鮭延秀綱、近習の者に昔話をする

2015年01月05日 18:45

158 名前:人間七七四年[] 投稿日:2015/01/05(月) 13:12:12.24 ID:A+nBxSmi
鮭延秀綱、近習の者に昔話をする

古河の鮭延翁が若い頃の話を近習の者にした事があった。これはその聞き伝えである。

鮭延翁曰く
「文禄の頃某(それがし)は殿(最上義光)について京都におったが、秀次事件で国屋敷が閉門を命じられていた事があった。
その頃施薬院玄以、寺西筑後、岩井丹波辺りであろうか、秀次事件始末の目付の者が太閤殿下に
『政宗・義光の両家の延沢、鮭延、遠藤文七、原田左馬、片小らの傍若無人な者ともが一揆(騒乱)を企て、
武器弾薬や兵を整え京都と大坂を焼き払い、太閤を攻め殺そうと評定が一致しているそうだ。
これに東国の大名小名が既に同意し、今にも大乱になるのではないかと
京都・大坂の町人どもが私財を鞍馬・高尾・八瀬・大原に運び入れ、逃げ支度をしている最中だと言うそうです。』と言上したそうだ。
これはまったくのデマだったんだよね。
伊達と最上の人々が無謀を企てるくらいなら、世の中に漏らす事なんてしないよね。
察するに、筋なき下々の者の噂話に尾鰭端鰭がついて、京童や町人らの間でさも本当の話の様に広がったんじゃないだろうか。
同じ頃に伏見の普請奉行の布施小兵衛と杉山主水、竹中左衛門ら三人が江戸中納言秀忠卿に言上して
太閤殿下の耳にもこの話が伝わったそうだ。
最上義光伊達政宗が協同して太閤を討ち取り、西三十三国を最上領、東三十三国を伊達領とし、
二人は西と東の将軍になろうと内談はすでに決している。伊達と最上を放置すると由々しき問題です』なんて馬鹿馬鹿しい話だと思わないか?」

「出羽の昔話」

さらりと伊達・最上の主力武将の中に自分の名を登場させる鮭延タソの京最上屋敷閉門時の昔話。




159 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/05(月) 13:19:53.39 ID:VCqYemYR
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3473.html
この時の話か

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    でも実際鮭延さん最上家の主力の一人じゃないの?
    違うの?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    この頃は延沢満延が先の天正19年に死去して息子の光昌も幼少だから、言い伝えに矛盾がある。
    (氏家守棟も死去)
    最上家内では鮭延秀綱よりも楯岡満茂と志村光安の方がまだ席次が上だった。
    伊達家の成実の名前が無いのは出奔していたからか。

  3. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※2
    あくまで噂の類だから席次じゃなくて名前が知られてるか、じゃない?
    だいたい伊達家だって留守政景や亘理重宗が上位だけど入ってないし。
    そう言う意味では鮭延は最上家中で名前売れてた人だったと思うけどね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    留守さんはいくさが苦手なイメージがある

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    遠藤文七(宗信)も原田左馬(宗時)も死んでるね

    ※4
    大崎合戦のイメージが強すぎるせいだとは思うが
    輝宗の代には丸森城攻略とかでしっかり勝ってる

  6. 人間七七四年 | URL | -

    大崎合戦の時の留守さんはなぁ・・・
    犬猿の仲の泉田さんと組まされて連携が上手くいかなかったり、
    岳父の黒川さんの裏切り&鮭様の介入で敵中で孤立しちゃったりふんだりけったりな感じ

  7. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※4
    伊達家の名将とか勇将とかだと絶対名前挙がらんけど、席次は上だからね。

    ※5
    遠藤文七は多分宗信だけど、原田左馬は原田宗資じゃないの?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    あ・一応別バージョンあったのですね。武功雑記だとこの施薬院さんと別に
    富田一白さんと、やっぱり三成さんがメンバーに入ってましたね。

  9. 人間七七四年 | URL | 6m5BDBwc

    東北大名を過大評価してる。伊達や最上程度が天下なんて獲れるわけない。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    だから無罪放免で伊達と最上の閉門が解かれたんだよ

  11. 人間七七四年 | URL | -

    んでも秀次事件後の不穏な空気を現す逸話として面白い。
    つーか、「伊達と最上は絶対太閤にケンカ売るぜ」って下々の者までが思うようなことをしてしまった秀吉は、やっぱりアチャーだと思う。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9004-75b70d87
この記事へのトラックバック