岸和田合戦

2015年01月31日 17:03

609 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/31(土) 13:56:14.66 ID:u+cnralg
秀吉が小牧に陣を出す時、紀州の根来・雑賀の一揆を抑えるために、中村式部少輔一氏を
岸和田の城に置きなされた。

紀州の一揆は秀吉が大坂を打ち立つと聞いて、2万3千ほどの勢が二手に分かれ、一手は
東の山際から堺に向かい、一手は岸和田に押し寄せた。すると、血気にはやる若者たち
2,3騎が城を出て、攻め寄せる軍勢に向かって行った。

士大将の早川助右衛門、川毛惣左衛門は「引き返せ!」と、使いを送ったが、それを聞いた
一氏は、「このような時に、行き続く武者を引かせようとすれば、敗北するものだよ。
さあ、打ち出よう!」と、言って、“鉄蓋が峯”と名付けた兜の緒を締めて、城を乗り出した。

先に進んだ者たちは、菅笠の馬印を振り返って見て、「あっ、殿がお出になれた! この戦は
勝ったぞ!」と、言う間こそあったが、1万余りの紀州勢に対して面も振らず切りかかって
打ち破り、敵が七筋に分かれて逃げるのを追った。

一氏は3百ほどの勢で堂の池という所に控えて、先陣が帰るのを待った。そんな折に、堺海道に
馬煙が暗く見えた。これは堺に向かった敵が返して来たのだ。「新手の大軍に駆け合って戦う
なんて、思いも寄らないことだ。早く城に立て籠もろう!」と、人々が口々に言うと、一氏は、

「いやいや、退けば味方の気力が挫けて打ち負けることだろう。一寸でも退く時は、
先陣を捨て殺すことになり、城をも攻め落とされることになる。一揆は何百万といても、
先陣をさえ切り崩したならば、二陣はたちまち敗北することであろう。私に任せよ!」

と言い、敵が同時に攻め掛かり難い地の利を推量し、堂の池を前にして大敵をお待ちになった。

一氏は、「馬をことごとく城へ返すのだ。馬を引き付けておくと、引き退きたい心が生じるぞ」
と言って、床几に腰かけ、本陣3百ほどの勢は槍を膝の上に置いて片ひざをついた。

新藤勘左衛門は強弓、矢継早の手利きであった。彼はこの時、散々に射た。敵が射られて怯み、
手負いや死人が倒れ重なって躊躇った時、一氏は、「弓の者の羽壺(矢入れ具)を、勘左衛門に
渡せ!」と下知なされたので、勘左衛門はますますつがえては引いて、つがえては引いて、
矢に空矢は無かった。一氏は麾(ざい)を取り、「掛かれ!」と言って立ち上がった。

ところで、黒田如水は大坂にいたのだが、岸和田に敵が押し寄せると聞き、14歳になった
息子の長政が岸和田にいたので「いざ救うぞ!」と言って、7百ほどの勢で敵の後ろに駆けて来た。
これを見て一氏はますます進んで、喚き叫んで切って掛かり追い立てて、8百余りの首を取った。

如水が「長政はどうしているだろう」と思っていると、長政は黄羅紗の羽織を着て鹿毛の馬に乗り、
今朝討ち取った首を鞍の四方手に付けて馳せ巡った。それを見て如水はたいへんお喜びになった。

秀吉は一氏に感状を賜った。一氏は豊臣家諸将の中でも優れた勇将なので、加藤嘉明も羨み慕い、
息子の明成を式部少輔にしたということである。

――『常山紀談』



610 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/31(土) 14:32:25.26 ID:9HoDTP3/
信長を苦しめた雑賀衆が中村一氏ごときに追い散らされる様子が想像出来ない

612 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/31(土) 21:11:47.00 ID:vlWoQ0Mm
孫一とかは秀吉側でしょ?
本能寺の時に逃げ出してから勢力を維持してるとも思えないけど

614 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/31(土) 23:08:49.07 ID:23jTJFzj
>>610
根来雑賀は籠城戦では力を発揮するが野戦だとてんでダメなんだよなぁ

615 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/01/31(土) 23:28:31.87 ID:TtK/bThA
つか雑賀は石山本合戦の講和のあと、内部分裂して争い始めてるしなあ。
それで雑賀の鷺森に退去してた本願寺顕如の身の回りも危険になって、信長がわざわざ警備兵派遣したりしてる

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    息子ならともかく、ごとき扱いされるような人物ではないが

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >>610
    さては山中城を知らんな
    ちびるで

  3. 名無し | URL | -

    この人でも制御しきれなかった渡辺了ってどんだけ扱いにくい男だったんだろう

  4. 人間七七四年 | URL | -

    武辺者な一氏さんでした。
    前の逸話と併せてもそう感じるしだいです

  5. 人間七七四年 | URL | -

    一方、岸和田の町では一氏の活躍はほとんど知られておらず、
    たくさんの巨大タコと仙人が岸和田の町を救ったことになっているのであった

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    検索してみてワロタwww

  7. 人間七七四年 | URL | -

    この時期、信長をさんざん苦しめたとされている雑賀孫一は仲間割れで追放されているんだよね
    雑賀5郷が揃って戦うのって信長の紀州征伐の時ぐらいで基本足並みがバラバラなんだよね

  8. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    そりゃ、信長に近づいて反対派を粛清してるんだから、信長がいなくなったら逃げるしかないわさ

  9. 人間七七四年 | URL | -


    8殿
    この時の雑賀衆って、反信長派じゃないの??
    孫市は信長派だったから追い出されたんでしょ??
    浅学にてもうしわけない

  10. 人間七七四年 | URL | -

    如水と長政にちょっとほっこりした

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >>616は上のフロイス日本史へのレスなので、そちらに移したらどうかね管理人しゃん?

  12. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※11
    ご指摘ありがとうございます。直しておきましたー

  13. 人間七七四年 | URL | -

    秀次付き東海道組みの中では一番領地を貰い、三中老に
    抜擢されてる一氏を「ごとき」ですか・・・。
    唐突に黒田家の話になってワロタw

  14. 人間七七四年 | URL | -

    叩き上げって感じがプンプンするこの世代ええね。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    一氏の武功はともかく三中老はフィクションでしょ

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    フィクションかも知れないし、三中老だったかも知れない。
    秀吉晩年の出来事は何処の誰の立場も複雑。
    (三中老の立場自体が五大老と五奉行の間で微妙だったとの話しもあるし)

    正確に判明していない事を断定するのは危険だし、場合に依っては
    他人の意見に対しての非難や煽りの類に見られることもあるよ。
    どうしてもフィクションと云うのなら、それこそ断定的できる何かを
    示して話すべきかと?

  17. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも五大老五奉行と違って、三中老なるものは一次史料で確認されてないし
    現在の研究者で存在を主張してる人はいないんだけどね。

    唯一連署してると言われる書状は内容や文言がおかしな後世の偽作だしね。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※17
    君はここに何しに来てるの?
    一々逸話サイトに「歴史はこうなんでw」と講釈垂れに来てるの?
    自分で見聞きして現在の中でこうと信じる物を見て、世の中では学者さん
    達が新説唱えるなりすれば良いのでは?本当に邪魔だと思う。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    18殿
    そ、そこまで言わなくても…(;_;)
    少なくとも俺は17読んで、そういう説もあるんだなあと知ることができたよー
    よそ様の発言を邪魔とおっしゃるなら、貴方も何か読んだ人にプラスに受け止められる事を書いた方が、
    貴方にとってもいいんじゃないかな?

  20. 人間七七四年 | URL | -

    ※19
    言いたい事は分かりますが、ハッキリ言えば「資料出せ」とか言う人は横暴ですよ。
    現在判明している範囲の歴史にしても、何回も修正や異論が出て「とりあえず今はこれで」
    と云うのが殆どですよ。つまり、後世ひっくり返る事なんてざらです。

    それを「自分が知っている歴史と違うから」「持ってる歴史書と違うから」と云う理由で
    他人に対して「出せるものなら出してみろ」と云う態度ありあり。
    なら、15・17は本スレやここに掲載されている逸話全部に出典付けて「間違ってる」と
    指摘し続けてみれば良い。
    そう言う意味でないのなら、普通に「こう言う話も有りますよね?」と言えばよかっただけ!

  21. 19 | URL | -

    (;_;)しょぼーん

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >>18、20
    君は、今自分自身が「講釈垂れ」になっていることに気付くべきだ。
    ※の流れを冷静に読み返してなお自分は全く正当だと感じるなら、正直君はここには向いていない。

  23. 人間七七四年 | URL | -

    そーいや昔の歴史の本だと
    今でいう五奉行と五大老が逆になってるのもあったような(鼻ほじ)

    俺は史実(あるいは学説)とか出典の話嫌いじゃないけどね
    違う出典文献だと表現も違うし そっから逸話の形成過程を考えるのもまた一興

    ※18&※20みたいに
    蓋然性の高い史実や史料に基づいて批判的な話するなってのも横暴よ
    まあ要するに頭ごなしに言わなきゃいいんだろ

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    蛸に乗った一人の法師が敵をなぎ倒すwwwワラタww

  25. 人間七七四年 | URL | -

    ※23
    いわゆる五奉行五大老は、史料上ではどっちも「奉行」「年寄」などと
    書かれるので文言だけで判別しようとするとパニックになるね。

    正しく読み取るには敬称の付け方や書いた当人の官位や立ち位置を
    勘案して判別するしか無いそうな。

  26. ※23 | URL | -

    ※25
    家康はじめ現在の五大老周辺だと自分らを年寄と呼び
    三成はじめ現在の五奉行周辺も自分らを年寄と呼び
    お互い「自分らが「年寄」で「奉行」より立場上だ!」と主張しまくってる書状が混在してて
    皆わけわからなくなっていた所
    とある教授の下で書状を分類してる大学院生が
    「三成書状だけが自分達を「年寄」って自称してますぜ」って気づいて
    確定した位置づけだと知恵袋で見た 
    ほんとネットは情報のカオス

    そして※5と※24の言う通り「タコ 法師 岸和田」でぐぐると
    岸和田市の公式サイトで本当にそんな昔話が掲載されている件
    え、ちょっと…岸和田市の公式サイト…(大事な話なので二度言いました)
    ※から想定した以上に遥かにカオスなんですけどこんな話を堂々とのっけていいんですか…?

  27. 人間七七四年 | URL | XPh8VFiw

    史実のありようを根こそぎ薙ぎ払って余りある蛸地蔵伝説は地名駅名にまでなってしまった。岸和田にいた知り合いは京都の蛸薬師とのイメージの差を嘆いていた…。

    実写化の暁は数多のタコを率いて巨大タコの上から雑賀衆を一掃する法師役に是非ご当地出身の元プロ野球選手のあの方をお願いしたい

  28. 人間七七四年 | URL | -

    巨大タコと雑賀衆の触手プレイ……いや何でもない忘れてくれ

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※23
    過剰な出典厨が小うるさいだけな気がするけどね。ここに来る人全員が歴史に詳しい
    わけでもなければ、出典を求めてるわけでもない。
    それを出典を元にしろって言うのも無茶だよ。

  30. ※23 | URL | -

    ※30
    おまいさんが※18=※20=※29なら
    穏当な意見出した※19に絡んで泣かせて雰囲気悪くした上
    俺にまで絡んで※欄こんなとこまで伸ばしてるお前は「出典出さないべき厨」

    ここは逸話を「楽しむ」サイトなんだろ?
    お前が自分の意見に固執してるせいで雰囲気悪くしてんじゃねーか

  31. 人間七七四年 | URL | -

    ※30
    ほらこう言う人ですよ管理人さん。どうなんです?こう言う人の態度って?
    逸話サイトと分かって指摘するのなら、2chの様な態度取ってる自身がどうよ?
    まず自分が他人に接する態度を直す事を実行してみれば良いのでは?

  32. 人間七七四年 | URL | -

    「相手が悪い」と言い募るのが二人現れると荒れるのがお約束。
    どっちもみっともないから、そろそろやめとけ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9068-ef909f9b
この記事へのトラックバック