と、ここで桐若は思った

2014年11月30日 17:35

919 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 02:42:13.18 ID:pLG88mxo
黒田官兵衛の家臣である秦桐若は、敵の首を三十三取り、首供養を果たしたほどの勇者であった。
天正10年山崎合戦の時、大いに傷を受けたが、ともかくも治療し、創口は既に癒えたものの、
未だ全快には至らなかったため、翌年正月、摂津国有馬の温泉へ行き湯治をしたところ、
幾日もたたない内に体調も平癒し、創口も完全に癒えた。

と、ここで桐若は思った。
「この有馬の湯の妙なる事、入浴しただけでも傷を癒やすことが出来た。
であればこの湯を飲めば、その功より効くのではないか?」

そして柄杓に三杯ほど飲んでみたところ、たちまち腹痛を起こし、激しい下痢に襲われ、
これによって再び創口も開き、身体衰弱して死んだ。享年四十二歳であった。

官兵衛はこれを聞き、「私の利剣が折れてしまったようだ」と、甚だ惜しみ悲しんだという。
(黒田家臣伝)




920 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 02:49:14.40 ID:tguffU65
垢が浮いた湯を飲んだのだろう

921 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 04:38:45.75 ID:4+dTxvQd
>>919
これ風評被害の元になるだろ。
有馬温泉、今でもあるのに

922 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 05:17:41.12 ID:yMxNelkf
美女が入った温泉なら飲めるよね?
http://i.imgur.com/SgYzZGm.jpg

923 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 05:53:20.69 ID:nCdId23L
>>922
精神的ブラクラ注意

それはそれとして、有馬の金泉は錆臭くて飲めたもんじゃないよ

925 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 10:19:25.19 ID:qErjAoXQ
>>919
子供じゃないんだから…ってふと思ったんだけど、昔の温泉て今で言えば「秀吉と混浴なう」みたいな事ってあったんだろうか
「見てあの黒田さんのとこの…温泉飲んでるし」…[って

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    秀吉が、長寿にあやかりたくて、長寿家系で有名だった茂庭綱元の入ったお湯
    飲んだとかなかったっけ
    美女ならともかくおっさんの入った湯…
    そこまでして長生きしたかったのか

  2. 人間七七四年 | URL | -

    一応金泉も銀泉も飲用可だそうだが
    300ml程度にしておけ(フッ素を含む為)とか
    効能が慢性便秘ってあるから
    大量に飲んだ結果腹を下したのかもしれんな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    柄杓三杯くらいならそんなことになるような量じゃないと思うが・・・
    柄杓が無茶苦茶でかかったんだろうか?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    なんか禁忌症があったかもね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    腹痛に下痢って、どう見てもレジオネラ菌かアメーバにやられたな?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    今やってるところはきっと水質基準を守ってるだろうし
    風評被害はないんじゃないですかね

  7. 人間七七四年 | URL | -

    レジオネラ菌の日本名は『在郷軍人病』だったかな?
    なかなか武士に相応しい病名じゃないか

  8. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    レジオネラ菌
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%83%A9

    在郷軍人病は、日本名というより、当初名付けられた英名の直訳っぽい。
    あと、1976年に初めて報告されたくらいなので、戦国時代にはまだ感染症を引き起こしてなかったんでは

  9. 人間七七四年 | URL | -

    コメ1

    医学知識に乏しい上にこの時代の人は生の欲求が現代よりはるかに濃いだろうから、やれることはなんでもするだろうさ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    小さいペットボトル(350ml)より少ない量なんだから
    そこそこの大きさの柄杓×3杯だと余裕でオーバーするんじゃないか?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    厄年だし。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※1 そんな逸話あったっけ?

    茂庭(鬼庭)家が長寿続きなのをしって、太閤が召し出してその秘訣を聞いたところ、

    「特に秘訣と言うのはございませんが、飯を食べた後の椀に白湯を入れて何杯も飲むことをしております。」

    って答えたのを喜んで聞き入れた。

    てのは大河(「独眼竜政宗」)でも出ていた有名な逸話だが。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    現代でさえレジオネラ菌とかスーパー銭湯で感染して死ぬ人がいるくらいだから、昔の温泉ならむべなるかな、って感じなんだろうな。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    宮本武蔵「つまり、風呂に入らない者が勝ち組と言う訳か」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    日本の一部地域、一部階層が文明開化してる時期でも墓掘り返した時の
    甕の中にたまった水が結核の薬として飲まれてた

    おっさんのダシ汁と屍からの湧き水、どっちかって言われたらどっち飲む?

  16. 人間七七四年 | URL | -

    こんなので風評被害とか言い出す奴って、きっと詰まらない事で重箱の隅を突く
    PTAみたいな奴なんだろうな。プーさんは下半身裸だから卑猥とか。
    なら、信玄の隠し湯なんて大量殺人者が切り開いた湯だろうがw

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    なんやそれ…
    お米一粒だに無駄にしないで!って心掛けが良いのかなあ…

  18. 人間七七四年 | URL | -

    こんな死に方したくねー400年後まで公伝されたくねえーよー!

  19. 人間七七四年 | URL | -

    秦桐若「温泉に浸かったら体の傷が治った、飲んだらもっとええんやないか?」

    グビグビ・・・

    秦桐若「あああああああああああああああああああああああああああああ(ブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)」

    死亡

    嫌な死に方だな・・・

  20. 人間七七四年 | URL | -

    昭和天皇の全国行脚のときにもその後の温泉のおゆを飲んだって話があったなぁ

  21. 人間七七四年 | URL | -

    なんかどっかにこの逸話なかった?

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    食後に必ず白湯を飲むと決める
    →満腹の上に白湯を飲むと苦しくなる
    →腹八分で食事を止めるようになる

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8925-0bd9b5c2
この記事へのトラックバック