武田信玄の屏風

2014年12月05日 18:31

308 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/05(金) 10:00:37.77 ID:B+kjcUVK
武田信玄の屏風

武田信玄は甲斐の太守で人傑(英雄・才武に優れた人物)を好んだ。
その信玄は寝室の枕元に日の本の名だたる武将の名を記し「敵としてでも一度は相まみえてみたいものである」と語ったと言われる

屏風には遠く九州は戸次鑑連・湯布らの名が記されてあったが、我ら最上家に仕える伊良子宗牛爺(翁)の名も頭から十指に入る内に記されていたと聞く

「最上記(上山満兼生涯之事)」「山形古話」ほか

信玄公がチョイスした残りの人物名が気になるところ




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | 1wIl0x2Y

    天庵さま「謙信に敵と認められたワシの名前もあるじゃろ」
    大関高増「それがしの名前もあったって」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    信虎「これ裏にわしの名前が書いてあって線で塗りつぶされとるんじゃが」

    義信「某も…」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    信玄が道雪入道に会いたいといった逸話の派生の一つか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ??「寝室には悪人の肖像画だろjk」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「一度は相まみえてみたいものである(意味深)」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    信玄「夢で逢えたらアッー」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    高坂弾正「何でホモが湧いてるんですかねえ…」(すっとぼけ)

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >4さん
    悪久さんの肖像画も置いときますか?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    しかも東北まで伝わったバージョンか。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    伊良子宗牛は武田信虎に仕えていたといった話もある。出奔して最上家に仕えたまま重用されたから、晴信の代に戻らなかったのね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    「センゴク」の信長デスノートかな?

  12.   | URL | -

    >>4
    鬼島津「はて兄上、何故ご寝室にわが息子の肖像画を…?」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    12さん、もう8番で出てますよー

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    鬼島津「我が息子も飾るとは・・・・流石じゃ兄上」じゃないのか?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14殿
    >「我が息子も飾るとは・・・・流石じゃ兄上」
    って悪久の父として飾られるのを喜んでいる場合じゃないと思う。
    この話は、かいこさんの漫画で、義弘が「忠恒・・・お前って子はどうしてそうなの・・・
    そんな子に育てた覚え・・・ううっ
    お父さんもうお前にどう接すればいいのかおおおおおおん」
    というせりふが浮かんで頭から離れない。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    これには島津家の龍伯さんも懐疑的

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8933-273f5987
この記事へのトラックバック