土器割の天狗

2015年02月28日 18:12

675 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/28(土) 16:47:51.02 ID:XVBZi5ie
江上武種の家人に光安刑部允という者があり、城原に居住していた。
天性不敵な剛の者で、まだ忠三郎と名乗っていた年若き頃、勢福寺の城番をしていた夜に
敵300が攻め入らんとしてきたのを、僅か10人ほどで防ぎ、難なく追い払って高名をなした者である。

この刑部、普段は山狩りを好み、猪や猿の類いを捕ることが得手であった。
或る夜のこと、刑部は犬を連れ勢福寺大明神の上にある菩提寺山の頂き土器割(かわらけわり)という高山に猪を捕りに登った。
この山は九州において、豊前の彦岳、豊後の右田岳、日向の法華岳、肥後の阿蘇岳と並ぶ隠れなき天狗の住処であった。

不意に、連れていた犬が猛々しく吠えて騒ぐ。
「不思議である、何であろうか」と刑部が窺い寄って見てみれば、それは鹿や猪の類ではない。
月明かりでよくよく見てみれば、柑子を割ったような黒っぽい石が道の脇にあると判った。
刑部は取って帰って明るくなってからよく見てみようと、徐らこれを懐に入れ峰筋の細道を下ったのであるが、
やがて懐が少し大きくなって重くなったように感じた。
探ってみると石は天目ほどに大きく、また重たくなっていた。
刑部は怪しみつつも尚も坂を下り、四、五町を過ぎた頃、石は鞠ほどの大きさになって重いこと際限なしであった。
しかし、刑部は少しも騒がず「よぉし、どうにでもなれ。汝には負けぬぞ」と尚も下っていたが、
遂には大磐石の如くに大きくなり刑部も動けなくなってしまった。

もはや為す術がなく、脇の谷へと落としてみれば、その音は雷のように鳴り響き夥しいというばかりであった。
暫くして、向いの尾崎に数千人の笑い声が山も崩れんばかりに聞こえだした。
刑部は刀の柄を砕けんほどに握り締め四方を睨んだが、眼に映るものは何もない。

刑部は力及ばず我が家に帰り、このことを主に語れば
「ただただ大きくなる稀代の珍物であったのに、持ち帰れず残念であったな」と笑った。
(北肥戦誌)



676 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/28(土) 17:26:27.85 ID:0laOtPvF
七条さんがアップを始めたようです

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2015/02/28(土) 23:06:21.73 ID:ggr4z1XJ
     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 天狗じゃ、天狗の仕業じゃ! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    天狗って暇なんだな。

  2. 19 | URL | -

    禁忌とされる山の神の領域に入り込んだ話のテンプレだ
    いつ頃纏められた話なんだろう

  3. 人間七七四年 | URL | -

    焙烙玉かなんかじゃねえか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9112-aac503c6
この記事へのトラックバック