FC2ブログ

可児才蔵と若武者、使者に出る・いい話

2009年01月05日 00:15

786 名前:既出なら御免[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 08:11:03 ID:DkMfgPLi
関が原合戦のとき、
福島正則の配下であった可児才蔵ともう一人の若武者は主君正則に他部隊への使者を頼まれた。

竹束(鉄砲や矢を防ぐ置き盾のようなもの)の外を通ると危険だが早くつく。
反面、内を通ると安全だが遅い。血気にはやる若武者は外を通ったが、
一方、武勇で知られる可児才蔵は意外にも安全を期し内を通った。
もちろん若武者は早く現場に到着し、才蔵はそれに遅れた。
二人が合流したとき、反省したのは若武者だった。
若武者「才蔵殿は正しかった。外は敵の矢、鉄砲がすさまじく、己は運良く命拾いをしたに過ぎない」
これを受けて才蔵
「本当は自分も、早くたどり着く外を通りたかったが、
途中で撃ち殺されれば使者の役目を果たせなかっただろう。それでは軍律違反になるので控えた。
だが、もはや使者の用は終ったので、今は撃ち殺されても別に差し支えはない」
と言い、若武者が帰りは竹束の内を通ったのに対し、才蔵は悠々と竹束の外を通って帰った。
(武者物語より)



788 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 10:09:23 ID:hFKkG3KQ
才蔵らしくないと思ったら落ちに笑った
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/890-303ef684
    この記事へのトラックバック