FC2ブログ

「殉死」について・悪い話

2009年01月06日 00:02

9 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 18:39:40 ID:2yk0bT16
「殉死」と言うものがありますね。
実はあれ、戦国時代には無かった風習だと言う事は、ご存知でしょうか?
毛利元就にも、武田信玄にも、上杉謙信にも織田信長にも豊臣秀吉にもそして徳川家康にも、
殉死者なんて一人もいやしません。

殉死が記録に現れるのは、慶長十二年(1607)、松平忠吉が病死した最、家臣三人が
殉じた、と、あるのが最初です。
徳川家康の体制が固まり、戦の無い社会が現実性を帯び始めた。そんな中で
本来戦闘技術者である武士が、戦闘の機会を奪われていく中、自らの主人への忠誠心と言う
ロマンチックな感情を表現する方向性として生まれたのが殉死。
今はそのように言われたりしています。まあ、流行だったんですね。

例えばこのスレでよく「井伊直政は家臣に慕われていなかった。何故なら
殉死者が独りもいないからだ。」などといわれることがありますが、コレはなくて当然なのです。

井伊家は、殉死など考えもしなかった、戦国の気風を濃厚に残した家であり、また、事あれば幕府軍の
先鋒を勤める家として意識として常在戦場の戦闘組織である事を強く求められた家でもありました。
そのような目的意識の濃厚な家風である以上、個人の都合で殉死なんて物をして、家中を
混乱させる事は害悪以外の何者でもなかったのです。

この殉死、寛文三年(1663)五月の改正武家諸法度において、「不義無益」の事として、
明確に禁止されました。

さて、この60年ほどの「殉死黄金時代」において、最もトピックを飾った殉死があります。
そう、誰あろう僕らの独眼流、伊達政宗公のものです。

寛永十三年、伊達政宗死去。
政宗が一人で逝くのは寂しいと言っていたのか、家臣のほうが政宗を一人で逝かすのは
危ないと思ったのか、もしくは伊達者らしく、ただ単に流行に乗っかっただけなのか、
政宗が死んだと解るや一気に十五人が殉死!しかも流石は政宗家臣、それだけじゃ終わらない。
今度は殉死した者の家臣5人も一緒に殉死!親亀小亀孫亀かおまえらは。
そんなこんなで計20人!コレには万天下が度肝を抜かれました。

その政宗の記録に挑戦したのが、DQN四天王として政宗と競い続けた細川忠興、の、息子
細川忠利。寛永十八年、忠利が亡くなると、伊達家に負けるな!の合言葉の元に一斉に
殉死開始!その数…計19人!残念、一人足りなかった!

こうして政宗への殉死の記録は、日本の殉死史上において、燦然たる記録を残したのでした。


そんな殉死ブームの只中、徳川家光が死んでも殉死しなかったとして批判された
知恵伊豆こと松平信綱が、こんな事を言っています。

「重臣の癖に個人の名誉のために勝手に殉死して、残された家の運営はどうするのよ?
武士の忠義ってのは主君個人じゃなく、家そのものに向けられるべきだっつーの。」

ボクもそう思います。



10 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 19:23:39 ID:4zReXJjY
そういや、安部一族も殉死がどうのこうので始まったよね。

11 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 20:13:04 ID:UsggtzJv
>>10
それこそ細川忠利の家臣って設定じゃなかったけ?

12 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 20:33:12 ID:pEwLsi2B
>>9
つ 葉隠

戦で功名を挙げられない、戦場で死ねない泰平の世がつらく苦しい武士もいたのよね。

柳生兵庫助の兄だったか叔父か、島原の乱が起きたら欣喜雀躍して遺書をしたため原城乗っ取りに参戦して即日討ち死に

「剣人として戦って戦って戦い抜いて、その上で斬り死にできる……こんなに嬉しいことはない!おさらばにごさいます」とかいう無茶苦茶な遺書が柳生ノ庄に着いた頃は、とっくに討ち死にした後だったとか。


13 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 20:34:02 ID:/GsAxnJC
鍋島勝茂なら、殉死24人。
その殉死者に殉死したのがさらに2人だよ。

ちなみに藩祖である親父・直茂には12人
鍋島家家来である鍋島茂賢には、その家来16人ばかりだけでなく、与力2名も殉死している

14 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 21:58:13 ID:ZDd/swP6
当時は武功がなく主君の引き立てで出世したような家臣は殉死すべき…って
風潮だったんだっけ
本物の戦国武士には奇異な風習だったのかな

19 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 23:40:03 ID:nW+9n5sH
>>9
輝宗の死の際に遠藤基信が墓の前で追い腹切ってるらしいけど、これは殉死に含めないの?
もろに戦国時代だよね?

20 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 23:49:20 ID:KrD2LBd0
>>9
全く無かったわけではないみたい。
天正13年(1585)に政宗の父、伊達輝宗が死んだ時は
遠藤元信や須田伯耆をはじめ殉死者数名が出ているよ。
他にも元亀2年(1571)に島津貴久が病死したときも殉死している。

菅野覚明の「武士道の逆襲」みたいな極端な本では従来の史観否定に走っているけど、
ああいうのは既存の価値観をひっくり返して話題作りをする事自体が目的なんだよな・・・

21 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 00:04:31 ID:8s+BFVsN
輝宗たんは理想のパパ

22 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 00:09:41 ID:C2gcuMwV
義姫「そして理想の夫。そんな夫を息子に射殺されましたが、なにか?」

23 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 00:11:12 ID:P6BX2VPM
神保「一発だけなら誤射かもしれない」

25 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/06(火) 01:04:21 ID:RDoRIAzc
幻庵を危なかっしい氏康のせいでオチオチと死ねなかっただろうな。

26 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 01:28:16 ID:yIIHPGGU
>>23
神保さん…あんた…

(´;ω;`)ウッ

27 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/06(火) 04:40:43 ID:oFrvVF+p
>>26
歴史に残る部隊総壊滅だからなぁw

32 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 12:51:10 ID:0gmxFg2O
>殉死
武家諸法度に殉死禁止が明記されたのは綱吉の時代だそうな
但し、幕府側は家光晩年には既に殉死を自粛するように求めてた
真田信之(92)に殉じた家老鈴木忠重(84)は幕府に書簡で信之との生前の約束がある事を充分に説明した上で幕府直々の許可を頂いてから殉死した
幕府の裁断をキチンと仰いだために信之の葬儀には間に合わず49日間際だったらしい
で、御老体の殉死はこれまたキチンと幕府に報告され、幕府からは御老体だから特例であると念を押されたそうだ
真田祭りにはこの鈴木家の子孫の方も来られる

決してお祭りで殉死してる訳ではない、…と思う
まあ、こんな人もいましたよって事で

33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 14:28:25 ID:tjw+JhlE
>>9
俺、薩摩島津氏しか知らんのだけど、つーか地元の郷土史しか知らんのだが
第11代当主の島津忠昌が1508年に自刃憤死した後に歴代島津氏で最初の殉死した
奈良原某って小姓上がりがいるんだが…これはカウントされないのかな

ついでに日新斎(1568没)にも三男の尚久(1562没)にも殉死者の墓が側にある
ちなみに自害させられた歳久たんは殉死者27名出してるほどの人気者…

佐土原藩祖となった島津以久・忠興父子の墓にも殉死者4~8人ぐらいおるぞ
織田信忠ゆかりの寺に仲良く墓が並んでる

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 18:31:49 ID:JGAnn8a/
>>32
裁断を待ってる間に死にかねない年齢だよな。
真田家には秘密の長寿法でも伝わってるのか?

40 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 18:42:20 ID:Usu+2yij
真田幸隆 61才
矢沢頼綱 79才
真田昌幸 65才
真田信尹 86才
真田信之 93才
真田信政 62才
真田幸道 71才
真田信弘 67才(養子)
真田幸弘 76才
真田幸貫 62才(養子)

どうやら長寿の秘術がありそうですねw
長生きはしたけど血筋は途絶えちゃったんだよね…

41 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 19:27:22 ID:AbVBiGBe
真田って最終的には伊達に飲み込まれたんだよね

42 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 19:29:27 ID:v+ozBoZ9
>>32
>真田信之(92)
嫁と父親と弟の事で苦労しなければもう少し長生きできただろうにな・・・

43 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/06(火) 19:41:34 ID:RDoRIAzc
>>42
どんだけ長生きさせるきかよw

44 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 20:02:28 ID:MQfIA86X
領地替えの時少しだけ鬱憤晴らしたな。あれで+10くらいか

61 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/07(水) 02:46:40 ID:BDsy/XZQ
>>42
わしも隆信がいなければあと20年は長生きできた…

63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/07(水) 02:51:09 ID:FwIbAZai
>>61
家兼お爺ちゃんもう寝ましょうね。
スポンサーサイト





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    >鈴木忠重
    出たり入ったりしても重臣にまで行ったのだから、優秀な人だったのかな?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    殉死が慶長十二年(1607)が初めてなら、
    永禄3年に亡くなってる尼子晴久の
    墓のそばの殉死者の墓は一体…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    足利義輝が死んだあとに殉死者がいたってフロイスさんが書いてるし、信長も本能寺に駆けつけて戦死した人たちがいた
    あと秀吉にはゲヒ殿の親父が殉死したらしい

  5. 人間七七四年 | URL | -

    松平信綱、は完璧な死にたくない奴の言い訳だな。
    会社休む時も、行きたく無いから後でもっともらしい言い訳を考えて電話で伝えるのと同じだな。
    松平信綱は武士の風上にもいおけぬ臆病な世俗主義のオカマだよ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    www
    なににせよ、やり遂げた男のみがカッコいいよな!

  7. 人間七七四年 | URL | -

    三十六歌仙該当者の皆様「俺たちも主君の我儘に殉じたといえない?」ヽ(*´∀`)ノ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    三河武士乙wwww

  9. 人間七七四年 | URL | -

    こーゆーのって、家風の違いも関係してきそうだな
    九州あたりのマッチョなお家は昔から盛んだったとかw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    米7
    主君のわがままなら嫁もそこに入りそうですね(^q^)

  11. 人間七七四年 | URL | -

    なんでこうやって平然と嘘をつく奴いるんだろ?
    遠藤が切腹してるの突っ込まれたら言い訳とか恥ずかしくないのかよ嘘つき坊主w

  12. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    記録って言ってるんだし藩とかの公的なものじゃないの?
    まあだからって無いって言い切っちゃってるのはあかんけど

    しかしまあ、※11もう少し言いようがあると思うけど?
    てか投稿者は再登場してる?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    大昔の記事を今更見て発狂してるのって夏休みキッズかな

  14. 人間七七四年 | URL | -

    南北朝時代の三島外記が細川頼之に殉じたのが最初の殉死と聞いたな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/894-2432d25c
この記事へのトラックバック