週間ブログ拍手ランキング【02/26~03/04】

2015年03月04日 18:42

02/26~03/04のブログ拍手ランキングです!


一致団結してこの義光に命を預けてくれるのなら 28

豊鑑、後書き 25

義光が上杉家から恨まれる様になった理由 18
土器割の天狗 18

大阪は再び、以ての外の騒動と成った 17
足利義昭の追放 17
幻の奥羽連合軍 15

佐久間軍記より、佐久間信盛親子追放 13
外郎事 12
千利休切腹について 12

鬼切丸の話 11
馬場美濃守が言うには 11
楯岡光直翁之亊 10
最上義光と天童の狐神 9



今週の1位はこちら!一致団結してこの義光に命を預けてくれるのならです!
関ヶ原の勃発で援軍が皆帰国してしまったことに対する最上義光の反応ですね。落ち着いた対応で
家臣たちの動揺を抑え団結を高める。この辺り、さすが大将、視野が広く肝が座っています。大将の器量というものは
上げ潮の時よりも、こういう危機の時に如実に出ますね。苦難の時をまとめられる人は、やはり良き大将ですし、
他の人からも高く信用されますね。
戦国武将を見る時、そういう面を注意するのも、面白いかもしれません。

2位はこちら!豊鑑、後書きです!
こちらはかの有名な竹中半兵衛重治の息子、竹中重門が著した豊鑑の後書きです。
病状の悪化で、完成を見ないで終わってしまうことを悟り、様々な無念の気持ちが現れている文章だなと感じられます。
彼は秀吉に対する思いが強かったようで、豊臣家について書き残しておきたいという考えから豊鑑を著したようですが、
朝鮮の役の途中までで豊鑑その著述は終わっています。
もし書き続けていた時、彼が、関ヶ原や大阪の陣をどう著したのか、色々と興味深く想像できますね。
そんな事を思った逸話でした。

今週管理人が気になった逸話はこちら!足利義昭の追放です!
ここで興味深いのは、信長と義昭の関係悪化を明智光秀の讒言のため、としている部分と、信長が太政大臣などの
官位叙任を辞退したことを、、朝廷を畏んだゆえの遠慮であるとはっきり書いている所でしょうね。
明智光秀に関しては、後の本能寺の変からの逆算的な描写だと思いますが、官位辞退に関しては、これは当時の
世間一般の素直な印象だと思います。そもそも信長自身も、その辞退の意味をそう考えていたと思います。
ドラマや小説などでは、この件を以って『信長は朝廷を超越しようとしていた』というような展開に持って行きがち
ではありますが、やはり同時代的に見ればそういう発想自体が極端であり飛躍しすぎですね。
史料を読み取ることの大切さについて考えさせられる逸話だと思いました。



今週もたくさんの拍手を、各逸話に頂きました。いつも本当に有難うございます!
また気に入った逸話がありましたら、そこの拍手ボタンを押してやって下さいね!

ヾ( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/9121-4257d9b9
    この記事へのトラックバック