FC2ブログ

阿閉城の防戦

2014年12月08日 18:22

968 名前:1/2[sage] 投稿日:2014/12/08(月) 01:45:19.73 ID:6ZE/ro+x
播州において織田信長による三木城攻めが行われていた頃のこと。

毛利輝元の中国勢、並びに紀伊淡路の兵あわせて8千あまりは軍議し、
「別所長治に同調せず、織田方についた別所孫左衛門(重棟)の籠もる別府の阿閉城を攻め落とし、
その上で三木城の別所の人数も相加え、大軍を以って姫路へ押し寄せたなら、羽柴秀吉・小寺政職も
こらえかねて城から出て戦うだろう。その時に勝負を決すべきである。」

そう決定し天正6年(1578年)4月1日、船手より阿閉城へと侵攻を始めた。

この動きを察知した小寺官兵衛孝高は、即座に精鋭五百を率いて阿閉城へと入り、諸卒に下知した

「この城は人数少なく城郭も堅固ではない上に兵糧も乏しい。敵が時間をかけ、攻め支度を備え
軍法を整えてここを攻略されては、小勢を以って防ぐこと難しく、必ず落城するだろう。
であれば、長期の籠城をするよりも、敵が寄り来たばかりで行列も未だ整わず、攻める用意も無い内に、
速やかに門を開き突き出て戦えば、必ずこの一戦に理を得ることができる。

この城が要害おろそかであることが幸いである。敵がこの城を見れば必ず侮り、大勢であることを頼んで、
仕寄(攻城施設)も付けず攻め支度も用意せず、盾ばかりをつき並べて攻め寄せてくるであろう。
その時、城中静まり返って鉄砲も撃たず、敵を近々と矢頃まで引きつけた上で、打ち損ぜぬよう
弓鉄砲を一斉に射撃させ、また弓鉄砲を持たぬ者は石を多く集めておいて、これをひたすら投げ打つのだ。

私は大手の矢倉に上がり、敵が弓鉄砲に打たれ、恐れ浮足立った時分を見て太鼓を打つ。
その時味方の諸卒が城門を開いて突き出れば、その頃は寄せ手が大軍であったとしても、鉄砲に当たり
石に打たれ手負い多く戦うものも少なくなっているだろうから、ここで鬨の声を上げ
競い攻めかかれば、敵の勇気も一時に挫けて、必ず大崩れするだろう。」

そうして予め軍法を定め敵が攻めくるのを待っていた。

969 名前:2/2[sage] 投稿日:2014/12/08(月) 01:45:51.54 ID:6ZE/ro+x
襲来した敵軍は、案の定城の形状を見て「この程度の小城、いとも容易く、即座に攻め落とす事が出来る。
であれば仕寄も作る必要はない。ただ直攻めに攻め落とそう。」と、盾を一面につき並べ、
柵際まで攻め寄せ、柵を破り堀下へと侵入した。

城中の者達は、かねて議定していたことなので、鳴りを静めて音も出さず、敵が既に石垣に乗らんとした時、
思ったとおりに引きつけたと、鉄砲を一度に、雨が降るように撃ちかけた。
寄せ手の兵はこの城を侮って、ただ一挙に攻め落とそうと勇んで進んでいたため、石に当たり鉄砲に撃たれ
多く死傷者が出たが、それも顧みず死骸を踏み越え我先にと城内に乗り込もうとしたが、
城中の防戦激しくこれを破ることができず、やがて死傷者の増加に浮足立ち始めた。

ここで孝高「時分良きぞ!」と太鼓を打ち鳴らすと、かねて決めていた通り、城中の兵城戸を開け、
鬨の声を上げて三百余人一度にどっと突いて出た。
寄せての内、城下に近づいていた先鋒の者達は、鉄砲で多数が撃ち殺され、残った者も多くは負傷していたため、
これを防ぎ戦う力なく、即時に敗退した。
その後ろの敵は先陣の崩れに押し立てられ、一支も出来ず大崩れとなり敗退した。
阿閉城勢はこの機に乗じて強く勇み、追い打ちしたため多くの敵を討ち取った。

このことが姫路に聞こえると、羽柴秀吉は大いに喜び、孝高に感状を与え、また秀吉より信長へも注進された。

(黒田家譜)

そういえばこれも若いころの官兵衛の有名な戦なのに、大河ではやらなかったなあ。



971 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/08(月) 17:52:06.97 ID:hhTpV3Lt
>>969
ぷろでぅーさー「合戦はお金が掛かりますので出来ればなるべく無しの方向で・・・」

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    さほど有名ではない官兵衛の、これまたさほど有名ではない話だからな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    読んでると、自然と岡田官兵衛が話してるように脳内で再生されるw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    寺嶋進のが不気味で雰囲気

  4. 人間七七四年 | URL | -

    寺島官兵衛はよかった
    こないだ地上波でやってたな。うっかり見逃してしまった

  5. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    有名じゃなくても官兵衛の戦の巧みさがよく分かる話だ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    クロカンが寡兵を率いてたら、絶対に手を出したらいけない。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    孫権「大軍を率いておきながら、寡兵に蹴散らされるとは情けない」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >寺島官兵衛
    清洲会議は思っていた以上に戦国ドラマしていて良かった。笑いの部分と真面目の部分
    の使い分けがそこらのドラマと大違いだったと思う。それこそ戦が出来ない大河よりも、
    戦がなくても余程戦国してると思う。
    でも、官兵衛の知力を持ってしても御せ無い妻夫木信雄の馬鹿殿っぷりは笑ったw

  9. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    お金が…が近頃の大河を観ているとマジすぎてちょっと笑えない。
    NHKってあの巨額予算をどこに使っているのだろう?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    地方大河イベント会場の設営広告運営費用などじゃね
    商魂NHK、もちろん収益赤字なんてコタナイダロウな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ドラマのメイン視聴者である女性の嫌悪感が非常に強いので
    武器の出るシーンがほとんどなくなったと聞いたことがある。
    だから刑事ドラマでも拳銃がでることはめったになくなった。
    大河ドラマで満足できる合戦シーンは当分ないかもね。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    何年か前に「篤姫」の関係者の方が、「「篤姫」はここ数年の大河ドラマの中で
    1番低予算で撮られたドラマなんですよ」と言われてました。
    (合戦シーンとかがほとんどないし、大奥のシーンは時系列関係なしにまとめ取り
    したためだそうです)
    低予算で撮るのが、最近の傾向だそうです。
    (鹿児島で幕末の薩摩藩第一次英国留学生を取り上げてほしかったそうですが、
    NHKの方に打診したら、海外でも撮らないといけないからお金がかかりすぎると
    ばっさりと言われたそうです)

  13. 人間七七四年 | URL | -

    直家「では私を主役に据えれば、合戦シーンよりもお座敷シーン中心の低予算ですみますし、イケメンなので女性のハートもがっちりですね」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    徳川慶喜もその類いだな。
    明治期の逸話がオモロイのに。
    チャリンコでもと直轄地偵察に行ったり、自動車で商家に突っ込んでみたりw
    モレはどうにも、おほ政還し奉るとこで終わるのが納得イカなんだ。
    あんなのは茶番だし。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    何か予算予算と言う話しを聞くと悲しくなってきますね。
    何かちょっと前の政治みたい。本当に必要な予算を削りに削って
    前年度よりも予算の消費を抑えましたって言い訳の傾向。
    削れば何かした気になって、予算増額だと悪い事みたいな。
    戦も政も無いで何が大河だ!!

  16. 人間七七四年 | URL | -

    篤姫の時は坂の上の雲に大河予算をことごとくぶっ込んだせいとかじゃなかったっけ。
    低予算がブームと言うより、あの時期は予算を捻出しようがなかったと聞いた覚えが。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    秋山好古いがったー
    大河よりその辺のドラマのが面白いんだよな
    ちょっと古いが村方見回役牧文四郎の「蝉しぐれ」が出色だったな。
    野袴の内野聖陽がかっこよかった。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    >16さん
    12です。情報ありがとうございます。
    そこまでは知らなかったです。
    坂の上の雲に大河予算をことごとくぶっ込んでもいいですけど、
    少しは残しておけよって話ですよね

  19. 人間七七四年 | URL | -

    あっても有効に使えるかどうかはわからんから確実にウケる坂の上の雲に予算をつぎ込むのは悪くはない。
    有名ではないなら有名にするくらいの気概を持ってやってほしかったな

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    なお視聴率は

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8943-fa6cfff6
この記事へのトラックバック