FC2ブログ

雑談・みんなどうやって戦国時代に詳しくなったの?

2014年11月16日 17:27

798 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 06:44:53.54 ID:ecniO0zN
みんなどうやって戦国時代に詳しくなったの?初心者でも戦国時代に詳しくなれる決定版的な本があったら教えて

801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 07:49:34.94 ID:njtJOn+k
>>798
詳しくなろうとして詳しくなったんじゃないよ。
興味あることを追求していったら結果的に詳しくなっただけ。

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 09:16:10.37 ID:fAft7wW5
>>798
一冊で済む便利本は無い。
史実は置いといて、逸話だけで良いならまとめスレ読むだけでも大分充実する筈。

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 09:39:26.27 ID:HWNEqOw8
興味持った武将や大名家に関する歴史群像のムック本でも読めば
概説や通説は大体まとまってると思うから詳しくなった気分になれるぞ
スレチだけどな

804 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/11/16(日) 10:14:13.70 ID:bKs5HjYC
まあ戦国時代の何について詳しくなりたいのかでも、何を読むべきかは全然違うからなあ。
とりあえず総合的なものというのなら、大手出版社の出してる日本の歴史シリーズで、戦国史の巻を
読んでみるといいんじゃないかな?その場合はなるべく出版年が新しいものを選ぶのが大切

806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 10:25:34.84 ID:UlDy6aZ7
>>798
コンビニで月1に出る歴史人なんかおすすめ
誤字半端ないけど(笑)
俺は無理に記憶しようとかすると辛くなるからさらっと読んでおしまいにしてる
それに書く人の私見が酷いから一つの資料で知った風になるのは危険だし
いろんな資料読んでって詳しくなるのがベストだと思ってる
ここはムック本じゃお目にかかれない話の宝庫だから楽しいぜ

808 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 11:59:40.04 ID:T0rCjJwx
ある程度行くとコンビニのムックはなんか我慢できなくなる

809 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 12:47:13.22 ID:1sq92kX4
コンビニのはときどき刷り直しっぽくでてくるので助かる。絵が多いから見やすい。

815 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 21:55:03.77 ID:pGddJ81O
>>798
とりあえず地元と縁のある武将の本を読みまくって
関連人物へと広げていくのがやりやすいんじゃないか
自分はそうだったし
地元の武将なら地元の書店の郷土史のコーナーにわりとマニアックなものも
置いてあったりする

ただ>>798の出身が沖縄・北海道なら乙

816 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/16(日) 22:00:50.60 ID:njtJOn+k

>>815
沖縄なら乙だけど、北海道ならルーツは内地のどこかじゃね?

817 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 00:45:53.34 ID:ETEbGhSa
沖縄だって別にええじゃないか
明と島津にいいようにされとるが

818 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 12:50:36.26 ID:oxawx0Ei
北海道には蝦夷共和国こと徳川遺臣武士団領があったじゃないか
時代が違うけど…

820 名前:名無し募集中。。。[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 20:57:53.52 ID:QTnce7k2
>>798
信長の野望の戦国群雄伝説、武将風雲録、覇王伝あたりの
武将ファイルや大辞典だな

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    コンビニムックはたまにとんでも論の地雷があるから危険

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信長が好きで色々調べてたら、なんか本ごとに言ってる事が違ってて、
    ホントはこの「信長公記」ってのにどう書かれてるんだ?と思い、信長公記の現代語訳を購入したのが全ての始まり
    以来、巷の本に書かれてることがいかにアテにならないかという事を思い知り、考えながら本を読むクセがついた

  3. 人間七七四年 | URL | -

    歴史人だって!?あんな逸話も何もごっちゃないい加減な本を人に薦めるなよ!!w
    普通に漫画・ゲーム・ドラマから入るのでも良いし、本でも読めば自然と覚える。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ雑誌や漫画・ドラマなんかは間違いはあっても、切っ掛けにはなるよね

    そこから二次史料、更に一次史料にまで手を広げるくらい興が乗るかどうかなんだろうな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    最初のきっかけは、「学研まんが人物日本史」シリーズ。

    最初の12巻は歴史漫画として志が高いというか、
    政治の地味な判断の部分も結構書いてあったんだけど、
    NHK大河ドラマに合わせて新刊が出たり、
    政治家とまでいえない人気武将が主人公の巻が出たりで、
    逆に冷めていった。


    時代的にスレ違いになるけど、「平将門」の巻で、
    将門たちが関東で武力闘争をしているのに
    朝廷に呼び出されて京都に向かう、
    みたいな感覚が子供時代にはよくわからなかった。
    逆に言うと、そんな難しいことを
    よく子供向けに頑張って描こうと思ったもんだ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    よう俺。学校の図書館に置かれてたそれら(学研の漫画)を読んで、それがきっかけで当時放送してた大河(作品名出したら世代モロバレしそうだからちょっと伏せるけど)見て、本格的に歴史物にハマってったなぁ...
    戦国じゃないけど、他にもミイラ君と女の子と帽子のおじさんが出てくる漫画(作品名忘れた)も読んでたなぁ...そっちは近所の市立図書館で読んでたけど

  7. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    世界史だけど自分は手塚治虫監修の漫画
    宇宙人が各時代を観察していくやつ
    あれを小学生高学年くらいに読んでからかな
    で、光栄の三國志や信長を遊びはじめた
    中学のときはクラブで文語体の手紙や書物を現代訳したり近所の古墳巡りしたりしてた
    そして鍋島家(幕臣)の領地があることも知ったっけ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    (`・ω・´)「某野望ゲームに決まってるんよ」
    光安「殿はたいてい酷評というか梟雄扱いされてますけどね」
    (´;ω;`)

  9. 人間七七四年 | URL | -

    きっかけは、色々だよ。
    自分は司馬作品からで、Wikipediaやブログや関連サイトを読み漁った。
    したら、諸説あったり、人により解釈違うわで、原文のニュアンスを、どうしても知りたくて、一次史料と二次史料ゲトして変体漢文を読み下しちゅう。
    市史や県史も、他市とは史料の整合はキッチリ検証はしてないから、速攻で物足りなくなった。
    何処まで深化するかで見るものは変わる

  10. 戦乱好之介 | URL | -

    まじで

    池田恒興が徳川家康の乳兄弟とか
    それなのに秀吉に付いたとか書いてて、
    二度見したわwコンビニまとめ本は当たりはずれがデカイ印象

  11. 人間七七四年 | URL | -

    中学高校の時は日本史ね資料集を他の授業の時も読んでたわw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    自分の場合は戦国時代に興味を持ったのはここ数年で、地元の新聞に週1で載っている
    歴史上の人物に関わる逸話を読んで興味が出始めて⇒「かいこ」様サイト⇒リンク紹介で
    ここに至ります。今は地元の神社や史跡を巡ったり、日帰りバスツアーに参加したり、
    市町村で実施している史跡めぐりに参加したり、講演会に行ってみたりしています。
    図書館では、郷土史を読んでいる最中ですね。複数の郷土史を見比べて自分なりの
    検証をしてはいますね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    最初は武将個人への興味→その家臣団個々人への関心→敵対勢力はどんな感じ?
    →その合戦の様子(地図帳&兵力想像)も知りたい→ちょっとくらいは古文書も読めたらいいな
    →城址めぐりで現地を見てみたい→世界の中の日本史を読書で俯瞰してみる……。

    現座も上の各項目については満足に分かってはいないが、知りたい事は増える一方なのであった(つづく)。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    13ですが

    ×現座
    ○現在

  15. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり赤モップて糞だわ

  16. 人間七七四年 | URL | -

    信長の野望プレイ→武将ファイル購入→火間虫入道サイト→いい話悪い話まとめ→太閤立志伝

    土下座銅像とかなんぞ→東西南北のお兄ちゃんズカワイソス

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    「戦国の合戦99の謎」(彩図社)
    ↑これだなw見た瞬間投げたわw

    でも首を槍に刺して肩に担いでる騎乗中の前田利家の日本画とか挿絵は結構よかった
    これの出典が書いてなかったのが残念

  18. 人生七七四年 | URL | -

    自分はクラスの女の子から借りた漫画から入った。
    漫画は学校への持ち込み禁止だったのと
    男が少女漫画読んでるとからかわれるのがいやで
    見つからないよう隠れて読んだw

    そのうち「漫画ではこう書かれているが
    実際はどうだったのか」と思い始め、
    図書館に通いだした。
    親に褒められて一石二鳥。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    12ですが、16さん北のお兄ちゃんって誰
    ですか?

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    何となく津軽信建あたりじゃないかなぁとか思ったけど、
    ひょっとしたら伊達政宗かもしれない
    ほら、弟のことでだいぶ大変だったし(真顔)

  21. 人間七七四年 | URL | -

    地元の自称名士の本家の土蔵にあった本がいつの間にか武功夜話とやらになって出版されたので、周辺部落の住民に対して買えとうるさかったらしく、本棚に積んであったそれを読んで興味持ちました

  22. 12・19 | URL | -

    20さん、ありがとうございます。
    津軽信建の話をあらためて読んでみましたが…
    あと、まーくんを北のお兄ちゃんと呼ぶくらいなら、
    自分は鮭様を押しますが、そうすると16さんが書いた>東西南北のお兄ちゃんズカワイソス
    に確実になりますなぁ。
    >土下座銅像とかなんぞ
    泰平寺の銅像だけでも悔しいのに、数カ月前に何も知らずに、薩摩川内市の川内歴史資料館
    に行ってみたら…なんで泰平寺の銅像のレプリカがあるんですかぁぁ!!!
    こんなもの見とうはなかったぁぁ(涙)

  23. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代つーか、室町時代末の主に細川政元や日野富子に興味が向いたのは、「んじゃ、三英傑以前の畿内や室町御所や朝廷ってどうなんだろ?」って興味だったな。
    三英傑はさ、やたら創作物やら教科書の情報やらが多過でお腹一杯って感じだったよ。
    んで、それ以前の三好政権や両細川の乱、明応の政変とかを図書館やネットで調べまくった後から、三英傑の行動を見たら別の切り口から見られて面白くなったよ。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    16ですが
    北鮭様
    東真田信之
    南島津義久
    西毛利隆元
    と(個人では)想定してまふ

  25. 12・19 ・22 | URL | -

    16さん、有難うございます。
    やはり鮭様だったのですね。
    東西南のお兄ちゃんたちは定着しているけど、
    北のお兄ちゃんはまだ確定してませんものね。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    某野望から武将ファイル購入がキッカケたなあ
    編者の主観丸出しだつたのが面白かった

  27. ななし | URL | -

    誰もナムコ版独眼竜政宗から入った奴は居ねーのかよ
    独眼竜政宗→某野望→ホトトギス→太閤立志伝な順ではまって行きましたよっと
    全部兄貴の影響でやってた

  28. 人間七七四年 | URL | -

    親の酒飲み話に付き合って…ってのもいないなぁ。そんなもん?

    自分とこは物心付いた頃からテレビで歴史物出たりすると

    父「信長はあーだこーだ」
    自分「ほうほう、あ、そのサラミちょーだい」
    父「うんうん、食え食え。で、秀吉はどーのこーの」
    自分「ほうほう、あ、そのチーちくちょーだい」
    父「食え食え。で、家康は云々かんぬん…」
    自分「ほうほう、あ、そのスルメ~」

    万事この調子だった。

  29. 人間七七四年 | URL | -

    俺も「大河・ゲーム・小説→専門書→物足りねえ→どうせなら原本」
    て流れだったな。

    有名な人物の有名な話ですら、人によって180度解釈変わったりするし
    どれが本当なんだよ、もう良いよ自分で調べるよ!てなって
    気づいた時には本棚が歴史本でパンパンになる病にかかっていた。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8895-191a3529
この記事へのトラックバック