FC2ブログ

足がるといふ者長く停止せらるべき事

2015年02月18日 18:41

427 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/18(水) 00:43:58.70 ID:7BONnx8n
足がるといふ者長く停止せらるべき事

 昔から天下が乱れることはありましたが、足軽ということは旧記などにも記されていない名前であります。
平家のかぶろという事が珍しい例としてありましたが、このたび初めて出て来た足軽は度の越した悪党であります。
それは洛中洛外の諸社・諸寺・五山十刹・公家・門跡の滅亡は彼らの所行のせいであるからです。
敵が立て籠もっている所には役に立たないが、そうでない所々を打ち破ったり、火をかけて財宝を探す事は、昼強盗と言うにつきます。
このような例は先代未聞の事です。しかしながらこれは武芸が廃れたから出て来たのです。
名のある侍が戦うべきところを、武具を抜いて彼らに着せたから起きた事です。
そうであるので、随分の人が足軽の一矢で命を落として、当座の恥辱だけでなく、末代までの瑕疵を残したと聞いております。
いずれにせよ主のいない者はあってはなりません。
今後もこのようなことがあれば、主方それぞれとかけあって糾明してください。
また、土民商人であれば、在地に仰せ付けられて罪科のある禁制を置かれてたら、足軽の数が千に一となりいなくなるでしょう。
まさに下剋上の世である。外国への聞こえにも悪く恥ずかしいことである。

(樵談治要)

モヒカンに対処しきれないお公家さんの将軍に対する頼み事です



428 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/18(水) 01:50:45.44 ID:EqMmNWpK
>>427
そういえばこの樵談治要って、一条兼良が9代将軍足利義尚のための教育用テキストとして書かれたのだけど、
後に豊臣秀頼の帝王教育のためのテキストとしても使われているんだよなあ。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    コナン先生が日本史なんて応仁の乱以降知っとけば十分って言った時に盛んに引用してたテキストだね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    鎌倉時代やそれ以前も相当のヒャッハー社会だったらしいけど
    足軽ってそれ以上のインパクトだったのか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    先の大戦でも、引き上げの船のなかでは威張り腐ってた上官が集団リンチされたというしな
    寄せ集めは怨みつらみを生む面はあるね
    信頼や地域性、属性のないところに上下関係をもちこまざる得ないのは時代が進むほど難しい問題になってきてる

  4. 人間七七四年 | URL | -

    これは建物を一方的に壊されてる側の視点で見ているが、
    足軽たちは組織的に京の町を破壊し、その建築資材を略奪、
    それを自陣に持ち帰って新たな砦を築いている訳。
    無秩序な略奪者ではないんよ。
    もちろん、火事場泥棒を働く狼藉者も多数いたろうけどさ。

  5. 人間七七四年 | URL | HvW/sOEw

    秀頼の教育に使われたんなら、さりげに秀吉の出自をディスってない?
    秀吉の親父って足軽だよね。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    時代的には骨川道賢の暴走を指してたんじゃね?
    当初、東軍に就いて西軍をボコッてたけど、ノリノリになり過ぎて東軍の奴等も手を焼く様になってしまい、最終的には朝倉に稲荷山で包囲されてぬっころされたという話だったと思う。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    内藤湖南「応仁の乱について」
    >京都に戦争のあったのは三十四年間でありますが、その三十四年間ばかりの間に洛中洛外の公卿門跡がことごとく焼き払われたのであります。しかもしれがことごとく足軽の所業でありましたので、その事が樵談治要に出ているのであります。そして敵の立て籠もった所は仕方がないにしても、そうでもない所を打ち壊し又は火をかけて焼き払いあるいは財宝を掠め歩くということは偏にいる強盗というべしと言っております。そしてこれを取り締まらないというと政治が出来んという事を言っておりますが、これは即ち貴族階級の人から見た最も痛切な感じであったに違いないのであります。
    (中略)
    >一条家には非常にたくさんの書籍記録などがありましたが、応仁の乱の時に、自分の家などは勿論焼かれるということを前から覚悟しておりましたから、自分が京都を立ち退いてしばらく隠れる時に、それは覚悟の前で立ち退き、蔵だけは番人を置いて立ち退いたのです。ところが果たして大変な騒動になりました。それで屋敷くらいはどうしても焼かれるだろうが蔵だけは残るだろうと思っておりましたところが、一条家の家来共の知恵は禪閤以上に出て、蔵には良い物があるに違いないというので皆引き出して、書物が貴いとか舊記が大事だというような事にはお構いなく、そういうものを皆どうかしてしまったのです。当時の記録によれば、一条家の文書七百合が街路に散乱したということで、それを非常に悲しんだということでありますが、樵談治要の著述などもそういうところが来ているのでありましょう。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    なにをどう見たら「樵談治要」を教育に使うことがディスりになるんだ?
    それを選んだのは豊臣家だぞ?表面だけ攫って中身を読まないとは悲しいな。
    どれだけこの兼良さんが凄い教養人か分かってなさ過ぎるよ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    外国ってそのまんま外国って意味でいいのか?これ

  10. 人間七七四年 | URL | HvW/sOEw

    >8
    すまんね。
    そういうこと分かってたけど、くすぐりを入れてみたかったんよ。

    こう書くべきだった。
    ラスボス「わしの親父、足軽なんだけど・・・(ピキピキ」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    最近はいきなり興奮する人が多いなあ。どうどう。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    足軽か!

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    わざと誤解を受けるような書き方する側に問題が有ると思いますよ。
    2chじゃないんですから。

    ※11
    誰の事言ってるのかは分からないけど、そう言う発言もどうなのでしょうか?
    相手はそんなつもりはないかもしれないでしょ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    そらみろ、要らんこと言うからまた興奮したぞ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    しかし建築資材を略奪ってさらっと書いてるけど
    かなりの腕力が無いと運ぶの難しそうだなあ…
    勿論一人でやったわけじゃないんだろうけど

  16. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    *6
    日本のヴァレンシュタイン…とまでは行かないかw

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    まあ建てた側も結局は人間やし、数さえいればヘーキヘーキ。
    逆に言うと、それだけ大量の足軽が活動していたということなんやろね。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    足軽たちが床板や柱を略奪していく
    教科書にも使われている有名な絵があるよ。
    今でこそホームセンターにいけば手軽に買えるものだけど
    当時の道具では丸太を薄い板や細長い柱に加工するのは
    非常に手間のかかる作業だからね。
    盗んだ方が手っ取り早いって訳さ。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    なるほど
    細かい部品をかっぱらっていってたor
    分解して運んでたのね<床板や柱の略奪

  20. 名無しさん@ニュース2ch | URL | -

    大鋸(縦挽鋸)が出るのはもう少し後で、それまでは木目の通った木をくさびで割って手斧と槍鉋で仕上げてたそうだからね。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    天皇の御落胤だからヘーキヘーキ

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    足軽1「みんな 丸太は持ったな!!」
    足軽2「いくぞォ!!」
    ドドドドドド

    だと思ってたら薄板とか細い角材(柱材)を略奪してたのか
    それなら一人でもそれなりに運べそう

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    興奮すんなよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9099-e760c470
この記事へのトラックバック