FC2ブログ

親子二代

2014年08月22日 18:55

582 名前:sc→net未反映分のコピー[sage] 投稿日:2014/08/21(木) 23:37:38.35 ID:wxSgOPL/
親子二代

延沢光昌は大豪で知られた延沢満延の息子であったが、まだ年端も往かぬ頃に父を亡くし、老臣に育てられていた

光昌は有路但馬・笹原石見といった重代の家老らから生前の父の武勇談を聞くのが好きだった

有路「亡き殿(満延)は、18歳のときに山形両所宮の鐘を1人で外し、鶴子(尾花沢市)まで担いで帰って来ましてな」
笹原「人々はその剛力にほおと感嘆の声を上げたものですじゃ」

慶長の時代になり、光昌も立派な若武者へと成長した

光昌「父に出来た事、父の血を引き有路と笹原に武芸を教えられたこの身なら、やってやれない事は無いのではないか?」

光昌は中山長崎の円同寺といった寺の鐘が名宝と聞き、住職に「それがしがこの鐘を持ち上げる事が出来たら、鐘を譲っては頂けないか」と掛け合ってみた

住職「お父君は生きる伝説として勇力で名を馳せましたが、この鐘は半端な重さではございませぬ
まぁ、見事持ち上げられたらそれは天命という事ですので差し上げましょう」

光昌「どれ」

ひょい

住職「!」

光昌「う~ん。ま、持って帰れない重さじゃないな」

住職「お約束でしたので、その鐘はご自由になされてくだされ」

光昌「手で持つにも疲れるな…かぶって行くか」

光昌は親指で鐘乳をえぐると鐘に覗き穴を開けた



この鐘は現在山形市長谷堂の清源寺に
「慶長時代に最上の重臣延沢某が中山から持って帰って来たもの」とした寺伝と合わせて現存している

※光昌ではなく、父の満延が中山から長谷堂に持って来たといった伝承もあり




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    山形は主君義光も馬鹿力なら家臣も馬鹿力なのか…

  2. 人間七七四年 | URL | tKQf3S82

    つまりこういうことか

        _(ニ)_
       /∴∵∴',
      ∥ ̄ ̄ ̄ ̄',
      {― ○○ ―}
      {ニニニニニ}
      {_____}
         ∪∪

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>2
    なにそれかわいい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>2
    そうしてまた新たな山形のゆるきゃら?が

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >光昌は親指で鐘乳をえぐると鐘に覗き穴を開けた
    なんだこの世紀末チックな人は!?

    ※2
    妖怪:鐘被りwww

  6. 人間七七四年 | URL | -

    山形三大かぶり物キャラ

    初代
    鉢かぶり姫

    二代
    ピラミッドシンク(サイレントヒル)延沢満延

    三代
    鐘かぶり延沢光昌

  7. 人間七七四年 | URL | -

    道の向こうから、鐘被った人が歩いてきたらどう反応して良いのやら

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >2

    カービィのトリプルデラックスでこんな雑魚キャラいたよな確か

  9. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    身分上、お供の者がいただろう。
    鐘が一人で歩いているのも目を疑うが、傍らに侍や中間を従えて歩く鐘はちょっと言葉が見つからない…

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ?「では、こちらの鼎はどうじゃな? これを持ち上げられたら儂はそなたの家臣になるぞ」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    立ててまたまゆ拓也と奈多さやかとまかなすぐのぬ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8692-c9b905f5
この記事へのトラックバック