榊原康政、秀忠遅参の弁明

2015年02月23日 18:45

661 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/23(月) 04:39:55.53 ID:Tx+sPy36
関ヶ原の合戦の時、徳川家康は慶長5年(1600)九月一日に江戸を発った。
合戦の当日、徳川秀忠は信州上田にあり、その後、家康は関ヶ原の勝利の後、草津に在陣していた所に
秀忠は着陣した。そこでは井伊・本多の部隊を始めとして、関ヶ原の合戦で負傷し、甲冑指物などを
損じた者達が多く居た中、秀忠の軍勢は皆見事な軍装束であったため、それが却って見苦しく見えたと
言い伝えられている。

秀忠の着陣を知った家康は機嫌を悪くし、対面を許さなかった。
これに対し、秀忠と伴に着陣した榊原康政は家康の御前に出ると、一気呵成に畳み掛けて申し上げた

「この度、中納言様(秀忠)が御着陣が遅い故に御対面なされないというのは、実に御情け無い義であると
存じます。

武辺の事において、他人との間であれば『出し抜き』と申す事もございます。ですが父子の間で
出し抜きをされ、その上御勘当までなさるとは、実に情け無い。武道の義について、中納言様には
もはや御廃りに成ってしまいましたぞ。

そもそも上様がこのように合戦をされたのは、御子孫の為であるはずです。なのにその御子様に
自ら武道の疵をお付けなさるとは、これ以降、御家もその武道も、衰える成り行きと成ってしまうでしょう。
誠に、御思慮無き義でございます!」

これを聞いた家康は殊の外不機嫌となり、
「それは式部(康政)の逆公事(訴えられるべき相手から,訴えるべき者が逆に訴えられること)と
言うものではないか!一体いつ私が出し抜きをしたというのか。その理由を申し述べよ。
申し述べられなければその分にては相成るまじ!」

そう怒ったが、康政は少しも恐れず
「さればその事についてですが、よくよくお聞きくださるように。
九月一日に江戸を御出立なされたのであれば、その知らせは前日には中納言様に送られたことでしょう。
ところがその知らせが我々に届いたのは、ようやく九日になってでした。そこから昼夜急ぎ向かいましたが、
木曽川に出水があり途中も差し支えたため、この様に間に合わなかったのです。
これは出し抜きではないというのですか!?」

家康はこれを聞くと
「何を出鱈目を申しておる!?私が一日に江戸を出立するという事は、その前日に伝えるよう飛脚に申し付けた。
であるから二日以内には届いているはずである!」

「いいえ、その飛脚が到着したのは九日であること、紛れもありません。その使いの者にどうぞお尋ねください!」

これに家康は即刻詮議をし、使いの者は家康の出立の前日に江戸を出たものの、途中の川で洪水が起こっており
道を通ることが出来ず、そのためようやく九日になって到着したことを申し上げた。
ここで康政は申し上げた

「そういった訳があったのに、ご究明もなさらず中納言様の落ち度とのみ思われ御勘当なされるというのは、
近頃にない御思慮無き事です!」

これに家康は非常に困惑し、「なるほど、そういうことなら尤もである。」と、康政に向かって
謝罪した。そして今晩、夜になってから秀忠と対面したいので、参られるよう申してほしいと
仰せに成った。
こうしてその夜、対面がなされた。その席では父子とも非常に機嫌よく談笑した。
(明良洪範)

榊原康政、秀忠の遅参を弁明するというお話




662 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/23(月) 07:45:59.23 ID:xC4xsz6Q
使いの者に嘘を言わせたのか

663 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/23(月) 08:18:18.57 ID:PARFqk+2
そして次は早すぎると怒鳴るんだろ?

664 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/23(月) 16:40:59.11 ID:XEhV0af4
裏で口合わせしたのかな?面倒くさいな

665 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/23(月) 18:51:38.04 ID:Tx+sPy36
秀忠の部隊に対し連絡が悪天候で使者が遅れた事が、関ヶ原への遅参と成ったというのは、現代は史実と考えられている。
つまりこの話が一番史実に近いと考えられる。

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    時代劇の関ヶ原でも上田の話は端折られることは多いが雨で足止めはほぼ描かれることを見ても、荒天で行軍が遅れたのは信じられてきたのだろうね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    上田城攻めに失敗して足止め&荒天で行軍が難航は通説だけど、大久保忠益が利根川の氾濫で足止めされて秀忠軍が上田城攻めを諦めるのが遅れる事になるのは最近流行りの説。
    というか家康に尋問されるまで自分が原因だと報告しない(処罰もされない)大久保忠益ってどんだけだよ。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >>663
    (津川)家康「たわけうつけ間抜け!」

    こうですねわかります。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    史実はどうあれ津川家康は素晴らしい

  5.   | URL | -

    葵徳川三代再放送してくれんかなあ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    瓢箪豊臣二代で

  7. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※2
    大久保忠益も秀忠と一緒に着陣してそのまま家康に会ってないんじゃないの?

  8. 人間七七四年 | URL | Cnub/O7I

    ※7
    そうかもしれないし、来た道を戻って江戸経由で家康軍を追ったとしても、やはり報告は関ケ原後になるだろう。

    使者が遅れた事実の報告は、草津以前には困難とみるべきですな。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    家康「カンカン」
    康政「ガクガク」
    秀忠「(面倒くせえなあ…)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    で、遅参の原因となってしまったこの使者は責任を感じて自害してしまうんだよな。何とも後味が悪いお話。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >>10
    普通の家なら後味が悪い話だが、もはや三河武士だとめんどくせえと感じてしまう。

  12. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※8
    だよなぁ…
    てか利根川増水、木曽川増水、西軍の関ヶ原移動も豪雨の中って台風来てたのかな。

    ※10
    大久保忠益って大坂の陣より後まで生きてなかったっけ?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    忠益はこの件で処罰受けてないよ

  14. 人間七七四年 | URL | -

    雨で遅延。憂さ晴らしに上田攻めて失策
    こんな流れだっけ?

  15. 人間七七四年 | URL | -

    つーか、秀忠はもともと真田討伐に出かけただけだから

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >大久保忠益
    普段悪役や紳士役を演じる土師さんが、疲労と申し訳なさの混じった演技が印象的だったなぁ。

    でも調べても、伝令の件以外全然出て来ない。結局その後の人生どうなったんでしょうね?

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    失敗してんじゃねーか

  18. 人間七七四年 | URL | -

    到着直後に転身命令だもの失敗以前の問題だわな

  19. 人間七七四年 | URL | -

    真田厨がいきがってんのか
    あんなもん潰す価値もねぇよw
    御自慢の幸村は大坂でやられたし真田の負けw

  20. 人間七七四年 | URL | TY.N/4k.

    信繁は義の人って言うけど父と共に助命してくれた徳川や
    仕送り懸命にしてくれたお兄ちゃん達への義はないよね
    立花じゃないけど豊臣への義理は関ヶ原で済んでるし
    だから義の人と言われてもピンと来ない
    野心の人ならわかる

  21. 人間七七四年 | URL | -

    つまんない煽りは無用

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9104-2b6887af
この記事へのトラックバック