FC2ブログ

智仁勇兼備の者

2014年11月04日 18:53

152 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 15:34:58.32 ID:68eTn+ig
徳川家康家臣、蜂屋半之丞(貞次)は聞こえたる武辺者であったが、ある時の合戦で、
眼前の敵を見逃して退いたことがあった。

家康はこれを知ると、「どうして眼前の敵を見逃し退いたのか」と尋ねた。

蜂屋は答えた
「我々に向かってくる敵ならば、隙あらば我が身にもその矢が当たるでしょうから、その敵を討ち取らずに
退くことはしません。
ですが、戦いを好まぬ敵は、たとえ眼前に居たとしても、そのまま捨て置いて引き取るべきです。

敵であったとしても、今後我々に従えば味方になります。であれば、向かってこない者を殺すことを、
私は好みません。生かしておいて、我らに従わせる事こそ本意であると考えています。」

家康はこれに深く感心し、「お主は智仁勇兼備の者だ」と賞賛した。

(明良洪範)




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    作戦・戦略ガン無視の現場の勝手な判断かよ
    三河武士はこういうのばかりで大変そうだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    現場で状況判断できる侍と、その是非を見極める上役がいたことが三河武士の勝因でしょ
    勝手な現場と机上の首脳陣だとダメだけど

  3. 人間七七四年 | URL | -

    だとしたらうちの職場にもぜひ三河武士が大量に入ってきて欲しい所

  4. 人間七七四年 | URL | -

    織田家の蜂屋と関係が?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ほい既出
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-7799.html

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >作戦無視
    その敵を追い掛けて、それを万が一にも逆撃された方が余程堪らないと思うのだが?
    好んで採らなくて良い蜂の巣を突く奴は居ない。
    だからこそ判断が利いた行動を褒められてる話しじゃないの?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    往々にして、悪い評価や表現に聞くべき価値は少ない
    この逸話を「なんだよ、命令違反じゃねーかよ!それに気づいた俺スゲー」で止まってる
    「ふふ、命令違反だけど一理あるな。家康いい上司だなー。俺の状況でも生かせることはあるだろうか」
    とかまで考えての書き込みなら全てプラスになる

  8. 人間七七四年 | URL | -

    この話、家康は「楽勝で討取って手柄にできたのになんで?」って疑問に思っただけで、咎めてるんじゃないように思うんだけど

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8868-3a97303f
この記事へのトラックバック