FC2ブログ

柳生宗矩の事

2014年10月12日 18:51

28 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/11(土) 19:30:35.77 ID:F+D6IqKH
柳生但馬守宗矩の柳生氏は、代々大和国柳生の庄を領する一族であり、徳川家に仕えたのは
関ヶ原の一乱の後であった。
徳川家光は若年よりこの柳生宗矩を師範とし、すこぶる尊敬し信頼していた。

宗矩は家光の師であり、また剣術の名人であるから家光も尊信しているのだと、人々はみな思っていたが、
実はそうではない。宗矩は常に家光の御前に在って治国平天下の道を年来教諭していた。それ故に
家光は彼を尊信していたのである。

柳生宗矩が老年に及び重病となった時、忝なくも将軍家光は自ら宗矩の屋敷に赴き枕元に座って
病の様子を尋ね、その後

「汝の教導のおかげで、私は平天下の道を知ることが出来た。」

そう語って聞かせた。

正保3年3月の終わりに、宗矩は死去した。この時家光は、従四位下に贈位を仰せ付けたそうである。
その後、事に触れては

「宗矩が存生していれば、この事を尋ねたいのだが。」

などと語り、宗矩の事を思い出していたという。

(明良洪範)




34 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/13(月) 11:55:10.33 ID:MiYzqIo8
>>28
逸話に突っ込むのもなんだけど
宗矩が徳川に仕えたの関ヶ原の4年前だよ
関ヶ原の戦功で二千石もらってるし

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    現代ではもはやほとんど剣術の名人と思われず老獪な政治家扱いが普通に

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この人の場合、剣術面での実績も同時代の他の剣豪に劣ってないどころか、むしろ際立ってるくらいなのに、なまじ官僚としての能力があったために過小評価されて可哀想。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ほとんどの人にとっては柳生=徳川の剣術家なんだよな 俺もそうだが

  4. 人間七七四年 | URL | -

    小野忠明(神子上典膳)「有名なだけマシなんじゃないですかね?」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    家光「本当は左門の事を思い出していた」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    裏柳生。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ギリワンとよろしくやってた時期もあるんだな、柳生

  8. 人間七七四年 | URL | -

    左門の顛末って逸話?それとも、ある程度歴史事実?なんですかね。
    なんて聞くのは野暮なのかw

  9. 人間七七四年 | URL | eYj5zAx6

    長男の評価「一般に流祖が最強で、代を重ねる事に弱くなる。
    新陰流は代を重ねる事に新規の工夫を凝らしている。故に、石舟斎は伊勢守に勝り、但馬守は石舟斎に勝る」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8832-94664551
この記事へのトラックバック