FC2ブログ

「朝霜や まだ解けやらぬ 縄手道」

2014年10月01日 19:01

917 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 01:07:41.85 ID:DQrcN7M6
島田弾正(利正)が町奉行だった時のこと。徳川家康の時代、博奕は諸悪の根元
ということで厳しく吟味された。そんな折に博奕の訴人が出たので、同心たちを
差し遣わし、60人を召し捕らえた。

その中に50歳ほどの坊主が1人いた。弾正はその者に向かって「其の方は頭を
丸めた身であるから、とりわけ不届きである。もともとは医者か? 出家か?
何者なのだ」と、尋ねた。坊主が言うには、

「私の親は、武州忍の城主・成田殿のもとで、連歌の執筆を勤めていました。
そんな折に成田殿の身の上は果てられ、その後、親も浪人のまま相果てました。

それ故、私は浪人となりまして、渡世のやりようがないので、博奕仲間へ入り、
灯心を掻き出し、湯茶を持ち運ぶのを役目に致して食事を貰い、世を送りました。
博奕というものを、どのように行うのかは存じません」

とのことだった。そこで、博奕仲間たちに尋ねると、坊主の言う通りだった。
弾正は坊主に「其の方は連歌師の子か。確かならば、そこで一句仕りなさい」
と言った。坊主は「朝霜や まだ解けやらぬ 縄手道」と詠んだ。

弾正はこれを聞き、この句に応じて縄を解いて許し、「これからは博奕の座での
交わりを止めて、食物なくば町年寄たちのところへ回って、何なりと貰うように
しなさい」と、申し渡した。それ故、坊主は彼方此方と徘徊し、心安く渡世した
ということである。

――『責而者草(君臣言行録)』




919 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 11:41:59.76 ID:c6gbH1Y1
ホームレスになったのに物をもらって心安く渡世したっていんちき坊主じゃねえか

920 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/01(水) 11:48:22.38 ID:bRhnWkEj
正しい意味での乞食坊主

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ホームレスだからもらうんだろう

  2. 人間七七四年 | URL | -

    芸は身を助く、と素直に考えることは出来んのか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    托鉢をしろといっているんじゃないかなあ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    タイトルの縄手道をなぜか選手権と最初見間違えた

  5. 人間七七四年 | URL | -

    全日本やまいどう選手権

  6. 人間七七四年 | URL | -

    あ、そうか、坊主はもとより医者もスキンヘッドにしてたんだよね?当時は

  7. 人間七七四年 | URL | -

    や まだを繋げて山田とよんでしまった。
    山田さんになにか掛けてるのかと

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >>919
    貰わないで生活できる方がいんちき坊主だろ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    真面目に修行したり、人の役に立とうとしているお坊さんには悪いけど。
    世の中いんちき坊主の方が多いでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8808-4af9cefb
この記事へのトラックバック