古き怨みを忘れない秀吉は無道である

2014年12月30日 18:34

119 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/29(月) 23:14:17.86 ID:FB0ukr39
秀吉が信長の使者として荒木村重の有岡城へやって来た時、村重の士・河原林越後守治冬は、

「猿めの面魂からして最後には仇をなすことでしょう。いま刺し殺すことはたやすいはずです」

と、村重に囁いたが、村重は聞き入れず、この事を秀吉に語ったので、秀吉は治冬を呼び出して
手厚く言葉をかけ、差している脇差を抜いて贈り物にしたのであった。

このため、村重が「差し替えの脇差が無くて」と言うと、秀吉は「私は刀一つを頼りにして
信長に奉公する者ではない」と、言った。

後に秀吉は世を平定すると、治冬を深く憎み、探し出して殺害した。その時、治冬は、

「主君のためにその仇を除くことは武士の常である。古き怨みを忘れない秀吉は無道である」

と言って、死んだのであった。

――『常山紀談』



120 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/29(月) 23:22:22.78 ID:WZAOC8yo
なんだこの展開

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/30(火) 00:08:44.09 ID:vm/ru0Tb
ともあれ、忘れた頃に怒りがぶり返して殺しちゃうって、いかにも秀吉らしい逸話だなぁ。

122 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2014/12/30(火) 00:38:44.55 ID:bR3TdRI4
この前出てた筑前守名乗れない状況にまで追い詰められてたのなら然もありなん

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    それ治冬。かの脇差しを見せい・・

    からの急展開とかありそう。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    どうにも流石に作り話だろ、と思いたいけど。
    ラスボス状態の秀吉なら、本当に有り得そうで怖いw

    >河原林越後守治冬
    守名乗りなのに全く検索ヒットしないのか。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ムカつくのを抑えて大人物ぶる、その許容量自体が変わっちゃったんだなぁ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉は大物ぶってるが小物なのがバレバレだよな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    つっても仇をなしたのは荒木側だし、この時点で何のわけがあって秀吉を殺そうとするのかが分からん

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    今は仲介しようとしてるけど最終的に有岡城を攻めるのは秀吉、って設定かなぁ?

    さすがに実は秀吉が味方するとそそのかしていた、って陰謀説じゃないよな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    河原林=瓦林でいいのかな?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉は十分すぎるほどの大物
    一面を見て小物呼ばわりするのはちょっと…

  9. 人間七七四年 | URL | -

    主君のために〜って、その主に売られてるわけで…Oh my

  10. 人間七七四年 | URL | -

    地元の民話で見た気がする

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/8991-de58ef1c
この記事へのトラックバック