さても越後の輝虎様は

2014年11月29日 18:46

915 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/29(土) 03:47:33.64 ID:WE4+AOvd
いづれの家でも,勝利を失った大将を,諸人誉めても軽んじる.
まず信州平賀成頼,なかなかの名大将との評判であったが,武田二十六代目信虎公に討ち負けて討ち死にすれば,その名は伝わらなかった.
越後長尾為景,越中のはっきりした大将がないばらばらの侍共と戦って討ち死にしたので,子息輝虎の十分の一も四方に名を知られていない.
信州更科の村上殿,浅からぬ覚えの大将と言われども,武田二十七代目の信玄入道晴信公に打ち負けて,自分の持分を捨てて越後へ立ち退き,
自分より若い輝虎頼みなさったので,諸人村上殿をほめない.
しかし長尾輝虎,越中・加賀の衆に負けられても,どうしてか名高く言われているのかと思うであろう.
それは,輝虎後に工夫して,加賀・越中の大将の居ないばらばらの侍を,北条氏康・武田信玄などのようにまともにあたったので,後れを取ったのであり,
かかる一揆にはみだりに攻めるべきだと,輝虎は家中の者を勝手気ままに攻めさせたので,翌年の合戦は大いに輝虎は勝たれて,
加賀の尾山というところまで追い討ちなされた.
是は尋常ではない弓矢の上手で,日本国中の末代までの手本となるだろう.
しかれども,下劣なる者は武勇がわからず,歌を作って歌った.
その歌は,「さても越後の輝虎様は,関東おもてはおてらしあげるな,加賀の鑓にはおくもりあり候候」と歌う.
(甲陽軍鑑)

たとえ謙信でも負け戦で馬鹿にされるもんなんだなあ





スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ゲリラ最強説

  2. 人間七七四年 | URL | -

    命は軽く、名は重い。(大将は除く)
    って大意ならヤダなあ〜

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8922-1aaa60c3
この記事へのトラックバック