FC2ブログ

軍法というもの

2014年10月15日 18:50

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 21:00:58.05 ID:qBeoyuNj
ある時穴山殿(信君)が馬場美濃(信春)に問われたことがあった

織田信長は今や天下を意見するほどの人です。ところが聞き及ぶ限りでは、彼の軍法で
人の手本に出来るほどのものはひとつも有りません。これはどういう事でしょうか?」

馬場美濃はこれに答えた
「信長の敵は、美濃衆に7年ほど手間取ったばかりで、残りは皆信長に怯えた人々ばかりでした。
なので軍法も必要としなかったのです。
それに信玄公は上杉輝虎との間で、おおかた世間にあるほどの手立て、はかりごとは行いましたので、
他国の弓矢の事は御当家において、さほど面白く感じないのです。

織田信長は今年38歳。天下も三好殿を押しのけ、都のことで本当に自分の意見を通せるようになったのは
去年7月からのことです。

軍法というものは大敵、強敵に逢っての手立てですから、信長は国を隔てているため、信玄輝虎とは
終に武辺の参会が無く、なかんずく只今は信長の嫡子城之介殿(信忠)を信玄公の御聟にとある
縁辺であります。であるに付き信長が手立てを考えねばならない敵はさほども有りません。

12年以前の今川義元との合戦の時、信長は27歳で無類の手柄を立てました。そのころ信長は小身であり
若かったので、大敵には様々なはかりごとを使って勝利を得ました。

はかりごと・手立ての軍法がない弓矢は、例えば下手が集まって行う能を見物するようなものです。
失敗するんじゃないかと思い、見ながら危なく思います。

信長の弓矢は、美濃国と7年の間取り合いをして武功の分別が定まりました。
信玄公の弓矢は、村上殿(義清)との取り合いで武功の分別を定められました。
村上殿は信州の内四郡、越後一郡の、合わせて五郡の領主でしたが、広い国であるため
彼の支配地は甲斐一国の一倍半ほどもあり、その上強敵でした。

現在我々と対立している徳川家康は、今の日本国において北条氏康、武田信玄、上杉謙信、織田信長
四大将に続く存在で、名のある大将十三人を選べば、おおかた家康はその一人に入るでしょう。
我々は今年か来年の間には、その家康と必ず一戦せねばなりません。
でありますから、織田信長も後のことを考え、今でこそ当家と縁辺の無事を保っていますが、
家康に信長が加勢すれば、我らは両家を相手にしなければならなくなります。

信玄公が合戦を遂げられ、京都までその誉れを輝かせるためにも、ここでは猶以って軍法が必要となります。」

そう申し聞かせたのである。

(甲陽軍鑑)




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ここでいう軍法は今でいう兵法(武芸じゃないほう)であって軍内法規じゃないよね?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この、喋り下手な人間が喋ったことをそのまま文章にしたような感じこそ甲陽軍鑑の味

  3. 人間七七四年 | URL | -

    これは1571年になるから、
    北条氏康と毛利元就が亡くなる年ですよね。

    日本の4強とは言いつつも、西国の大名が入っていないあたり、
    やはり「自分の知る範囲で」なのでしょうね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    なんで中途半端に13人でしょうか?
    当時の家康さんが13番目だと思ってるのかな?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    兵法ってより軍学じゃね?
    でも軍律も織田よりは所帯が小さい分行き届いてると思うけど
    ※3
    西国で恐ろしいのなんて大内だけだったと思ってそうだが
    大内、尼子、武田が自滅して湧いた有象無象くらいにしか思って無いんじゃね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そこはほら甲陽軍鑑だから

  7. 人間七七四年 | URL | BsqUATt6

    まぁた軍鑑かよ
    相手の評価をsageてまで自分の評価ageようとするなんて某民族みたいなメンタリティだな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    軍鑑

  9. 人間七七四年 | URL | -

    言われて見れば信長はあんまり強敵とは戦ってないな。義元ぐらいだろう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8837-b9f5e7f2
この記事へのトラックバック