FC2ブログ

一栗高春、東禅寺城に潜入する

2014年11月06日 18:54

154 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/05(水) 16:20:04.42 ID:bsemGf33
一栗高春、東禅寺城に潜入する

慶長6(1601)年、一栗高春最上義康の軍内にあり、上杉軍志駄義秀の篭る東禅寺城を攻めていた

一栗高春は東禅寺城の様子を見て廻り、搦手の東側が堀や塀が一・二重とやや手薄で本丸に近いと考え、忍び入り火をかけようと思い、配下から手練を選び、泳ぎの得意な者を三十余人を引き具し、
いっさい道もない難所から午前2時頃に忍び入り、塀の境界に辿り着き、家人等をそこに残すと一人堀を泳いで向こう岸に上がり、塀を登って城内に潜入した

潜り込んだ所は土蔵のある区画で城奥への通路は閉ざされ、それ以上奥へは簡単に行ける様子もなく、時折見回りの番兵が巡回していた

下手にこれ以上進んで敵に見つかってたいした武器の用意もないのに捕らえられても恥になるし、かと言ってそのまま帰陣するにも労多く骨折り損だと考えた高春は近くの土蔵の鍵を破ると、そこは上杉軍の火縄銃の火薬庫だった

高春は塀の傍に潜めさせていた手勢を呼び集め、土蔵内の硝煙や火薬をことごとく堀の水に沈めさせ、明け方近くに作業を終わらせるとまた堀を泳いで帰陣した

火薬庫を高春に破られた志駄勢からの鉄砲は散発的になり、東禅寺城攻めに高春は大きく貢献した

人々は「さすがの一栗!常人に出来ない事を平然とやってのけるなんて凄え!」と高春の活躍を褒め讃えた

高春はその功を攻め手の大将の最上義康にも大いに賞賛された

一栗高春のいくさ働きの記述

『奥羽永慶軍記』




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | tKQf3S82

    そこにシビれる!あこがれるゥ!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    火を付けに行って、火薬蔵みつけて火をつけないんだ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    火薬庫に火を付けたら、下手に自分まで吹っ飛ぶ恐れが。。。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1 で言われてた。てかはえーよw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    水掘泳ぐから、発破類が持参不可だったんちゃう?
    搦め手側に不寝番を置かなかったみたいね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >午前2時頃に忍び入り
    ここが凄いと思う。暗い中で目的にも明かりが用意出来ないだろうし。
    やっぱり当時の人は夜目が利いたのかな?
    しかも、どうやって「手勢を呼び集め」たんだろう?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    月齢によっては手を振るとか大きな動作なら離れてても見えそう
    満月の月光でなら新聞の見出し程度なら読めるし

  8. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    ヨタカやフクロウの鳴き声を真似た合図を送ったんだぜ絶対( ̄ー+ ̄)キリッ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    高春「ピカチュー」
    家人「合図だ!」←あ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    それなんて池田輝政?
    あっちは鶏だが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8875-098831c4
この記事へのトラックバック