FC2ブログ

雑談・お前真柄太刀とか見ても同じ事いえんの?

2014年11月26日 18:50

247 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/24(月) 15:43:36.06 ID:aquGLh07
力が何人力とか 身長が何尺とか 鬼のような形相とか
きっとみんな商人が広めたデマなんだろうなw

248 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 10:36:10.77 ID:FmfheQU+
でも、お前真柄太刀とか見ても同じ事いえんの?
http://blog-imgs-29.fc2.com/i/i/w/iiwarui/201009182308588db.jpg
0918真柄

249 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 10:41:43.48 ID:WhRRnt9D
すごく・・・大きいです

250 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 11:32:37.59 ID:DMqDUz7I
こんな刀マジであったんだ
あと下駄でかすぎww

251 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 11:44:46.81 ID:4swRdCUK
巨人かよ!
もはやサイクロプス

252 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 11:49:13.28 ID:8pNJf9Eq
家康は信玄公の軍配ですと小幡に渡された鉄の軍配を重たいから偽物だ!とか言ったんだっけ
実際は信玄公は病弱な優男なんかじゃなくてムキムキのシュワちゃんだったかも知れんな

253 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 12:24:29.36 ID:itcuihCJ
戦国大名ってだいたいがムキムキなイメージ。鮭様、氏郷とか。

254 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 12:35:06.18 ID:35UzkoaH
>>248
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/b8/Otegine_replica.jpg
Otegine_replica.jpg

御手杵でもかなわないかな

255 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 12:39:48.80 ID:ZRAx/03K
南北朝時代は、ガチで実戦に使われたらしい2メートル近い大太刀が結構残っているので、
南北朝の武者は本当にそんな化け物みたいな刀を振り回していたらしい。
つまり上杉謙信なんかが「今の武士は昔に比べて軟弱になった」と言っていたのは本当だった模様。

256 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 12:41:06.26 ID:4r3DWBBM
戦国時代より南北朝時代のほうが戦が激しかったのかな?

257 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 12:51:34.99 ID:8pNJf9Eq
鎮西八郎為朝なんてすげーよな 弓矢一発で船沈めてるんだぜ

258 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 13:04:48.49 ID:X7Moquml
>>256
南北朝時代の武士は戦士、戦国時代の武士は前線指揮官
みたいな感じじゃないかな

259 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 13:14:00.87 ID:KZmRI0PM
秀吉は名刀でも身の丈にあった刀身に打ち直してるから
南北朝時代の侍とは色々と価値観が違うんだろうな

260 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 13:14:17.94 ID:4r3DWBBM
>>258
軍隊として組織化、統率があまりされていなかったってことか

261 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 13:22:42.72 ID:Apt1wuwD
尻軽に袋叩きにされればどんな芸者でも無理だもんな

262 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 13:26:21.54 ID:ZRAx/03K
というか戦国期と南北朝期は戦術がかなり違ってて、南北朝期は近接打撃系の兵種である、重装備の
打物騎兵、打物歩兵の全盛時代だったのね。長大で重たい刀や棒状の武器を振り回して敵をボコってた。
当時の重装歩兵は、戦場で通常7~8種類の打物武器を携えて戦っていたらしい。

263 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 14:19:40.24 ID:Y/qFInlu
だから足軽が誕生したんでつね!

264 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 14:23:05.46 ID:WhRRnt9D
まだ郎党制で武士と郎党で何でもやってた時代だからな
戦国後期の分業制の混成大隊の備編成とは戦術が全く違う

265 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/26(水) 17:35:50.67 ID:G7qfaeAX
つまり金棒や六角棒を振り回す坂東武者は時代遅れと

266 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/27(木) 00:09:21.60 ID:uHC5GE3U
陸戦型モンスターは別腹で

267 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/27(木) 09:22:15.68 ID:men4wEJ4
どうせ槍衾の前には無力

268 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/27(木) 10:32:57.24 ID:ES8ycioI
>>265
荒くれ坂東武者からはイメージしにくいが
実は軍制は西日本よりも関東の方が進んでたんじゃないかという説もある

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    261が理解できない俺はアスペなのだろうか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    武芸者と入れて武を消しちゃったんだろな
    まぁ武がなければ一層袋叩きだわ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    律令軍や戦国後期の備みたいな統率された部隊や
    平安鎌倉の華麗な弓騎兵もかっこいいけど
    南北朝~戦国前期の大太刀・斧・鈍器でヒャッハーも独特の魅力があるよね
    時代の知名度の低さのせいかなかなか認知されないスタイルだけど

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1&2
    小説だけど、池波正太郎の『剣客商売』に「昔は芸者と言ったら武芸に秀でた者の事を指したのに云々」みたいな記述がある。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    金棒みたいな武器と聞いて真っ先に鮭様思い出したわ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    なるほど。鮭様は古風な戦い方を貫こうとしたんだな。

  7. ※1 | URL | -

    や、芸者もだけど尻軽もおかしくないかな?

  8. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    自分と同じ身長、東の苦労お兄ちゃんとか昔もデカイ人居るしなぁ
    自分なんて鍛えてないから、信幸公とかガチムチだったんだろうな

  9. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    修正、
    自分と同じ身長、東の苦労お兄ちゃんとか昔もデカイ人居るしなぁ
    自分なんて鍛えてないヒョロ松だから、信幸公とかガチムチだったんだろうな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    神社なんかへの奉納用だろ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    そういう意味では役者もね、いつしか俳優の代名詞に…

  12. 人間七七四年 | URL | -

    村の入り口にでっかい草鞋をかけておくのはどこの風習だったかな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    足軽兵制を導入したのが太田道灌でなかったか?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    武器だけ見るので異様に感じるだけでは。馬乗って鞍に引っ掛けて初めて安定する大鎧にダメージ通さなきゃなんないもんね。足軽の胴丸とはわけが違う

  15. 人間七七四年 | URL | -

    平安、鎌倉と戦国中期からの戦のスタイルはなんとなく想像できるけど
    南北朝から戦国初期は想像出来ないな。本でも探してみるか

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    刀身を調べてみたら血が残ってたとかなんとか

  17. 人間七七四年 | URL | -

    大山祇神社に奉納されていた大森彦七の大太刀もあちこちに刃こぼれがあってぞっとしたなぁ
    あんなもの振り回わせる臂力とあの大太刀で息の根を止められた人が居るんだなって凄くリアルだった

  18. 人間七七四年 | URL | -

    日本号も実際に使われていたと思われる傷がいくつもあって、
    あんな大きい槍を使いこなせるなんて…と驚いてしまいましたよ。

  19. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    室町時代は尊氏兄弟の南北朝を巻き込んだ壮大な兄弟喧嘩に始まり、
    義満の代でさえ幾つか大きな守護大名の乱が起きてる修羅の時代だからな
    絶対王政確立前の欧州みたいなもんで
    守護大名家中の乱も含めるとかなりヒャッハーな時代

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8918-e9c2dd29
この記事へのトラックバック