白鳥長久討たるるの亊

2014年12月07日 17:23

957 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/07(日) 12:30:28.15 ID:yNnhc+L4
白鳥長久討たるるの亊

※この話にもパターンがいくつかあります

さる日、志村黒兵衛(以降志村九郎兵衛=光安)は谷地の城取十郎義国(※以降白鳥長久)を訪ね
「山形の主(最上義光)が病に倒れ、明日をも知れぬ命であります
義光は稚姫さま(長久の娘)と嫡男義康君の婚姻の縁で大事を託せるのは白鳥様しかおられない
生きている内に幼少である義康君の後見人引いては最上家の後事を是非にお頼みしたいとの事で、山形城へとお越し願えませぬでしょうか」と深刻そうな面持ちで話をした

長久は席を少し外すと

「山形からの使者が最上義光が死に掛けていて、婚姻関係のよしみで後事を託したいと言って来ている
使者を待たせているがどうしたものだろう?」と谷地城を訪れていた羽柴勘十郎に尋ねた

勘十郎はそれを聞くと
最上義光は最近飛ぶ鳥を落とす勢いであったが、病に倒れ婚姻関係を頼りに後事を託したいと言って来ているのだ
子供の行く末を案じている親の心は大層不安であろう
彼の言を汲んで山形に見舞いに行ってあげなさい」と答えた

その頃山形城下では最上の家宰氏江尾張(※以降氏家守棟)が寺社を廻り
「殿(最上義光)の容態が思わしくない。急ぎ祈祷をしてくれ。今殿に倒れられる訳にはいかんのだ」と僧や山伏らに声を掛けていた

この様子は草の者によってつぶさに谷地の長久の下へと届けられていた

日を置かず今度は氏家守棟が谷地城の白鳥長久を訪ねて来た

守棟「主義光の病は悪化するばかりで、もう我らでは見守る事も辛うございます。是非是非生きている内に一目見舞うてやっては頂けませんでしょうか」

「仮に義光の策だとしても精兵を連れて行き、城の要所を押さえれば何事も問題なかろう」と長久は兵500と抱え大筒数十を供え、輿で山形へと向かった

長久が山形城御殿に着くと義光の病状は相当悪いと見え
一間には医師らが治療の評議の言い争いをし
また別の間では僧や山伏らが護摩を焚いたり経を一心不乱に唱えていた

奥の間にも上座下座に仏僧が並び座り、手に汗を流して法を取り行っていた

長久「ただ今、参りました」
守棟「おお、これはよくぞよくぞ
お供の方はそちらでお休みくだされ。長久様、殿の寝所はこちらになります」

959 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/07(日) 12:53:50.76 ID:yNnhc+L4
守棟「殿(義光)、長久様が遠路はるばるいらっしゃいましたぞ」

義光は顔を傾け目をそばめると喉から咳を二三し
「おぉ、おぉ、よくぞよくぞいらっしゃいました…
生きている内にお会い出来て本当に良かった…
志村に言伝を頼んだ様に嫡男義康は未だに幼少
私が死んだ後も実の息子の様に可愛がってやってくだされ
そればかりが心残りで…」と呻いた

長久は「義光殿、我等の仲ではございませんか」と感激して涙を流し、袖を濡らした

義光「ごふっ、尾張(守棟)…、系図を持て。長久様に託したい…。九郎(光安)、系図の説明を…」

氏家守棟が巻物を恭しく掲げ持ち、志村光安を連れて閨に入って来た

義光「…拡げてくれ…」

守棟が長久の目前の床に最上氏の系図を拡げた

義光「伝来の羽州探題を証明する、家宝の系図でござる…」

守棟と光安が長久の左右に付いた

義光「長久殿…」
長久「なにか?」

守棟と光安が長久の着物の袖をかすがいで床に抜い付け
はっと顔を上げた長久が最期に見た物は枕元の太刀を抜き、袈裟掛けに切り降ろす最上義光の姿だった

「山形軍談」ほか

油断している相手を拘束して斬殺する
ちょっと変わった謀事のお話




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    別に「他にもパターン」とか書かず、その原典通りに書けばええんやで

  2. 人間七七四年 | URL | -

    米1
    そのネタは既出だ既出だとうるさい連中を警戒してとのことかと

  3. 人間七七四年 | URL | -

    系図の中に匕首が巻き込んで隠してあるのかと思った

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「島津豊久」「次」
    「山口多聞」「次」
    「白鳥長久」←NEW!

    さすがに全国的にはマイナーでドリフターズは無理か

  5. 人間七七四年 | URL | -

    非業の死だから廃棄物側じゃないかなあ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    原典が別なら既出扱いはされへんし、同じならどうやっても既出って言われるで

  7. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)「おぉ、おぉ、よくぞいらっしゃいました・・・(鉄砕棒を弄びながら)

    白鳥長久「いやちょっとまて!元気じゃねーかおい!」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >7殿
    その顔文字で暗殺はやめてー

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >>6
    「前もこの話無かったか?」「重複だろ」を避ける為でっしゃろ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    (`・ω・´)「剛の者よくぞいらっしゃいました!」
    義光公例の鉄棒で白鳥をただ一打ちし、首をねぢ切って「おん敵討ち取ったり!」と咆哮するんですね、わかります

  11. 人間七七四年 | URL | aUAPFwoo

    守棟「主義光の病(大将なのに単騎掛けする癖)は悪化するばかりで(ry」

    ・・・かと思ってたw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    白鳥家、ある意味こうなっても仕方の無い、なまじの実力があるから
    目を付けられちゃったのね。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    やらない夫守棟「主やる夫義光のシスコンと中二病は悪化するばかりで、もう我らでは見守る事も辛うございます。」
    やる夫義光「!」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    だから「それじゃ避けられないよ」って教えてるわけで

  15. 人間七七四年 | URL | -

    普通、暗殺って家中の手練れとか剣術家にさせるよなあ。
    自分でやる人は珍しいんじゃないかなあ。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    別パターンがあると書いてあることにまで絡む人、なんなの…

    ※15
    普通の人はそんな無駄な自信ないからだろうね

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >15さん
    >普通、暗殺って家中の手練れとか剣術家にさせるよなあ。
    自分でやる人は珍しいんじゃないかなあ。

    三斎さんがしていますよね。
    悪久さんは自分でやる分は失敗もしているけど。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    >普通、暗殺って家中の手練れとか剣術家にさせるよなあ。

    つまり、最上家中では鮭様が手練れだったということジャマイカ。

    つーか実際、その辺の手練れに任せるよりか鮭様自ら手を下した方が確実そう・・・

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    延沢「俺だったら素手で首をブッコ抜けるし!
    太刀なんか必要ないし!」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    延沢「暗殺なんてめんどくさい事しないで、正面からガツンとやっちゃいましょうよ」
    (´・ω・`)「単騎突撃していいの?」
    守棟「!」

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    守棟「お主は目がギラギラし過ぎて、何を考えているか分かり過ぎるから却下じゃ。」

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    延沢「し、白鳥様、しばし!
    か、蚊がお首に止まっておりますれば、お頭をお差し出しくださりませっ!(脳筋)」

  23. 人間七七四年 | URL | -

    延沢「白鳥殿、着物にほつれが(天然)」
    べきっ ぐしゃ ポキッ ぶべら…

  24. 人間七七四年 | URL | -

    大将なのに突撃癖&シスコン&中二病気
    確かに自分の主君がこうなら家臣として見守るのも辛い
    改善するなら複数の医者に相談も加持祈祷も安いもんだ

  25. 人間七七四年 | URL | -

    >24殿
    >大将なのに突撃癖&シスコン&中二病気

    けど、それが鮭様の持ち味だと思うんだ…
    確かに家臣として見守るのが辛いと思うけれども。

  26. ※24 | URL | -

    ※24
    言われてみればそうだな
    そしてそうであるからこそ
    家臣である自分はしっかりせねばという気持ちにもなる

  27. ※24 | URL | -

    ミスった
    ※25宛だ

  28. 人間七七四年 | URL | -

    ※26
    菅谷「何だろう、そう書かれると最上家家臣に不思議な親近感が沸いてきました...」

  29. 人間七七四年 | URL | -

    〇〇「ふっふっふ、我は常陸ーの謀将…」

  30. 人間七七四年 | URL | -

    平手政秀「家臣である」
    土居宗珊「自分は」
    堀主水「しっかりせねば」

  31. 人間七七四年 | URL | -

    25です。
    >24・26殿
    >家臣である自分はしっかりせねばという気持ちにもなる
    鮭様だとそんな気持になりますね。

    けれど28殿、天庵様だと持ち味と言えるレベルで収まる話じゃないですから!!

  32. 人間七七四年 | URL | -

    名門の出身で
    鮭様(´・ω・`)「…(私だ)」
    天庵さま「…(私だ)」
    猫好きだと言われ
    鮭様(´・ω・`)「…(私だ)」
    天庵さま「…(私だ)」
    民からも慕われ
    鮭様(´・ω・`)「…(私だ)」
    天庵さま「…(私だ)」
    強大な敵と渡り合い
    鮭様(´・ω・`)「…(私だ)」
    天庵さま「…(私だ)」
    独眼竜と呼ばれた
    鮭様(´・ω・`)&天庵さま「政宗かよっ!」

  33. 人間七七四年 | URL | -

    家臣から諌められる話が複数あり
    鮭様(´・ω・`)「…(今度こそ私だ)」
    天庵さま「…(今度こそ私だ)」
    戦場で暴走したと言われ
    鮭様(´・ω・`)「…(やっぱり私だ)」
    天庵さま「…(やっぱり私だ)」
    時には上杉軍を相手にし
    鮭様(´・ω・`)「…(いよいよ私だ)」
    天庵さま「…(いよいよ私だ)」
    後世様々なゲームに登場
    鮭様(´・ω・`)「…(私だろ)」
    天庵さま「…(私だろ)」
    文化財クラッシャーと呼ばれた
    鮭様(´・ω・`)&天庵さま「また政宗かよっっ!!」

  34. 人間七七四年 | URL | -

    当主自ら暗殺だと、逸話で信長が信勝暗殺する際にも同じく病床を装って誘き出して、
    自ら刺したってあるよね。他にも池田恒興・川尻秀隆が実行役とも言われてるけど。

  35. 人間七七四年 | URL | -

    まるで床に鼠捕りよろしく固定される白鳥さんには誰もつっこまないのね

  36. 人間七七四年 | URL | -

    「奥羽永慶軍記」
    枕元の刀で袈裟切りにし、肩から乳首辺りまで切り落ろし、白鳥は反撃しようとしたが絶命した

    「山形の昔話」
    義光は布団の中に抱き抱えて隠し持っていた太刀で白鳥を切りつけ、白鳥は重傷を負い逃げた所をトドメをさされ、返り血が桜に飛び散った

    色々あるね

  37. 人間七七四年 | URL | -

    結局鮭様が斬るのは同じな辺り、鮭様マジ武勇の人だったんだろうなぁw

  38. 人間七七四年 | URL | -

    対策にはなってるんじゃない?
    武勇もあって謀略もできるとか敵に回したくないな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8941-a3a0488d
この記事へのトラックバック