FC2ブログ

浅野幸長と伊達政宗は

2014年11月16日 17:27

810 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 15:25:06.71 ID:1T7aCUnZ
浅野幸長伊達政宗は、最初大変仲が良かった。

政宗が小田原征伐に遅参し、秀吉から謁見を許されなかった時
その間を取り持ったのが幸長の父・長政であり
政宗にとって長政は「命の親」とも呼べる存在だった。

そのようなこともあり、征韓の際には「幸長を助けるために」と
政宗も共に軍を派遣する程、二人の仲は良好だったが
何故かその後、大変な不仲となった。

その理由は明確ではないが、『浅野考譜』にはこう伝わっている。

秀次事件の際、幸長は秀吉の勘気を蒙り、能登への蟄居の沙汰が下された。
これを伝え聞いた政宗が、夜中、女輿に乗って幸長に会いに来たが
幸長は人々の目を憚って政宗と会おうとはしなかった。

政宗は大変短慮な人だったので、
「自分は心から幸長の身を心配しているのに
それを顧みようとしないのは、ひとえに幸長が無礼だからである」
と怒った。

以来両者は、君臣共に絶交となったという。


(『浅野長政公伝』)



813 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 18:04:05.54 ID:O2pJ7Riw
>>810
不思議な事に大久保長安事件では名を連ねている両名

814 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 20:52:06.13 ID:lIO5SLnR
>>813
この二人、戦国逸話スレ情報などからして何故か真田のお兄ちゃんと仲がいいんだよなw

819 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 18:48:52.60 ID:VgWnhJNQ
>>814
そりゃ極悪親父にもまれりゃたいていの椰子は許せるようになるだろうw

スポンサーサイト





コメント

  1. 中木 寸六 | URL | -

    正宗公めんどくせーな.

  2. 人間七七四年 | URL | -

    蟄居の身相手に輿に乗って会いに来るって、小身の某彦左ならともかくある程度大身の政宗がそれしちゃダメでしょうに。

    まして女輿で…蟄居謹慎の浅野にすれば迷惑以外何もない

  3. 人間七七四年 | URL | -

    これは流石に政宗の好意の押し売りでしょう。秀吉の耳に入った時点でアウトなんだから、
    浅野家にしてみれば伊達家に累が及ばないように配慮せざるを得ないのだから、
    会わないのは当然。

  4. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    浅野家側の史料だからなぁ…
    確か浅野家と伊達家の絶縁って伊達家側からだと秀次事件の時に浅野家が取次なのに
    一切政宗を擁護しなかった(出来なかった?)のが直接的な原因じゃなかったっけ?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    どっちも巻き込まれてるから擁護できないよなあ…<伊達家と浅野家
    むしろ互いに擁護し合ったらそれこそ取り潰しの良い口実にされそう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >以来両者は、君臣共に絶交となったという。
    詰まり、豊臣と絶交。距離をとったという比喩ですね。その後の歴史を省みると

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8894-29acf27f
この記事へのトラックバック