FC2ブログ

最上家親「最上からも大坂へ」

2014年08月27日 18:54

47 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/27(水) 17:38:24.57 ID:9CG7uBaR
最上家親「最上からも大坂へ」

父義光の死から幕府内の減役・出馬軽減を受けた最上家親は大坂冬・夏の陣で江戸城留守居役を命ぜられたが「
武門の最上家が留守居のみとあっては面目が立たぬ」と近臣らを大坂の地へと派遣した

大坂御陣中為伺御機嫌、武久庄兵衛(昌勝)・冨田加兵衛と申者、両度為使者差上候
『最上家伝覚書』

童部なりし時物学びたりし桐江先生と言える人の、一日賓客に(中略)、
慶長末の一年難波津の御合戦ありしとき、
(最上殿の)御内の武夫ばかり軍の御供をして罷り上りたるが、彼地にてはなばなしき功名せし。
その武夫共の戦の仕様をそのまま絵に写し主のもとへ土産にせしを彼国に残し伝へ侍る(中略)。
その絵を見るに、武具せし人少なく、多くは素肌者なり(中略)。その屏風見し人の申したるよし語られたり

杉田玄白『いくさの絵の記』(部分:大坂の陣の「最上屏風」についての思い出)

二人とも冬と夏の両陣に参戦し、その功績により武久庄兵衛は500石から1000石へ、冨田加兵衛が300石から600石への加増となっている。

しかし家親や最上の本隊が直接大坂冬・夏の陣へと参戦したわけではなかったので
現代地元の山形でも「大坂の陣に最上家の兵が参戦した事を知らない人が多い」悪い話って事で



51 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/08/27(水) 23:39:15.48 ID:BunP9iuh
最上が近臣を派遣したってのは以前に見た記憶があるが、さてここだったかどこだったか

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    五百が千、三百が六百と加増がちょうど倍数になってるけど、なんか釈然としない。
    二百の差だったのに。手柄が大きかったのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1殿

    懸賞でも
    1等ハワイ旅行
    2等伊豆温泉旅行
    3等お風呂セット
    くらい差があるから、役職手当みたいなもの?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >武具せし人少なく、多くは素肌者なり

    裸で戦った人をどうしても思い出してしまう…w

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >懸賞
    1等:宇喜多家へのお茶会招待券(飲み放題)
    2等:藤堂高虎監修によるお城巡り旅行券(片道)
    3等:伊達家の前に陣取る権利(キャンセル不可)
    特等:徳川家謹製味噌詰め合わせ(ノークレーム・ノーリターン)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >>3
    伊藤清蔵さん?裸武太之助さん?
    大阪の陣を描いた「最上屏風」の写本は画像検索で出て来るお

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >懸賞
    1等:大河ドラマ記念黒田官兵衛のお手製鮭弁当
    2等:松永久秀監修剣の舞体験会
    3等:荒木村重のおとなの隠れ家招待券
    参加賞:信長様監修ディナーショウ参加券IN本能寺

  7. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    大河で鮭弁でなかったやん。楽しみに今か今かと待ってたのに。死に行く元春にせめて鮭弁食べさせてあげたかったなぁ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    ロケ弁として食べたんじゃ?w

  9. 人間七七四年 | URL | -

    大好きな鮭は最後にとっとくの。

  10. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    米8
    吉見一豊氏が「さっきロケ弁で鮭食ったのに収録でまた同じ物食えるかー!」がゴネて脚本が変更になったらしい。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    しかも鮭じゃなくて「カナダ産サーモントラウト」だったらしい。そりゃ怒るわ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※3

    ありのままのすべてみせるのよー

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    遅参レス失礼しました。
    伊藤清蔵さんの逸話が面白くて好きなんで連想したです。

    最上屏風の画像も拝見できました。感謝です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8702-2f75fde7
この記事へのトラックバック