FC2ブログ

豊鑑、後書き

2015年02月28日 18:12

485 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/28(土) 01:41:06.59 ID:y03jN6Nc
ここまで長々と著述してきたが、思いもよらず外病の霧に冒され、もはや我が身は
秋の露と消えようとしている。思いの程を残すことが出来ないのは、口惜しい限りである。
もし心ざしを同じくする人がいるなら、この後を継いでほしい。

この書は清書にすら及んでいないので、もとより拙い私の著述であるが、なお拙く、
人の官名、氏なども、前後が正しくないこともあるだろう。これも病のせいだと見て
許して頂きたい。

秀吉公は慶長4年8月18日に、例ならぬ心地にて薨ぜられたのだが、東山に葬られ、
豊国大明神と崇められた。
その嫡男である右大臣秀頼公がその後を継がれたが、未だ幼少であったので、
世の掟は松平源家康公により計らわれるようになった。

元和元年5月8日、家康公によって秀頼公は摂津国大阪の城にて自害し、煙と上られ、
豊臣氏は跡無く成った。

 残しをく 筆の跡さへ末とけで あだに消えにし秋のゆふづゆ
(残し置くべき文書でさえ最後まで書けなかった。意味もなく消えてしまう秋の夕の露のような生涯であった)

竹中丹後守刺史源重門取筆
(豊鑑)

竹中重門の書いた豊鑑の、後書きの部分である。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    この人って黒田長政と同世代で同じように育ったのに、豊臣家に対する思い入れは
    大分違うように見えるよなぁ…

  2. 人間七七四年 | URL | -

    竹中重門の嫁さんは空気加藤の娘。
    さあ、砂を食え。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原の合戦後、小西行長を捕縛した手柄を立てたのに、あまり加増がなかったのはなぜなんだろう

  4. 人間七七四年 | URL | -

    豆腐メンタルすぎるだろ。ぱっとしなかったのも納得

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    豊臣と浅からぬ関係がある家だし、徳川もあんまり加増したくなかったのでは?と思ったり。
    まぁ大幅加増されてたらされてたで、後々徳川に睨まれて、最悪減封や改易されてたかもしれないし、結果オーライということで…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    寝返り組だからよほどの大功がなければ加増は厳しいかと

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ??
    誰かが豆腐メンタルって、どこから読み取れるのかしら??

  8. 人間七七四年 | URL | -

    首を早々に貰い受けて埋葬したのとイーブンになったのかしら<小西行長を捕縛
    小西捕縛の経緯には諸説あるけど自首したようなもんだったらしいし

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9111-9383f038
この記事へのトラックバック