FC2ブログ

なんだか逆である源義経の話

2014年09月18日 18:52

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 17:41:52.94 ID:VPUM/uZ5
寺院(清水寺)までの途中に、すでに朽ちた非常に古い橋があり、昔ここで時の皇帝の兄弟で牛若殿(Vxiuagadono)と称する青年が誓いを立て、
戦において援助を受けるため悪魔と契約を交わした。
その誓いとは、多くの人が通る件の橋で悪魔のため千人を殺すことであり、昼夜、橋で待ち伏せ、彼一人で数か月のうちに九百五十人を殺したが、
それも一人の甚だ勇ましく名だたる仏僧が通行人とともに現れるまでのことであった。
仏僧は彼を負かしたが、その素性を知ったので殺さず、彼はそれ以後誓いを捨てた。

1571年10月6日付け ガスパル・ヴィレラの書簡より
ヴィレラの勘違いなのか当時そういう説があったのか、なんだか逆である源義経の話




281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 19:44:16.38 ID:mK6lYglD
天狗じゃ、天狗のry

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 21:31:08.04 ID:3RQtDag8
宣教師の書いたものなのに、
僧侶(弁慶)の方がいい奴になってる不思議

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/17(水) 23:44:47.07 ID:KqskDwr1
まったく仏僧な世の中になったものじゃ

284 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 02:19:34.70 ID:540eOArG
僧じゃのぅ

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/09/18(木) 05:41:44.23 ID:zLb3UDzU
>>282
つーことはやっぱそういう話が当時あったってことか?
ところでこの「皇帝」って天皇じゃなくて頼朝のことだよなたぶん

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ダーク牛若丸! オレの中二病的妄想が爆発する!!

  2. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    仏僧の方が良くなっているのは義経が契約したのが悪魔だからじゃないか?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    弁慶が悪魔と契約するって筋でも問題ないのになんでだろってことでは?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    鬼一法眼「解せぬ・・・」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    山田風太郎の原作、せがわまさきによる漫画化のネタにありそうな逸話だな。
    どこで伝言ゲームを間違えたのか。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    悪魔と契約した牛若を倒す仏僧…
    自分は孔雀王を思い出した

  7. 人間七七四年 | URL | -

    外人に自国の歴史、物語を話すのは難しいっす

  8. 人間七七四年 | URL | -

    なんか、ますらお の遮那王と弁慶みたいな感じだな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ヒョーウ
    ウケケケケケケケケケ
    ヒョーウ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    地獄の沙汰も金次第、色即是空の源平討魔伝ですか?

  11. 先刻 | URL | -

    Vxiuagadono……ヴィウアガドノ?

  12. 人間七七四年 | URL | -

    売れないライトノベル臭がするwww

  13. 人間七七四年 | URL | -

    契約先の鞍馬天狗は見た目からも悪魔に決まってるだろ
    だから今宵の虎徹は…って言ってる方が正義

  14. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば手塚治虫の火の鳥で源義経がクズキャラだった篇があったような…

  15. 人間七七四年 | URL | -

    999ではなく950なんだ

  16. 人間七七四年 | URL | -

    五条零戦記

    最後だけおぼえてるわ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    つまりドリフターズのアレは廃棄物なんですね分かります。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    天狗のお面見て股間に装着…憑依する悪魔だと思ったんじゃね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8776-2b1dc5b6
この記事へのトラックバック