近江に蒲生忠三郎という利口なる若者がいる

2014年11月21日 18:43

225 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/21(金) 00:23:41.07 ID:DkPo+BuD
ある時内藤修理(昌豊)が言われた

「俵藤太(藤原秀郷)の子孫は、近江国日野の蒲生の一党である。
今、近江に蒲生忠三郎(氏郷)という利口なる若者がいる。これは三河の家康などに少し相似た武士で、
江州においては浅井備前守(長政)に次いで、この忠三郎が心ばせあると聞き及んでいる。

かの蒲生の家は、交互に一代弱く一代強い状態が続いているという。その理由は、かつて先祖の
俵藤太は王威を以って平将門公を討った。しかし将門も名大将であったので、それを討った罰があり、
討った功徳と罰の両方が、かの家の侍大将に、順番に弱み、強みと成って現れるのだそうだ。

忠三郎の親(蒲生賢秀)に対して、下劣な者共が作った歌に
『日野の蒲生は武者けたよ 陣と申せばしもごしおこる。具足をうりやれ衣めせ』
(日野の蒲生は武者ぶっているだけだ。戦と聞けば臆病風に吹かれている。具足を売って風よけの衣を召したほうが良い)
こう歌われたそうだ。

しかしその子の忠三郎は、世の常ならぬ若者と聞く。親と子は違うものだ。

(甲陽軍鑑)

甲陽軍鑑に見える、若き日の蒲生氏郷の評判である。




226 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/21(金) 00:45:21.19 ID:kZjBsizg
>>225
小山・結城「...」

227 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/21(金) 12:07:48.52 ID:jRwsxZfR
父ちゃん散々な言われようだな

228 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/21(金) 12:58:53.30 ID:WlCvwZtb
蒲生のメイン盾ですので

229 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/11/21(金) 19:48:11.61 ID:pAQqNgnM
さすが名門藤原氏の蒲生家
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    どうしていつも蒲生賢秀が臆病者、無能みたいに言われるんだろうな?
    本能寺の変の時の行動とか見てたら、臆病者でも無能でもないだろ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    甲陽軍鑑って、全部とは言わんが「後出しジャンケン」が多いってイメージがあるなぁ・・・
    この蒲生氏郷の件とか、家康アゲなところとか
    多分、俺の偏見なんだろうけど

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    いや、それはごく自然な見方だと思うよ

  4. 人間七七四年 | URL | wZ.hFnaU

    蒲生賢秀に関しては老人雑話にも同じ歌が出ているので、そういう
    悪い評判をされていは人だったのは事実だと思われる

  5. 人間七七四年 | URL | -

    これで勝つる!と言ってあげる人はいないの
    色んな意味で

  6. 人間七七四年 | URL | -

    当時の意味合いで臆病って言葉が慎重って意味も含まれてる。
    例えば他の武将達が猛々しい発言や行動をしても、それに追従しなかったら
    やはり一歩引いた目で見られると思う。
    また、親父さんが大々的な失敗等をした文献も無い。1さんも言ってるが、本当に
    無能臆病の類なら安土城の留守居も任されないし、撤退の所作も嘘になる。

  7. 人間七七四年 | URL | 110ru34.

    ※6
    やっぱり、この話みたいに↓

    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-6406.html
    『小早川隆景は仮病を使って断り続けていた。何故か?』

    とにかく突撃することが美点とされて、先を考えて動く人は、"臆病者"、"うつけ"って言われる。
    ・・・そんな事も多々あったんですかねぇ。

    まぁ、今の時代でもそんなもんですけども。(´・ω・)<確かに、考えるのってめんどい

  8. 人間七七四年 | URL | -

    黒田長政「突撃も調略もできる私が最強だな」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    官兵衛「甲斐よ、私の目を見てもう一度申してみよ」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    真田弾正お祖父ちゃんも、長野家では臆病呼ばわりされてて、
    やっぱり歌にされてたって、海音寺潮五郎が言ってた。

  11. 人間七七四年 | URL | -


    この親子関係は、いく世紀経ってもネタになる。心が温まるものがあるね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8911-aa80b96e
この記事へのトラックバック