FC2ブログ

洞院公数の憂鬱。

2015年01月14日 19:07

246 名前:1/2[sage] 投稿日:2015/01/13(火) 18:42:05.56 ID:HrajbQXf
洞院公数の憂鬱。
 ある公家の家の消滅について。

 洞院家といえば、西園寺家とともに藤原氏閑院流の中枢を担う名家として知られる。
 特に、南北朝期の洞院公賢は、有数の碩学として知られ、その日記『園大暦』は、随一の宝だと考えられていた。
 以降学問の家と知られ、権門勢家の系図『尊卑分脈』の編纂など、多くの学問成果をあげ、人々に一目置かれていた。
 嘉吉元年(1441年)に生まれた公数もまた、学に敏い廷臣として朝廷儀礼を差配し、若い時から才をあらわす。
 筝の演奏にも卓越し、洞院家当主に恥じぬ人物として、順調に出世を重ねていた。

 しかし世の中の状況は、必ずしも順風ではない。
 嘉吉の乱以降、洞院家の所領は次々押領され、財政難に陥っていた。
 文明二年(1470年)、ついに公数は窮困のあまり拝賀不能となり、左近衛大将・権大納言を辞することになる。
 応仁の乱がトドメだったようだ。

 その後、悪化する情勢の中、公数は名門・洞院家の維持が不可能と悟る。
 文明八年、公数はついに跡継ぎのないまま出家してしまった。これによって洞院家は当主を失い、断絶状態となった。
 洞院家が没落して醜い様を見せるくらいならば、この世から消してしまおうと思ったのだろう。

247 名前:2/2[sage] 投稿日:2015/01/13(火) 18:43:01.45 ID:HrajbQXf
 しかし実は、この状態ならばまだ復活可能であった。
 公家の家の存在意義は、文庫と故実との継承にある。
 文庫さえあれば、別人を当主として、再興することができた。
 洞院文庫は、少しずつ公数が切り売りしていたが、まだ大半は残っていた。

 そのことに目をつけたのが、洞院家のライバルである西園寺家であった。
 洞院を従えれば、名実ともに閑院流のTOPになれる、という魂胆である。
 文明十四年十二月、時の当主西園寺実遠は、次男公連を洞院当主とすることを天皇に請い、それを許された。
 続いて実遠は、洞院文庫の確保、とりわけ重宝である『園大暦』の確保を狙う。

 だが、公数にとってそれは認められるものではない。
 西園寺の風下に立つ洞院家は、公数にはとても認められるものではなかった。 
 ゆえに公数は、わずか4ヶ月後、翌文明十五年三月に中院通秀へ『園大暦』を売り払った。
 中院家は、村上源氏久我家の支流であり、閑院流どころか藤原氏でさえない。
 こうすることで、洞院家の復活を完全に阻止しようとした。
 そうでなければ、わずか3ヶ月で売り払うことを決めたりはしないだろう。

 かくて、公数の予定通り、洞院家は消滅することになった。
 西園寺から家をついだ公連は、若くして亡くなり、その後をつぐひとはあらわれなかったのだ。

 名門洞院家を潰した公数の評判は、極めて悪い。
 同じ閑院流の三条公敦によって、文明十一年に書写された『尊卑分脈』には、最後に次のように記されている。

「この系図、洞院累代の本なり。しかるに左大将入道〈俗名公数、法名を知らず〉、放埒の仁なり。一流すでに断絶分と云々。記録・抄物等、悉く沽却す。耳を洗うべきものなり」

 「聞いた耳が汚れる」とまで言われるほど評判が悪くとも、プライドを守り、ついに家の断絶を成し遂げたある公家のはなし。




248 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/13(火) 19:21:41.54 ID:BAvpoL8d
下手に名門だと断絶するのも大変だというお話

249 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/13(火) 19:29:25.40 ID:ub/Bt4gt
火を放て

250 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/13(火) 22:19:15.19 ID:cyOeni+a
まあ一向一揆衆もキチガイなら
七里頼周もキチガイだったというだけの話し。

世の中、どちらが善玉でどちらが悪玉とは限らない。

251 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/13(火) 23:25:04.15 ID:R5/KYy0s
上杉憲政や大友義統は貴重な記録を散逸させずに残してくれたのに
この人はなんてことを

252 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/14(水) 00:15:00.19 ID:WxJ8ukFs
でも、最大の史料・芸術品・財宝をこの世から消滅させた事件は
大内氏-陶氏の内乱とそれに続く毛利氏の周防・長門侵攻だけどね
当時の山口と小田原は、都市の繁栄において戦乱に疲弊した京を凌ぎ、
特に文化に関しては山口は、パリ・ウィーン・ローマに勝るとも劣らない
世界最大級の都市だと宣教師たちも記している

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

     夜這いの間にここまで精力的(!)になれるのはスゲーギンギンだね。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    何言ってんだ?わけわからん

    別にキチガイってわけでもないだろ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    すみません。>250のコメントは別の記事のものではないでしょうか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    それでも、戦国期を含め幾つかの内乱と先の大戦における空襲以外には、文化財や史料を破壊するような事態が無かったから、日本は割と色々残っている方だよな。
    特に、焚書のような悪習が無かったのが大きい。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    夜這いしない公卿がいるのか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    公卿と云うとどうしても一条三位を思い出してしまう(笑)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    宝物的な意味では大名・公家を集めたうえで突然起きた関東大震災が一番ヤバそう
    疎開させる間もない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >最大の史料・芸術品・財宝をこの世から消滅させた事件

    叡山じゃないの?
    大内はその直前数世紀の日本一だっただろうけど、叡山はもっと長くて
    各地の史料も持ってたと思う。

  9. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    すみません南都焼き討ちも追加でお願いします

  10. 人間七七四年 | URL | -

    先日の読売新聞によると、関東大震災による文化財・美術品の焼失も数百万点規模で被害甚大だったらしいね。

    信長の比叡山焼き討ちについては、発掘調査をしてもイメージほどは建物が焼けた遺構が出てこないので、それ以前から堂宇の放置・荒廃や仏具・書画の散逸があったかも知れない。

    人命もさることながら、建物と史料、書籍、絵画・彫刻の焼失を考えると、前大戦は本土空襲を防げないと分かった時点で降伏すべきだったと思う。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    記録上では三名が叡山を焼いてたが、実は二回目の細川政元こそが、隠れん坊中の義材をやっちまうためにお山を徹底的に焼き払ったそうで、信長の際はそんなに酷くなかったとかいう説を聞いた事ならある。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    全山包囲したわけではないし、うろ覚えだけど経典持って逃げ出す坊主の屏風絵か何か記憶にあるので、持ち運べるレベルの宝物は数度の焼き討ちでも逃れたのでは?

    もしかするとさすがに(運び出すのに懲りて)信長の焼き討ち時は本物を御山に入れてない可能性もありそうだし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9034-9f9ee0e9
この記事へのトラックバック