秀次事件と細川忠興

2015年01月26日 18:44

299 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/25(日) 18:01:25.88 ID:WdkrArKW
文禄四年七月中旬に、摂政関白秀次公御身体、果て申す次第

前野但馬守長康殿、同出雲守殿(景定)、木村常陸、白井備後、石河伊豆、羽根長門守と言った人々に、
秀次公は『何事にても、申し付けた事に異議を立てない』との内容を書き物にして提出させていた。

この事を石田治部少輔(三成)が聞きつけ、太閤様(秀吉)に申し上げたため、太閤様は秀次公に、
遣いを以ってこの件を糾明させた。

これに秀次公は大いに驚き、聚楽より伏見に御出でになり色々と弁明したものの、太閤様は納得
しなかったので、伏見から高野山へと上られた。
そして福島左衛門大夫正則殿が検使に遣わされ、秀次公は切腹なされられた。
かの書き物を提出した人々も、残らず切腹が仰せ付けられた。中でも前野但馬守殿父子は、中村式部少輔(一氏)
預りとなり、駿河府中にて、但馬守殿、その子息出雲守殿、切腹と成られた。

細川忠興様は右の書き物の件には関係していなかったが、秀次公より別して懇ろにして頂いており、
どういうわけか黄金百枚を拝領していた。その上前野但馬守殿の子息出雲守殿は、忠興様の聟であり
縁者であったため、石田治部少より「彼も一味している」と申し立てられたため、太閤様も是非無く思われた。

聚楽の細川屋敷に忠興様より米田助右衛門殿が遣わされ、伏見より急報が有れば、息子たちを殺した上で
屋敷に火をかけ、助右衛門も切腹するという事に決まったと、忠興様の御意が伝えられた。

黄金百枚の事は施薬院法印(全宗)の肝入で、秀次公より借用したものであり、拝領したものではないとの
弁明を、米田助右衛門が徳善院(前田玄以)を通じて太閤様へ申し上げると、その時太閤様が仰せになったのは

「先年の明智謀反の時、信長公の御恩を知り、明智に一味しなかった。たとえ今回秀次に一味したとしても、
その時の忠節により赦免いたす。」

この言葉が徳善院より仰せ渡せられ、忠興様もご安堵なされた。

細川忠興軍功記)

秀次事件の折の、細川忠興の様子である。




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ラスボスおっかねえ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この秀次の件で連座させられた家臣団って、優秀な人達だってかなり居たのに・・・。
    木村重成もその後によく秀頼に仕える事が出来たなと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >2

    チクったのがクビチョンパになって消えたからじゃないの?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    誰の事言ってるの?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    石田三成だろ

    石田三成がむしろ秀次庇ってた説は
    前野家文書(五宗記含む)こと武功夜話しか今のところ確認されてない筈だから
    「本当は」違うって三成擁護したい人は別の史料からの出典で頼む

  6. 人間七七四年 | URL | -

    なぁ、一体何時になったら逸話サイトで出典云々持ち出す傾向って無くなるの?
    人其々が調べて、こうだと思う程度の事だろ。それを出典出せって・・・。
    三成擁護説も陰謀説も結局の所は逸話といって差し支えないんだろ。

    なら、擁護説だって出した所で問題ないはずだ。それとも別の話が出て、ここで何か
    不都合があるのかい?歴史上の人物の経歴が、現代社会並みに明らかにされてる訳ない
    のだから、分かってる範囲内でしかないことも忘れないことが歴史を楽しむ大前提
    でないかね。

    一応個人的意見言えば、秀次関連の三成だって秀吉に従って仕事しただけだと思うけどね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    でも根拠もないのに誰かの意見を真っ向否定するのって
    こじれるもとにならないかな
    感想じゃなくて意見否定だったら、出典あるほうがいいんじゃないかっていう気もする

    確かに三成は野心満々というタイプではなくて
    官僚的で杓子定規で人の心の機微に疎くて失敗したんだと思う
    仕事熱心だったのは間違いないんだろう
    でもこの場合細川のことまで言い出したのは蛇足っていうか
    この機に乗じて細川片付けたかったのかなという印象になるなあ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「ま た 軍 鑑 か」とか、
    「いつものフロイスで安心した」とか、
    出典もひっくるめて楽しめればいいと思う。

    個人的には、武功夜話由来の逸話には「(ただし武功夜話)」と付けといて頂けるとニヨニヨできて嬉しい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9058-546fc26b
この記事へのトラックバック