FC2ブログ

鍋の底に焦げ付いた飯は

2014年11月17日 18:55

211 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 15:19:58.83 ID:N9ed95oq
我々の間では鍋の底に焦げ付いた飯は戸外に捨てるか、犬に食わせる。
日本ではそれは食後の果物である。またはそれを終わりに飲む湯の中に投ずる。

ルイス・フロイス「ヨーロッパ文化と日本文化」より)

なんだかネット上では米粒を全部食べるのが卑しいとか言ってる人を時々見かけるが、
昔から日本人はこの通りなんで安心して残らず食べてもらいたい





212 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 15:33:00.41 ID:TN6O4rZX
わざわざ土鍋でオコゲ付きの飯炊いとるというのに…

213 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 15:33:12.14 ID:oxawx0Ei
時代が進むほどわけわからんマナーや礼儀が増えすぎだよな

214 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 15:59:12.40 ID:dVHxTUJR
イタリアには米をチョコレートと牛乳で煮るお菓子があったはず、いつからかは解らないけど
ただ、日本米と違うから…一度作ったら酷い有り様だったよ

215 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/17(月) 18:34:27.81 ID:nHFdZbxf
ライスチョコレートケーキってやつか?
不味くはなさそうだが
米はポン菓子みたいにしてクランチにした方が美味そう

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ご飯だけは一粒残らず食べろとしつけられたがなあ。
    米を全部食べるのが卑しいって言ってる人って朝鮮系の人なんじゃないの?
    あっちは出された物を少し残すのがマナーだと聞いた事あるわ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    全部食べるのが卑しいからというより、
    相手に料理が足りないと催促しているように
    とられるからだったような・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    もともと日本じゃ出されたものは残さず全部食べるのが礼儀
    残す=口に合わない

    欧米でも基本的に出されたものは残さず食べるのが礼儀

    出されたものを全部食べると足りない、催促とみなして無礼とするのは、中国

    全部食べると無礼とか言ってる奴は馬鹿か中国人のどちらか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「え、残すって何...?」と本気でビックリした人間が通りますよっと
    少食気味だけど、自分や家族が作ったものは勿論、特に他人の家で出された料理はできる限り食べるようしてるから、残す文化があるとは知らなかった

    食物アレルギーとかあるなら残すのは仕方ないと思うけどさ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    食う方の心構えとしては残さず綺麗にでええと思うけど、
    もてなす側に足りないことへの恐怖があるのも確か
    空腹を経験した世代は特にそういう傾向があるし、
    田舎旅館なんかも無茶な量を並べるとこが結構ある

  6. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    今でも食事の終わりに食器に湯を注いで飲むところはある。禅宗の修行道場など。詳しいことは道元の典座教訓や赴粥飯法とかに出てる。そして出された飯をほんの一口残すのも僧侶の作法の一つで散飯・生飯(さば)と呼ばれる。食事後、皆の残した飯を集めて餓鬼への供養ということで庭にまき、鳥や獣に施す。どちらの作法も世間に伝わって意味や形が次第に変化しながら広がっていったんだろうな。

    典座教訓・赴粥飯法は講談社学術文庫から現代語訳の文庫本が出てるのでオススメ。幼い頃寺で修行した武家の子弟がどう過ごしたかという妄想もちょっと深化します

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    それは大陸の風潮であって、日本の風潮ではないね。
    中国とかは貴方が言った理由で残すのが礼儀。
    また、相手も残すような量を出してくる。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    日本でも田舎には食えないほど出すのが礼儀ってとこはありますよ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    それこそ中国には満漢全席みたいな残すことを前提にしたものがあるしなあ
    食べ尽くされるのは出した側からはケチくさい、出された方からは意地汚いみたいな感じになる
    中国ではそのせいで食べ放題系の店がうまくいかない

  10. 2 | URL | -

    7さん、ありがとうございました。
    中国・韓国では残すのが礼儀だったと覚えてはいたのですが、すこしうろ覚え
    だったので、あのような書き方になってしまいました。
    6さんの言われていた、>出された飯をほんの一口残すのも僧侶の作法の一つで散飯・生飯(さば)
    と呼ばれる。食事後、皆の残した飯を集めて餓鬼への供養ということで庭にまき、
    鳥や獣に施す。
    この作法は京都に行った時に、妙心寺塔頭 東林院で「東林院 小豆粥で初春を祝う会」
    で行われていました。
    (こちらでは食前に「さば器」に客が小豆粥の米7粒を置き、本物の儀式は住職が取り行う
    そうです)
    食事五観文を読んで小豆粥をいただきました。薄味ですが美味しかったです。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず出された飯はきっちり食おうぜ>米屋

    関係ないがライスチョコケーキはまずくはない。むしろどうやってまずく作れるのか教えてくれ。米を小麦粉や卵のようなつなぎ代わりにするだけなので、他のケーキ類より失敗は少ない(はず)。フワフワを望むなら無理だけどね~(ほぼガトーショコラ)。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    もてなす側が食べきれないくらい出して、もてなされる側がそれを汲んで残すって考えも文化として理解はできるけどね

    日本では米を一粒残さず食べる方がメジャーな躾だわなー
    昔は飢饉だってあったんだし、戦中戦後の食糧難を考えると残すなんてもったいなくてできんわ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    残す前提の場合だとホスト側の食う分が含まれてたりするからね。
    これは食っちまったら当然恨まれるw

  14. 人間七七四年 | URL | -

    >食べ物残す
    昔は、「残すのはお米を作ってくれたお百姓さんに失礼」と言われたものだけどねぇ。
    多分だけど、外人が日本人のフリして書きこしたか、卑しいと云う部分を履き違えてる
    大馬鹿野郎だと思うけど?

    わざと残さないとならない文化・風習と、汚い残し方をごっちゃにしちゃいかんよね。
    それに最近の中国でも「食べきれない量を頼むのは無礼で無様」と云う人が多くなってるよ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代の話しじゃないが鍋底に残った飯に水を入れ発酵させてって話読んだことあるなぁ。出典も失念したけど。
    そもそも米粒はくっつくもんやから湯か水で直ぐすすぐかしないと大変やろ。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    炊いた後に釜からおひつに移すのが、
    かまど焚きだったはず。
    昔は鉄の釜だったから、そのままだと、
    余熱で焦げ付いてしまうから。
    失敗すると大惨事・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8899-d1c4324f
この記事へのトラックバック