人を卑しまず

2015年01月28日 18:55

601 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/28(水) 00:07:45.64 ID:MjY3Egu+
 今から二十年前に、都の妙心寺に大休(宗休)という名僧がいた。
この和尚の前で、人が人を誉めれば、和尚はその人は死んでいるかと聞きなさる。
今は存命であると申すと、大休は、
「誉めてはならぬ。(今後)どのような失敗をするかわかぬであろう。」
と仰る。
 またある人が人を悪く言えば、大休はその人は死んでいるかと仰せられる。
今は生きていると申すと、大休は、
「謗ってはならない。これからどのような手柄を立てるかわからぬではないか。」
と仰る。
「人の善悪は死後にならないと言うべきではない。」
と大休和尚はいつも言っていたと、策彦(周良)和尚は信玄公に語ったことがある。
 武士はなおのことその心がある。
失敗したものは、此の次こそ是非に。と思うから、卑しめてはならない。
失敗していないものは、上手く行っているので、今後も失敗の無いように心がけるので、なおのこと卑しめてはならない。
そのように思って人を卑しまず、極めて自分の心に当てはめるので、猛き武士は人を腹立たせるようなことをせず、
どのような小者・中間にも、それぞれに慇懃な態度なのである。
(甲陽軍鑑)




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    でも甲陽軍鑑って、やたら一人を卑しめてないかい?高坂弾正さんよ。
    あ、本当は高坂じゃなくて後年の人が書いたから、卑しめて書かれてる人はみんな死人だからイイのか。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    「豆を噛んで古今の英雄を罵るを以て最も痛快とす」
    っつー荻生徂徠の言葉を思い出すなあ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    確かに人の評価は一概には言えないけど、だからと云ってこんな事言ってたら、
    何も人を量る基準がなくなっちゃうじゃないか。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    米1が、全部述べちまった

    でも、屈辱を与えられて発奮 する人種なんて、そう多くいたら参るよ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    死人を卑しめてはならない。もう挽回する機会がないのだから

  6. 人間七七四年 | URL | -

    フロイスも「日本では情勢の変化が非常に激しいので人間を生前に評価するのは難しい」って似たような境地にたどり着いてたな・・・

  7. 人間七七四年 | URL | -

    甲陽軍鑑を卑しまず


    皆の衆できますかしらん?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    これには感じ入ったな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    「罵るの痛快」とされても困るわ

  10. 名無しさん | URL | -

    人を量る行為と卑しむ行為は別物だろ

  11. 人間七七四年 | URL | aUAPFwoo

    つまり、

    持ち上げて持ち上げて持ち上げ捲った末に
    地の底よりも深い所に叩き落すのがベスト

    って事か!・・・禿吉か

  12.   | URL | -

    今川義元、龍造寺隆信、陶晴賢あたりかな。
    確かに最後の一戦でしくじるだけで、それまでの人生の評価すらまるっきり覆される。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9062-ab407a85
この記事へのトラックバック