FC2ブログ

火入れと香炉の道理

2014年10月05日 18:45

975 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/04(土) 19:50:49.38 ID:mYD4KyOV
片桐石見守(貞昌)は、茶事において衆に優れた人物であった。
懐石も上手であり、軽い料理を出しても、その風味、至極宜しきものであった。
諸人は片桐を真似て料理してみたが、その風味は片桐の作ったものにはなかなか及ばなかった。

そこである人が片桐に、料理の仕方を問うた。これに片桐は答えて

「料理は、軽い料理で風味を良くしようと思うのであれば、まず重き料理をこしらえて、
その重い内から出た軽き物は風味の良いものとなるのです。最初から軽くこしらえては
粗末になって客には出されません。」

またある時、人が片桐の煙草盆の火入れを見て、驚いて言った
「これは唐物ではありませんか。火入れにするには惜しい品です。香炉に用いるのが然るべきでしょう」

片桐これを聞くと
「茶道の趣とはこう云う所に有るのです。この器を火入れに用いればこそ、人に賞せられますが、
香炉に用いてしまえば下の香炉に過ぎません。上の火入れを捨てて下の香炉に用いるというのは、
道具を殺して使うと言うものです。

これは器物に限りません。何であっても、其の物を生かして使うことが肝要なのです。
人を使うにも、用いる人の上手下手によって、愚者も役に立ち、賢者も役に立たなくなる。
万事、火入れと香炉の道理ですよ。」
(明良洪範)

片桐且元の甥で高名な茶人である片桐貞昌の逸話である。




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >茶道の趣とはこう云う所に有るのです。この器を火入れに用いればこそ、人に賞せられますが、
    香炉に用いてしまえば下の香炉に過ぎません

    これをものすごく乱暴に言えば、
    ごく平均的な女性がモデルばっかの合コンに参加してもスルーされるが、ブスばっかの中に混じればちやほやされる
    ……みたいな感じかw

    あと、孫ピンの上中下の馬の話を思い出した

  2. 名無しさん(笑)@nw2 | URL | -

    >「料理は、軽い料理で風味を良くしようと思うのであれば、まず重き料理をこしらえて、
    その重い内から出た軽き物は風味の良いものとなるのです。最初から軽くこしらえては
    粗末になって客には出されません。」

    この重軽がよく分からんのだが……
    最初は手が込んでる・込んでないのことかと思ったんだが、
    それだと「重い内から出た軽き物」ってのがしっくりこない……

  3. 人間七七四年 | URL | -

    量の事かな?
    カレーとか大量に作ればうまくなるし

  4. 人間七七四年 | URL | -

    孫子兵法のあの話は
    指揮官は損切りをするのが仕事だ、という風に考えるべきだ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    コンソメとか、見た目はほうじ茶と変わらんのに材料も時間も大量に使ってるじゃない。
    調理法としては煮込み料理なのに扱い的には吸い物だったりするし。

    「軽い」というのは食膳での位置づけのこと、
    「重い」というのは秘められた仕事量のこと、と解釈してはどうだろう。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    軽く食べる程度だから、って、ただご飯を解凍して申し訳程度の鮭に永谷園の…では無く
    釜で蒸し上げたご飯に石狩鍋と見紛うボリュームで野菜の旨味を吸った鮭に、しっかり蒸らした熱いほうじ茶…
     
    と言った感じで軽めに仕上げようとすると風味もそれなり。
    重厚に仕立て上げた物から軽く食べられるように仕立てるのが料理と言う事でしょう。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    煮込み料理を大量に作ってうまくなるのって、数値的な裏付けが乏しい思い込み程度の話らしいよ?(某目がテンより)

  8. 人間七七四年 | URL | -

    大量に作ってうまくなるのは
    投入する調味料の触れ幅が少ないのと
    火にかけた時の急激な温度変化が抑えられるのも原因の1つ

    つまりうまくなるというより失敗が少ないと言った方がいいかもしれない

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8819-f9166a4a
この記事へのトラックバック