【ニュース】秀吉「筑前守」返上か…官兵衛幽閉で引責?

2014年12月22日 18:37

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 14:20:39.75 ID:MUs4JGll
秀吉「筑前守」返上か…官兵衛幽閉で引責?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141222-00050024-yom-ent

豊臣秀吉が中国攻めの難航や黒田官兵衛幽閉の責任を負って、「筑前守(ちくぜんのかみ)」の名乗りを織田信長に返上したか、剥奪されていた可能性が高いことが中京大の播磨良紀教授(織豊期(しょくほうき)研究)の研究でわかった。
播磨教授は「本能寺の変以前の秀吉の実像解明につなげたい」と話している。

約7000通にのぼる秀吉の文書を集成する「豊臣秀吉文書集」(名古屋市博物館編、来月刊行)の編集作業で判明したといい、学術誌「織豊期研究」で発表した。
秀吉は1573年7月、木下姓から羽柴姓になり、75年に筑前守を名乗り始めたが、定説では「藤吉郎秀吉」と「筑前守秀吉」を併用していたとされる。
しかし、播磨教授によると、羽柴時代の文書約1000点の署名を時系列で調べたところ、75年~78年12月は「筑前守」、同月~81年7月は「藤吉郎」だった。

秀吉は当時、信長の命で中国地方の征討に乗り出し、播磨(兵庫県西部)を制圧。
さらに西の毛利氏と戦おうとしたが、78年2月に播磨の大名の別所氏、同年11月には有岡城(同県伊丹市)の荒木村重が反乱を起こし、村重を説得しに行った黒田官兵衛が幽閉された。

再び筑前守を名乗る81年7月は反乱も収まり、毛利攻めが本格化した時期で、播磨教授は「信長に再使用を認められたのだろう」と推測している。
藤井譲治・京都大名誉教授(日本近世史)は「秀吉の書状は年号のないものが多いが、署名時期の境目が明確になり、他の文書の年代も推定できるようになる。
秀吉の署名の変遷は、信長側の史料などで裏付けられれば面白い」としている。



65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 19:14:40.21 ID:+vSxnsjP
筑前名乗りはありまぁす!

66 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:16:35.31 ID:buKmN2Oq
朝廷からもらったマジもんの官位だろ?
信長に返上するもんじゃないしましてや勝手に剥奪できんの

67 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:24:38.68 ID:1IYQ7NeO
つか名乗りの返上や剥奪が罰になるなんて事例は存在しないから、この発表自体
ちょっと眉唾だと思う。

68 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:26:39.72 ID:ebUxfvsG
信長が斡旋して得られた官位ならその逆もしかり

69 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:28:13.03 ID:bLFUgIKu
>>67
秀吉なら気を回して名乗りを遠慮したのかもしれん。

70 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:33:24.85 ID:1IYQ7NeO
>>69
そもそも名乗りの遠慮が何らかの反省の意を表す、という事例も存在しないからなあ。
ちょっと結論ありきの研究に思える。

71 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:42:00.30 ID:5yVKHq1M
秀吉クラスの武将が官途を名乗りったり名乗らなかったり併用する方が不自然だし
十分、ありうる見解だと思うがな

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:43:37.37 ID:52hwbwic
「羽柴」なんて名字を思いつく秀吉だから自発的に「ただの藤吉郎から出直します」とか言い出しても

いや、ないな

73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:48:24.18 ID:1IYQ7NeO
>>71
名乗りの不使用を、たまたまそういう時期に重なっているからといって裏付けもないまま政治的な行動と安易に結びつけるのはどうかと思うよ。
まず他に類例があるのか、「名乗り」に政治的な意味があったのかを調べないと。

74 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 21:53:40.62 ID:5yVKHq1M
自説に説きたいだけなら他のスレでどうぞ

75 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 22:31:39.57 ID:+vSxnsjP
なんにせよ、まずはこの研究の本文を読んでみるこったな
話はそれからだ

76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/22(月) 22:43:10.81 ID:p/6w0tAz
最後にコメントしてる教授も「説」にならないよう慎重にしてるな

77 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/23(火) 01:50:26.68 ID:88g9SLNi
堀家の文書が本当なら長浜から他への移封が決まっていたわけだし、その辺をふまえているとか

時期的に早すぎるか?
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    荒木村重、別所長治も秀吉の寄子だっけ?
    信長が裏切りと信じてた孝高含めて3人連続で寄子から離反されてると判断されりゃ
    そりゃ寄親として責任問われるわな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    77年の手取川直前での無断撤退が原因ではないんだな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    播磨攻めの記事で教授の名前まで播磨とか…。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    寄子じゃなくて与力だろう。村重は違うけど

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ID:1IYQ7NeOはどんだけ物知りなんだっていうねw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >例も存在しないからなあ
    この発言にしたって「絶対」じゃない筈では?未だに解明されていない事柄
    だって沢山あるのだから、自身で結論付けしちゃってる矛盾。
    名乗りの無い文が発見されたのは事実なのだから、われわれは
    ゆっくりと研究結果を待てば良いだけ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    平凡な武将ならともかく、秀吉は他にも前例のないことをやってる人だからなあ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉って、言う程独創性ないよ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >言う程独創性ない
    秀吉が実行したから、と云うバイアスが掛かってる部分は確かにあると思う。
    善く善く考えて実行すれば、別段秀吉でなくても誰かが実行した策はある。
    ただ、大返しとその前後の出来事だけは秀吉でなければ出来なかったかも?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉の行動を批判をするわけではないけど、最近の一次史料で
    裏を取ってる研究だと大返しは素早くはあるけど、常識の範疇内
    の行動になってる。

    黒田家譜を史料として用いた先学が悪いのだ。

  11. 名無しさん | URL | -

    ※1
    荒木村重は秀吉の同格(格上?)の同僚。
    小寺(黒田)孝高は小寺家の重臣であり、まだ秀吉の与力にはなってない。
    では小寺政職が秀吉の与力だったかと言えば、そういう記録も残っていない。
    別所長治がって話なら、同様に波多野秀治に謀反起こされて既に敗退もしている明智光秀の処遇次第だろう。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    何か言うのならアンカを付けてくれると分かり易いよ。
    直ぐにその判断と実行力が本当に他の武将達に出来たのか?って部分を
    云いたかっただけなんだよ。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >まず他に類例があるのか、「名乗り」に政治的な意味があったのか
    類例探すのは大事だけど、官途受領の扱いの過渡期の稀少例かもしれない。
    そもそも政治的に筑前守って名乗りを与えられたんじゃないか?

    正式に朝廷から筑前守に任官されたからって本質的に朝臣になったわけじゃなから
    信長が没収しうる可能性も否定はできないと思う。
    信長が完全に官職を自由に授受できたわけじゃないにしても、謹慎のあり方として
    名を変えるのはあるよね。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    疑問を呈してるだけで説を言っているわけではないでしょ
    出てけとか物知りなんだって言うねwとか一々煽る必要が感じられない
    独創性も有るとは思うが、仮に独創性が無くてもそれを広範囲かつ素早くやったのが凄いんじゃないの?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    煽りではなく笑いものにされてるんだよ。
    名乗りについて「事例も存在しない」なんて言っちゃったら、そりゃあね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8975-1394fc45
この記事へのトラックバック