FC2ブログ

佐久間兄弟の関ヶ原

2015年01月21日 18:51

581 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/20(火) 19:27:31.69 ID:RqNqgsT1
慶長五年(1600)、濃州関ヶ原合戦の時、佐久間久右衛門(安政)、同源六(勝之)の兄弟は
徳川家康に従い、会津征伐へと従軍していた。下野国小山に至り、家康は兄弟にこのように言った

「汝ら兄弟は、石田治部少輔の居城である佐和山の近くに妻子を置いており、さぞ心もとなく思っているだろう。
早く上方へ上り、これを助けると良い。」

これに兄弟は答えた
石田三成は、このように申していました。『もしもの時はそなた達を頼むために、我が城の近くに
兼ねてから領地を渡しておいたのだ。今度も我等と一味仕るように、』
そうして再三にわたり、今度の会津征伐に同行しないよう言ってきましたが、このように従軍する上は、
もし三成が我が妻子を人質に取ろうとしたなら、刺し殺して渡してはならぬと、家臣たちに申し置いて
参りました。どうか、心やすく存じ上げますように。」

そして彼らが江戸城に詰めている時、先に清須へと上った諸将は八月二十三日、岐阜を攻め落とし
城主である中納言(織田)秀信を生け捕り、城兵を尽く討ち捕らえた。これにより首などを御実検頂くため
進上した。そのための使者は八月末日江戸に到着し、家康はこれを聞いて、九月一日、江戸を出立、
佐久間兄弟もこれに供奉した。

佐久間兄弟は関ヶ原において、石田三成の備に向かって攻め入った。
そこで自身も高名し、家臣たちにも敵を討たせた。時に佐久間源六は三成と馳せ合い、言葉もかけたのだが、
兄の久右衛門が深く攻め入り傷を負ったのを見て、三成を捨て久右衛門の所に行き従った。

またその後、近江国高島郡でも働きがあり功を賞された。
(佐久間軍記)

佐久間軍記より、佐久間兄弟の関ヶ原での働きについての逸話である。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | tKQf3S82

    ・・・で、妻子は?

  2. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    んー、乱戦だからありえるかもしれないが
    こういう時って親子を捨てても功名するのが当時の武士の常識だったんでは?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    妻はわからないけど、子(子孫)は夭逝が相次いで、最終的に断絶したっぽいです…

  4. 人間七七四年 | URL | -

    佐久間家の面々は武辺の者が多いですね。
    信盛さんは少し違うけどw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    命の使い方が今とは根本的に違うんだよな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    三成は性格上のことかもしれないけど味方にも却って敵意を煽るような沙汰を渡すのが得意なのか

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9047-5c2616f8
この記事へのトラックバック