江口の戦い

2015年02月10日 18:45

623 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/10(火) 04:29:36.01 ID:9EBoU/Mx
細川晴元とその近臣三好宗三(政長)は、三好長慶と対立し、ついに戦端が開かれ摂津において対峙した。
天分18年(1549)5月28日、細川晴元は三好宗三の後援のため摂津三宅城に入る。
すると6月17日、三好宗三は味方の諸勢を催促して三宅から、中島の江口に陣取った。
三好長慶はこれを見て言った

「愚か者め。夏の虫が飛んで火にいると言う古人の言葉があるが、まさにこの事だ。
先手を打って三宅と江口の間の通路を封鎖せよ!」

そう、十河民部(一存)、安宅(冬康)、および淡路衆に命じ別府の川方に陣取らせたため、
たちまち宗三軍への兵糧を運搬する通路が塞がった。これに三好宗三は、川船を使い
近江の六角勢の救援を要請した。

6月23日、三好長慶は中島に諸士を集め評議をした。ここで十河民部が言った
「進撃するのに何の異論がありましょうや!義を見てせざるは勇なきなりと申します。
敵が攻撃を我等に躊躇させるほど勇猛であるとも聞きません。一方で、もし江州(六角)勢が
到着すれば、味方が利を失うことも考えられます。
急ぎ、京北の諸勢は三宅城を攻め立て、細川晴元に腹を切らせ、そこから江口に押し寄せ
平攻めに攻めて勝つ。何と心地よいことではありませんか!」

これに一同同意した。長慶は、主君晴元に腹を切らせるのは本意ではないと思案していたが、
十河民部はそこから終夜軍勢を進め、翌24日には河内衆、三好方衆は一気に江口に陣取った。

これに三好宗三勢は一戦にも及ばずたちまち崩壊し、日中に江口から逃げ出した。
長慶勢は彼らを追撃し、宗三勢は三好宗三入道、先の将軍ご一家天笠弥六、高畠甚九郎、平井新左衛門、
田井源助、波々伯部、豊田弾正といった名のある人々を始め、八百人が討ち死にしたという。
この敗戦は誠に天罰自滅であると、世間はそのように言った。

この三好宗三の敗戦により、榎並城に籠もる右衛門太夫、河原林衆対馬守をはじめとした軍勢も
方々へ落ち逃げた。この人々の親類際しの嘆いたこと、なかなか言葉にも出来ない有り様であった。

この時江州六角勢は京の山崎まで進出していたが、そこで江口合戦の結果を聞きみな帰国した。

問題の細川晴元は、三宅城にいたたまれず、味方の淡路衆に守られ丹波越して京に入ったが、
京も危険だと判断し、将軍義輝および大御所義晴を連れ近江坂本へと逃亡した。

(細川兩家記)

三好長慶が畿内の主導権を掌握した。江口の戦いについての逸話である。



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    三人の弟が生きていれば日本の歴史も違ってたかもなぁ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この時代の三好家の兵が絶対的に強い存在ではないけど、他家に比べればそこそこ
    抜きん出た的な話を何処かで見たけど、こうやって流れを見るとやはり指揮官レベルの
    腕前が良かったのもあるのでしょうね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    長慶のライバル達は政治家謀略家としては優れてるけど軍の指揮能力はイマイチなんだよな

  4. 人間七七四年 | URL | JPG8Eu66

    ※3
    やはりそこは殿中で半公家化した武士ということなんだろうね。殿中での政治力こそ上がったものの武家の戦闘力を失ったというか…。
    でもこのことは決して悪いことじゃなくて、秀吉による天下統一で再び協力な力を持った中央政府がてきると殿中政治のノウハウがある室町系の大名は割とたくさん徳川政権まで生き延びてる

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ここで三好長慶さんの短命っぷりをご覧いただきたい。(参考:毛利元就さん)

    三好長慶12歳…三好家当主として細川晴元と一向一揆の和睦を仲介する。
    毛利元就12歳…親なし、家なし、収入なしの極貧生活。

    三好長慶27歳…細川晴元を京から追い出し、事実上の天下人となる。
    毛利元就27歳…甥が9歳で死んだため当主となる。

    三好長慶43歳…死去。
    毛利元就43歳…吉田郡山城で籠城中。

    三好長慶43歳…死去。
    毛利元就54歳…厳島の戦い。

    三好長慶43歳…死去。
    毛利元就70歳…月山富田城攻略、尼子氏を滅亡させる。

    三好長慶43歳…死去。
    毛利元就75歳…死去。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    長慶さんの銅像がある堺の南宗寺には、三好氏の供養塔がいくつか並んでいる。
    しかし長慶さん以外のものは誰のものだかわからんのだと、市の観光ガイドの方が言ってた。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    そこはほぼタメ年かつ没年齢もほぼ一緒の
    わしの隆元さんと較べるべきではないかと
    何となく・・・

    ただ元就と違う点は、大名としてはとてつもなく早熟だからスゲーわ

  8. 5 | URL | -

    元々は、各大名が43歳の時何をしてたか調べとったんですよ。
    それはそれで面白かったんですが、元就との格差が衝撃すぎたので…。

    長慶「俺達もう(人生)終わっちゃったのかなぁ?」
    元就「バカヤロー、(俺は)まだ始まっちゃいねぇよ」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    信長43歳・・・天下統一見えてきた。なお後6年で死ぬ模様

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    信之「お二方、諦めたらそこで人生終了ですよ。」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    あr・・・明智が悪い。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    元就って遅咲きだったんだな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    元就の二世とはいえ、

    十代前半でもう領主として独り立ち

    以降五十年間ほぼずっと大小の戦で各地転戦

    最終的には60過ぎて朝鮮行って明の大軍と大立ち回り

    の隆景も今更ながらチート過ぎんなあ

  14. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    早雲43さいも人生始まったばっかやな

  15. 人間七七四年 | URL | -

    政宗「政宗43歳…イスパニアと組んで日本王となる準備を始める…と」

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    何でだろう、書き方というか※15読んでてデスノート思い出した…

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    そっちはデスノじゃなくて
    単なる厨二オヤジの黒歴史ノートだからwww

  18. 人間七七四年 | URL | -

    鬼庭左月斎「ワシももう73だがマダマダ現役だぞ!!」

  19. アリサスキー | URL | -

    天海僧正「皆、拙僧に比べればまだまだ童也」

  20. 人間七七四年 | URL | -

    百段「ワシもまだまだ現役ですぞ」

  21. 人間七七四年 | URL | -

    天海さんは惜しかったな。
    絵描きとして人生を歩んでいれば・・・・・真の絵師となれたものを。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9085-37de9e3f
この記事へのトラックバック