島津忠豊の春川籠城戦

2014年12月06日 18:54

316 名前:人間七七四年[] 投稿日:2014/12/06(土) 06:14:24.80 ID:msPvcVEu
島津忠豊の春川籠城戦

 文禄元年(1592)初春。島津又七郎忠豊が守る朝鮮国江原道の春川(チュンチョン)城は、蜂起した義軍六万騎(公称)によって
二重三重に取り囲まれていた。

「奴らめ、撤退したのでは無かったのか」

 実は、春川城に敵軍が押し寄せてきたのは二度目。最初の時は即座に永平(ヨンピョン)の島津義弘に後詰を依頼。
即座に後詰の人数を催し駆けつけてくれたのだが、増援を遠望した敵軍は一戦も交える事なく退却してしまい、義弘勢も漢城などの守備の為に帰還していた。

 だが、撤退した筈の敵軍は後詰が引き上げると再び蜂起し、あっと言う間に春川城を包囲。攻め鼓を打ち、息もつかせぬ攻城戦を開始した。

 この時、城内の兵力は馬上三十数騎、兵五百余り。しかも頼みの城は普請中の未完成で防衛機能は不完全。忠豊は下知した。

「この城、普請も未だ丈夫ならず。殊更、後詰の勢を相待つ間も無し。是、十死一生なり」

 敵は圧倒的大軍で完全包囲され、逃げ場は無い。城は籠城に耐えず、援軍到着までの時間稼ぎは不可能。この絶体絶命の危機に際して、
主従の出した結論は―――

「善く戦う者は死せず! 助かる道は敵を撃滅せぃ!」
「「「チェスト―!」」」

 忠豊は寄せ手が城壁を乗り越えようとするまで接近させた上で、百丁の鉄炮で斉射十連。敵軍先手を敗走させるや、
全軍に真丸になって斬って出るよう下知。縦横無尽に懸け破った。
 敵軍は僅かの小勢に懸け立てられ、這々四方に引き退く。忠豊はこれを少々追い打ちし、軽々と城に引き取った。

 その時、討ち取る首級七十余り、左の耳と鼻を切って名護屋に献上し、感状を賜る。(征韓録)。
 別の史料では五百三十余りを討ち、うち二人は将だったので首塚を築いたとも。

 島津又七郎忠豊、後の豊久の籠城戦である。



318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/06(土) 14:01:45.80 ID:QX5TiB/d
>>315
なんというマッチョw

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    信長といいお豊久さんといい、意外にドリフで描かれてる姿は史実の姿に近いんじゃないか、ってくらいあの漫画のお兄さんで脳内再生余裕だったわw

    これが薩人マシーンか...あなおそろしや...w(薩隅の皆さんすみません)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >1さん
    いやいやいやいや、薩隅の人間は普段はのほほんで“てげてげ”(鹿児島の方言で適当)
    な人たちばかりですから!怒らなかったら怖くないですよー怒らなかったら。
    (by大隅国民)

  3. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    困ったらとりあえず突撃って思考が脳筋過ぎるw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    森長可「妖怪クビオイテケって怖そうだよね」
    蒲生氏郷・最上義光「ですよね」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代の頃の薩摩人はかなりフリーダムだったとか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    鬼もそうだが
    そこの妖怪銀鯰と妖怪鮭も黙っとけ

  7. 2 | URL | -

    >敵は圧倒的大軍で完全包囲され、逃げ場は無い。城は籠城に耐えず、
    援軍到着までの時間稼ぎは不可能。この絶体絶命の危機に際して、

    こんな状態じゃ敵を迎え撃つしか無いじゃないですか!
    このまま籠城しても命が無いし、だったら迎え撃った方が、
    命を落としても敵を1人でも多く減らせるし、場合によっては
    助かる可能性があるし(この場合は実際助かっている)
    ピンチをチャンスにしちゃっているのは凄いわぁ。

    2でも書いてますが、薩隅の人間は普段はのほほんで“てげてげ”なんですよ。
    ただ、ある歴史資料館に行ったとき説明書に薩隅の人間をカレーライスに
    例えていて、普段はのほほんで“てげてげ”でおおらかな“ライス”だが、
    ひとたび有事となると(大和政権の征服、戦国時代、幕末など)カレーがかかって
    (戦闘意欲旺盛になり)激辛カレーライス状態(戦闘民族の完成)となってしまうと…
    有事の際じゃなけれは、本当に怖くないですよー

  8. 人間七七四年 | URL | -

    つまり島津家はカレー将軍鼻田香作

  9. 人間七七四年 | URL | -

    カレーは飲み物だから、戦振りも敵を飲み込む勢いだったわけねw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    桜島の溶岩鍋でグッツグツに煮込まれたカレーか…

    ま、今ならそんなネーミングのご当地カレー普通にありそうだけどw

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ドリフはホントキャラの造形がいいからな

    ところで三方原で家康カレーとかでないかなー?

  12. 2 | URL | -

    ドリフターズ読んでる人多いのですね。
    (豊久が脳筋で書かれているらしいので、まだ読んだことはないです)
    自分で話をふっておいてなんですが、コメントがカレーでのボケばっかりに…
    10さんの
    >ま、今ならそんなネーミングのご当地カレー普通にありそうだけどw
    カレーは聞いたことはないですが、御守りで島津突破守というのがありますよ。
    お守りの入っている袋に、“あらゆる難関をみごと突破し前進できますように”
    と書いてありました…

  13. 人間七七四年 | URL | -

    現代の薩摩人もホモリンとか呼ばれてる人はかなりフリーダムやな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    豊久「首置いてけ!」
    ドリフ信長「あ、あの豊久さん」
    豊久「クビオイテケ!」
    ドリフ信長「ごめんね、残念な子でホントにごめん。勝家!ハゲネズミ!おまえらなんだかんだでいいやつだったんだな!(遠い目)」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    ほんこれ

  16. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    解決策としての方向性は正しいけど、
    実際にやってしまうのはおかしいだろw

  17. 人間七七四年 | URL | -

    16さん、おかしくないですって!
    大人数だからといって、攻撃諦めます、
    自害します。なんて考えは薩摩大隅だけでなく
    九州の人間にないだけなんですよ。

  18. 九州人 | URL | -

    ※16、17
    …まー、マジレスするなら、いわば背水の陣と同じ心理状態だから薩摩人でなくてもやるんじゃない?

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    ただし光秀テメーは殺す

    あとなんか負傷した薩摩武士が回復したらすっげーパワーアップしてた!
    って逸話ってないですかね?w

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >18さん
    17ですが、
    >いわば背水の陣と同じ心理状態だから薩摩人でなくてもやるんじゃない?
    自分もそう思います。寧ろそうじゃない事例を知りたいかも。
    あと19さんの
    >あとなんか負傷した薩摩武士が回復したらすっげーパワーアップしてた!
    って逸話ってないですかね?w
    これもあれば、知りたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8937-a658943d
この記事へのトラックバック