お犬さまって佐治一成の母ちゃんか
畠山昭高に嫁いでいた不詳娘と勘違いしていた

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この時代、後発的に天然痘によるあばたが美貌を左右してたので、
    いわゆる血筋によるうんぬんは意味をなさないんだけどね。

  2. 名無しさん | URL | -

    猪熊といえば猪熊少将

  3. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    YAWARA!の元スタッフだが、20年以上前の猪熊柔のセル画いまだに捨てられないぜ!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    未だに熊谷家の娘が醜女=ブスとか言ってるのが居るのか?この醜女説自体が後付なのに。
    逸話は逸話として楽しむべきだけど、知識としてはちゃんと知らべろよ位には思うね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、ここは逸話を楽しむスレですし

  6. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ美醜の観点もちょいとズレてるけどな

    今の美人は昔も美人に映る。妖しい色気ってやつだ
    下膨れ云々はふっくら→栄養が足りてる→毎食食うに困らない→金持ち
    とか
    がっしりした女は子供産むのに耐久がある
    とかそういう理由が多分にある

  7. 人間七七四年 | URL | -

    これはご立派な先生がお越しの様ですね。
    勉強になるから本スレに直接投下して下されば良いのに。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    素人が逸話を楽しんでる所に「知らべろよ」とか意味不明な事言いながら
    しゃしゃり出てくる教授様wwwww

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ※4が調べろよ〜とか言う以前に、この記事のまとめには既に本スレで書かれた不美人説は後付け云々のレスもまとめられてるんですよね〜。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    口うるさく言いたくなる気持ちは解るけどな
    今でもマイナーな人物の研究はソースは軍記物ってのありがちだし


    実際にあった事とそれを題材にした物語を混同するのは止めましょうって話

  11. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    「しらべろ」の漢字さえも調べられない輩が何言っても説得力のない話ですねわかります

  12. 名無しさん | URL | -

    元春「今孔明としましては」
    隆景「兄者は脳筋やないか」
    元就「…」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    五龍姉様「元春の嫁が手紙の返事くれないんだけど…(ビキビキ)」
    隆景「姉上、私から言っておきますよ」

    しばらくして…

    五龍姉様「まだ返事来ないんだけど、隆景…」
    隆景「姉上、義姉上は某にも返事寄越しやがらないでござる…父上ぇ!吉川の義姉上はどうなっとるんじゃ!」
    五龍(あの温和な隆景がキレてる?!)

    元就「あの子ねぇ、ワシにも2、3行の短い手紙しか返さん上に尼子経久か弘中隆包かっちゅう返事が来よるんよ〜,まぁ大目に見たりんさい」

    毛利親子で以上の様なやり取りがされる元春嫁。ちな実話

  14. 人間七七四年 | URL | -

    最近休みに入ったからなのかな。他人の揚げ足取ったりするだけの
    変な奴が湧くよね。他人の態度云々言うなら自分達の態度はどうなのかな?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    お子様にはお子様にふさわしい返答を。
    「※4、じゃあお前自分の目で見たのかよ?」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    この時代に実際に不器量だったことが確実視されてる女性ているの?

  17. 人間七七四年 | URL | -

    「鬼瓦」の異名を持つ洞松院とかどうだろう。
    まあ、それとて「そういう酷い落書きがあった」程度のことで実際の容貌はわからんが。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    光秀の嫁は元は美貌を歌われていたけれど、
    天然痘でその容貌を大きく崩すことになり、
    親は妹を嫁がせようとしたけれど、
    光秀本人はそれを断ったという話がある。
    まぁ、後世の創作の線が強いけれど、
    「あばたもえくぼ」とは到底いえない話はそこかしこにあったかと。

  19. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    重要文化財の男衾三郎絵詞の話に近いな。
    武芸に励むため敢えて醜女を娶る男衾三郎。よく歴史の教科書にこの絵巻の笠懸のシーンが出てくるが、そのちょっと横の画面に鎌倉時代的醜女像の三郎の妻が描かれている。絵巻は途中で失われているが、継子いじめの話になっていて、三郎夫婦の娘は二目と見られぬ醜女…だったらしい。
    絵巻が全部残っていないことがつくづく惜しまれるなぁ

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※18さん
    それってこのスレでも出されてた常山紀談の高橋紹運の逸話を参考にしてるような…って話も前に見たような気がする…。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    元就は同年7月10日に元春は犬のように幼稚ではあるがどうか扶助してやってほしい
    (中略)
    元春が信直の屋敷に参上してから元春自身から申しかけたので私は何も知らなかったが厚かましくも申し入れたのだ
    (熊谷家文書126)
    と他にも元春からの申し入れだったと

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8670-7e173b58
この記事へのトラックバック