FC2ブログ

城を抜く術

2014年11月02日 18:54

673 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 00:06:37.91 ID:DlJhDHgw
毛利元就は厳島の戦いで陶晴賢を滅ぼすと、大内氏の本拠である防長に侵攻し、次々と攻略、
この事態に大内家当主義長は、重臣である内藤弾正忠(隆世)らとともに、長府(下関)の勝山に籠城し、
これを知った毛利元就は、一門の福原左近将監(貞俊)を大将として軍勢を派遣した。

福原並びに国侍の熊谷、阿曾などにより勝山城を取り囲み攻め立てた、しかし勝山城は地形が
険阻である上、城兵たちも勇を励み堅固に城を守った。
元就はこのことを聞くと、福原に密かに、城を抜く術を伝えた。
福原はこれに従い、城中に矢文を放った

『内藤弾正忠は陶晴賢に与した叛逆の者ですから、切腹させていただきたい。
義長については特に遺恨があるわけでは有りませんので、一命を助けて豊後へ送り返しましょう。』

この内容に、義長は「私は内藤とともに自害する!」と言い張ったが、内藤自身や杉等家臣たちが
様々に申し宥め、義長を長府の長福院に移し退け、その後内藤は切腹することに決め、福原に対し
検使を請うと、兼重左衛門尉が派遣され、その上で内藤弾正忠は切腹した。

ところが、福原は直後、義長のいる長福院に攻め寄せた。

大内義長も切腹させるよう、元就より申し来た。よって速やかに自害あるべき。』

これに義長は「覚悟していたことではあるが、福原に欺かれたことが口惜しい」と激怒したが、力及ばず、
行水にて身を清め、終に自害した。
吉弘右衛門太夫、橋爪美濃守、安田入道、杉民部らの家臣も、続いてみな切腹した。

また陶晴賢の家臣、野上紀伊守房忠は、晴賢の末子である6歳の鶴寿丸を山口に隠し置いていたが、
敵がこの命をよもや助けまじと思い、この子を長福院に抱き来て刺殺し、自身も共に死んだ。

(芸侯三家誌)

大内義長の最期についての逸話である




674 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 00:31:36.48 ID:Oz10yxRV
これでも元就は天寿を全うできたんだから怨みなんて役にたたないな

675 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 00:41:10.54 ID:EHYnYJAt
役に立たないこともないだろ
怨みも、用心深さも、使い手次第だと思えば夢も希望もあるじゃないか

676 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 05:48:48.50 ID:okk8Z5ME
息子を失ってるやん

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 08:00:46.81 ID:LVP3RuBO
隆元さんが、厳島の三女神にお縋りして、元就に向けられていた呪いを引き受けたんですね

678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/02(日) 10:07:10.82 ID:CkoMoT99
大友義鑑「茶碗はよ」

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    元就のオーラが強すぎたから
    怨念は本人じゃなく息子の命や孫の能力を祟った・・・と

  2. 人間七七四年 | URL | 110ru34.

    ※1
    元就公にとっちゃあ、
    自分が殺されたり、不治の病に冒されたりするより、
    自分の一番かわいい(愚痴もまじめに聞いてくれる)嫡男を失うことのほうが辛い気がする。

    その点、元就公への呪いとしては、これ以上ないものに思えますわ・・・。
    色んな事を、ものすごく後悔しまくりそう。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    呪詛の類なんて本人に自覚がなければどれほどのものを掛けても近隣縁者含め一切効果はないというね。元就の話を聞いて恨み辛みというけど実際どれだけの人間が実際に呪詛祈祷を謀ったか分かったもんじゃない

    ※1、2
    息子は単なる過労死では、と思うのは気のせい?

  4. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    商人の受けもよくてお兄ちゃんが亡くなってから苦労したって話しもあるみたいだしねえ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    自分が思ってるかどうかくらい自信持ちなよw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    隆元が死んだ際の元就というと、大河思い出した

    何だかんだ(愚痴)言いつつ、愛情も持ってただろうし期待してただろうしなぁ...

  7. 人間七七四年 | URL | -

    平重盛「隆元君が他人とは思えん」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    ではあなた方の息子同士では…流石に違うか。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    隆元亡くしたあと、元春とか隆景とかにしようと思わなかったんだろうか。

  10. 人間七七四年 | URL | 110ru34.

    ※9
    それぞれ持ち味が違うながらも、持ち味の部分で圧倒的な実力を誇る、元春公及び隆景公。
    ・・・どっちかを当主にした日にゃあ、内紛で毛利家がやばいことになりそうな。

    お二方どちらも筋を通す方だろうから、二人だけで考えれば問題はないが、
    それぞれの家臣のことなども考慮すると・・・。

    最上級の水と最上級の油。卵黄を連れてこねば・・・。

  11. 人間七七四年 | URL | 7JrW83ks

    死んだ当主にすでに嫡子がいる状態で廃嫡して
    分家の兄弟に跡継がせるって選択肢としてあるの?
    吉川VS小早川になるというより、毛利本家と揉めそう

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    つまり輝元が卵黄なんですねってマヨネーズ作ってどうすんだよwww上手い例えだと思うが

  13. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    元春と隆景ってあんまり仲は良くなかったんじゃないっけ?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    本来仲が良くないからこそ、三本の矢なんて逸話ができたわけで

  15. 人間七七四年 | URL | 6m5BDBwc

    三本の矢の逸話は教育勅語の創作。元春・隆景の仲は比較的良く二人で兄隆元を無視して苛めてた。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    誰も>>678の大友義鑑にツッコまないのか・・・(困惑)

  17. 人間七七四年 | URL | -

    みんな突っ込むタイミングを逃してしまったからでは
    それは義鎮だろ、義鑑は親父の方だろうと…

  18. ※35 | URL | -

    隆元が人質に出されてた期間が結構長かったから弟×2とあまり接触が無くて
    弟×2ばっかり仲良くしてお兄ちゃんハブられて悲しい…みたいなお兄ちゃんの書状が残ってるんだっけ…

  19. 人間七七四年 | URL | 7JrW83ks

    元春と7歳、隆景とは10歳差?
    けっこう離れてる上に遊び盛りのころに隆元は大内でアッーしてていないわ
    家に戻ってきたときは元服して大人の男になってるわでは下二人は接しにくいだろうな
    でも無視とかハブとかはお兄ちゃん特有のネガティブ思考が多いに入ってそうw

  20. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    この恨みがなければ元就は150年ぐらい生きたと思われ。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    元就の力量と元の身分を考えればこれだけ名前が残ってるだけでも十分すぎるほどラッキー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8865-4389c336
この記事へのトラックバック