最上義光と果物

2014年12月15日 18:47

369 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/15(月) 14:06:32.26 ID:gBrkqyDc
最上義光と果物

慶長7(1602)年頃、最上義光は大石田から高僧を山形城下に招き、生前に自分の菩提寺として慶長寺の造営を始めた

(´・ω・`)「徳川の天下で最上家も名実共に晴れて大大名の仲間入りなんよ。ちょっと早い気もするけど、町割のついでに菩提寺も作ったっていいよね?」

叙勲で少将となった義光は家臣や肝入(名主)を通じて民らにも振る舞いを行った

家臣や町民らからも義光に祝いの品が届けられた

(´・ω・`)「樽酒ありがとう。お城のみんなで飲ませてもらうんよ!」

(´・ω・`)「紀伊(坂光秀)、最上蓼漬(漬け物)ありがとう」

(´・ω・`)「大学(北館利長)、鮭と林檎ありがとね」

義光が慶長寺(現・光禅寺)に寄進した屏風がある

そこには柱の上に棚が渡され、棚から垂れ下がる葡萄の姿が描かれている

(鮭や川の絵は現在残されていないものの)
好きな果物の風景を絵にし、自分好みの菩提寺を造ろうとしていた
果物も好きだった鮭様のお話


371 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/15(月) 14:11:48.17 ID:gBrkqyDc
玉山(最上義光)公は生前から様々な宝物を当寺に寄進なされた。「葡萄棚図屏風」もその内の一点である

「光禅寺縁起」

※途中に外に流れた物を除き、明治の山形南大火で最上義光の仏壇や寄進された宝物の多くが焼失した



374 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/15(月) 17:22:53.74 ID:P/IbXQS/
>>369
大学の供え物が光るな。


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    「えっ、リンゴ?」と思ってしまった

  2. 人間七七四年 | URL | -

    最上ねたって、過去に出たやつに顔文字つけただけの再投稿多いね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    葡萄は初だね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    紙本金地著色葡萄棚図屏風 光禅寺品 最上義光歴史館保管

  5. 人間七七四年 | URL | -

    この時代の林檎は和林檎だね。もぐんじゃなくて落ちた果実を拾うものだったみたい。
    南部でも嫁に行った娘に「いっぱい落ちているから拾いにおいで」って書いた手紙が残ってる。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    (´・ω・`)「ふん、あんなすっぱいブドウなんか!」
    光安「負け惜しみですか」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    (´・ω・`)「べ、別に葡萄のことなんて…」
    光安「ではそれがしがもらっていきますね。あーん(ごっくん)
    (´つω;`)「あ…」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「葡萄」を一瞬「蒟蒻」と見間違えて、「棚から垂れ下がる蒟蒻」って何だ?
    と少し考え込んでしまった・・・。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    米8
    つまり蒟蒻葡萄でマ○ナンラ○フ

  10. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    和林檎thxと書いた浅井長政の手紙が今年見つかったとかなんとか

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >大学の供え物が光るな。

    供え物っておかしくね?

    鮭と林檎は叙勲の贈り物でしょ?

    こういう歴史用語なの?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8961-f2d9bf86
この記事へのトラックバック